« 2017年5月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月21日 (金)

ボバイク ワン bobike one 入荷しました

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

ボバイク社のチャイルドシート「ボバイク ワン」が入荷しました。

Bone1

入荷したのは前用のミニワンです。

Bone2

どこから見てもかわいいデザインで、YEPPみたいな感じです。

Bone3

シートベルトの長さは簡単に調節可能なので

乗せ降ろしやベルト装着がとってもスムーズ。

これはYEPPには無い機能です。

Bone4

フットレストは4段階に高さを調節可能。

Bone5

チャイルドシート本体は着脱可能で、マウントだけ購入すれば

別の自転車にも装着可能です。

Bone6

シートの座面はクロックスみたいなやわらか素材なので

坐骨の底付感もほとんどなく快適です。

背面は樹脂製なのでここはYEPPと大きく違う点です。

あと、YEPPのようなグリップ(握り)がありません。

ただし、海外メーカーのチャイルドシートにはたいてい付いてないので

問題ないと思います。

Bone7

やはりデザインがいいですね~

ブリヂストンのトートボックスやルイガノのMVカーゴあたりに装着したら

いい感じかもしれません。

Bocol

他にもカラーはありますが、すべてのカラーが日本に導入されているわけではないようです。

Bobike_onewindscreen_color

ウィンドスクリーンもオプション装着できます。

Bonea

社長いわく、後用のチャイルドシートもあるそうです。

Dsc_1590

後ろ用はこんな感じです。

8012100004bobikeonemaxichocolatebro

いろんな自転車に似合いそうですね。

ご注文お待ちしております。

|

シュライン 限定モデル ライム マットカーキ 入荷

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

いよいよ始まりましたね、夏休み。

夏休みなんか自分には関係ないはずなのに

なぜかワクワクしてしまいます。

小学生の頃の夏休みの思い出は、

学校のプール、昆虫捕り、ザリガニ捕り、

絶対に負けられないハチとの戦い、

モグラ探しにヘビ探し、フナ釣り、鯉釣り、

川の上流を目指して自転車で探検など・・・

毎日遊びまくった記憶しかありません。

そして夏といえばカブトムシ。

今年も我が家にカブトムシ君がやってまいりました。

Kabuto

やっぱりカブトムシはいつみてもカッコいいですよね。

昨日もつい、夜中の2時まで観察してました(^ ^;)

カブトムシの中で一番飼ってみたいのはカブトムシの王様ヘラクレスです。

名前からしてカッコいい(●^ ^●)

こどもの頃は図鑑でしか見たことなかったのに

今では簡単に手に入るようになりました。

1541t2

でも高くて買えません・・・

個体によってはシュラインよりもお高いようです。

カッコよすぎるー!

それはさておき、

軽くてカッコよくてお手頃価格のシュラインに限定カラーが発売されました。

Image1

スポーティなスプリングライム(24インチ)と、

Image2

艶消しカラーが渋いマットカーキ(26インチ)が入荷。

オプションで前カゴも取り付け可能です。

みんな乗ってる人気のシュライン。

友達と違うカラーをお探しならおススメですよ。

入荷はごくわずかです、お急ぎください!

本題短くてすみません( ^ ^;)

|

2017年7月 7日 (金)

MV-CARGO 入荷しています

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

国内ではまだ珍しい部類のカーゴバイクのミニベロタイプです。

同じカテゴリーで言うと、ブリヂストンがトートボックスという車種を展開しています。

トートボックスのほうはママチャリ寄りの素材と設計で、

MVカーゴはスポーツ車寄りの素材と設計になりますので

同じカテゴリーでもちょっとキャラが違います。

用途としては、主に荷物の積載などに使いますが、

普通にお買いものやサイクリングに使ってもおしゃれです。

もちろんペット乗せとしても活用可能ですので

カスタマイズをご希望の方はご相談ください。

Mvc1

自転車の特長としては、走行時の安定性アップを狙い

前後のホイールを離して設計しています。

いわゆるロングホイールベースデザインです。

Mvc2

フロントバスケットは荷物を載せた状態で駐輪しても

ハンドルが荷物の重さで回転して転倒しないよう

バスケット自体が車体に固定されています。

ハンドルを操作してもバスケットが動かないため

最初は戸惑うと思いますが、すぐに慣れます。

Mvc3

乗った印象ですが、これだけのロングホイールベースにもかかわらず

キビキビと良く走ります。

その理由はおそらくこのフレーム一体キャリヤのお蔭と思われます。

この補強入れまくりのキャリヤが、リヤ廻りの剛性アップにかなり貢献している模様です。

スタンドもガッチリしたワイドタイプを採用し、

重量物を積載しても楽々スタンド立てができます。

MVカーゴの良さは写真と文章では伝えきれません。

ぜひ実写をご覧ください。

ご来店お待ちしております。

|

« 2017年5月 | トップページ | 2017年8月 »