工具

2017年5月13日 (土)

作業効率アップ

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

今日の横浜は雨です。

自転車屋にとって雨の日はヒマです。

溜まった修理もはかどりすぎて時間を持て余します。

でも普段は時間に追われていることのほうが多いので

たまにはいいかもしれません。

そして持て余した時間に作業効率UP(時間節約)のブログを書いています(笑)

内容的には自転車屋さん向けかもしれません。

Img_0650

久々の工具ネタです。

スウェーデン・バーコ社のミニチュアビットラチェットセット。

バーコと言えばモンキーレンチで有名ですね。

スポーク都筑店の近くの工具屋さんで購入しました。

収納ボックスがかわいい。

Img_0651

中身はこんな感じ。

スポーツバイクの簡単な整備くらいなら、これ1箱でほぼできてしまいます。

でもこのキットだけでは作業効率アップするのに足りないビットが・・・

Img_0652

2mmのHEXビットです。

こちらはスイスのPB社製です。

お値段500円程度。

Img_0653

装着したところ。

手に持つと意味なくカリカリまわしてしまいます。

ラチェット音もいい感じ。

Img_0663

こんなにちっちゃい。

決してわたくしの手がデカいのではありません。

工具がちっちゃいのです(-ω-)/

全長は約90mmしかありません。

Img_0660

そして作業効率をアップさせるのはココです。

ブレーキレバーのHEX2mmリーチアジャストボルトが、アーレンキーだと

まわしにくいのなんのって・・・・

ボールポイントだとちょっとトルク掛かっただけでスリップするし、

Img_0661

かといって、普通にえっちらおっちら回してると日が暮れるし・・・

この作業が左右で2回あると考えたら気が遠くなります。

Img_0656_4

でも、バーコのミニラチェットを使えば片側約5秒で作業完了。

いままでの苦労がウソのような作業効率。

もっと早く買えば良かった・・・

ラチェットスパナ自体が軽くてコンパクトなので早回し作業がかなりしやすいです。

ヘッドもコンパクトなので入り組んだハンドル廻りでもスムースに作業できます。

あと、PBの製品精度のおかげか全くネジをなめる気配がありません。

工具って組み合わせひとつで一気に問題解決ができることがあって

すごーく奥が深い世界だなーって感心してしまいます。

以下、却下になった工具たち。

Kamtra67img600x4731493694007njxggb2

ブルーポイントのラチェット。

ヘッドがデカすぎるのと重すぎる。

コレひとつで¥3000くらいするので却下。

_58

手持ちの1/4sqラチェットにスナップオンの2mmHEXを付けようとも

考えましたがHEXシャンクの長さが長すぎるのと

コレ1個で¥3000弱もするので却下。

コーケン社のものもあるようですが実物を見れなかったので検討の余地なく却下。

バーコは箱入り1式で色々セットになって3300円程度。

他にも同じような感じのものがありましたが¥6000以上してたので

限られる用途を考慮したらバーコがベストチョイス。

Img_0654

こんな感じでバスケットの8mmナットを回すのに使えたり、

Img_0662

スポーツバイクのサドルの高さ調節に使えたり、

Img_0655

Vブレーキの5mmHEXに使ったりできます。

スパナが小さいのであまり高トルクの作業はできませんが

ちょこちょこ軽作業に使うのにピッタリです。

Img_0658_3

バーコ製品は他にもスパナとか

Img_0657

金のこでもお世話になっています。

やっぱり工具は使いやすいに限る!

|

2008年7月14日 (月)

お助けツール

Dsc06142

PEDRO’S社の工具です。

正確には工具を押さえる工具です。

上の写真だと何に使うのかまったくわかりませんよね。

Dsc06223

このようにボトムブラケットの専用工具が作業中に外れてしまわないように押さえることができます。

修理作業で固くて取れない場合でもスルッと簡単に外すことができるので重宝しています。

太いほうのネジはISIS規格に対応しています。

Dsc06222

アップすぎてわかりにくいのでちょっと離れたところからの図。

コイツのおかげで怪我の心配が無くなりました。

|

2008年6月 9日 (月)

ミニ携帯ツール

Topeak1

今回はTOPEAK(トピーク)社の携帯ツールMini9のご紹介です。とても小さいですが使いやすいです。

このモデルよりひとまわり小さなMini6という商品もあり、コンパクトさでは負けますが使いやすさ(実用性)ではこちらに軍配が上がります。

スペアチューブや携帯電話などの所持品を傷めないよう専用のソフトケース付きです。

Topeak2

こんなに小さくて手のひらサイズ、重量は92gしかありません。

メインボディはアルミ押し出し成形で、おりたたみ時寸法は長さ66mm×幅31mm×20mmです。

Topeak3

以下スペック詳細です。

HEX(6角)レンチが2mm 2.5mm 3mm 4mm 5mm 6mm 8mm トルクスがT25

フィリップス(+)ドライバー#2

スポーツバイクのメンテナンスに最低限必要な工具はこれひとつでOK。

|

2008年6月 3日 (火)

これじゃなきゃダメ

Prosupa

アメリカのPROTO社製のコンビネーションスパナで、かれこれ15年は使用しています。

先っちょのメッキがはがれてボディも傷だらけですが手になじむ感じが好きで手放せないんです。

10mmサイズで比較的トルクを掛けないのでメッキタイプでも大丈夫です。

メガネ部分のベンドが絶妙ですごく使いやすいので、これからもずっと使い続けていくつもりです。

Hazet

こちらはドイツHAZET社製の両口スパナです。メルセデスベンツの車載工具にハゼット社製が採用されているそうですが、残念ながら私ベンツに御縁がないもので実際に車載工具を見たことがありません。

比較的大きなトルクを掛けて廻す大きめのスパナは表面処理がメッキだと油まみれの手では滑ってしまうので、梨地仕上げのものを好んで使用しています。

ハゼットはツールメーカーの中では地味~な存在ですがドイツ製品らしく質実剛健なつくりです。このスパナは一生使います。

Beta

こちらはイタリアBeta社の5mmHEXレンチです。ベータのツールはF1チームでも使用されています。

右側のヘッドの小さいものは旧タイプで10年くらい使用していますがまだまだ使えます。

個人的には旧タイプが好きなので左の新しい方はあんまり使用していません。

Penti

今度はドイツKNIPEX社製のペンチです。刃物がついたツールは素材が非常に重要ですがこのペンチはそんなことは当然です。

さすがと思わせるのは二つのパーツをつなぐ軸の位置です。テコの原理が使えるよう刃物側にオフセットさせてありますから他のメーカーのペンチで気合いをいれて切断していたワイヤーが爪切りのごとく「パチン!」と簡単にカットできてしまいます。

このペンチは2代目で約3年使用していますが切れ味は新品時とほとんど変わらない高品質なありがたい工具です。

Pararenti

こちらもKNIPEX社製で10年ほど前に工具屋のおじさんに言われるがままに買ってみたものの意外や意外使えるではありませんか。

通常のプライヤーとは違い口が常に平行に開くのでナットが非常にくわえやすい!しかも口の部分はギザ加工やローレット加工が無くナットを傷つけずにつかめます。

Bahco

画像では何かわかりにくいですが、こちらはスウェーデンBAHCO社製の金ノコです。安物をせっせと買換えてたころからすると非常に刃持ちが良くガリゴリガリゴリよく切れます。刃物系工具は高いものが多いですがこれはリーズナブルで長持するのでありがたいです。

|