« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月13日 (土)

作業効率アップ

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

今日の横浜は雨です。

自転車屋にとって雨の日はヒマです。

溜まった修理もはかどりすぎて時間を持て余します。

でも普段は時間に追われていることのほうが多いので

たまにはいいかもしれません。

そして持て余した時間に作業効率UP(時間節約)のブログを書いています(笑)

内容的には自転車屋さん向けかもしれません。

Img_0650

久々の工具ネタです。

スウェーデン・バーコ社のミニチュアビットラチェットセット。

バーコと言えばモンキーレンチで有名ですね。

スポーク都筑店の近くの工具屋さんで購入しました。

収納ボックスがかわいい。

Img_0651

中身はこんな感じ。

スポーツバイクの簡単な整備くらいなら、これ1箱でほぼできてしまいます。

でもこのキットだけでは作業効率アップするのに足りないビットが・・・

Img_0652

2mmのHEXビットです。

こちらはスイスのPB社製です。

お値段500円程度。

Img_0653

装着したところ。

手に持つと意味なくカリカリまわしてしまいます。

ラチェット音もいい感じ。

Img_0663

こんなにちっちゃい。

決してわたくしの手がデカいのではありません。

工具がちっちゃいのです(-ω-)/

全長は約90mmしかありません。

Img_0660

そして作業効率をアップさせるのはココです。

ブレーキレバーのHEX2mmリーチアジャストボルトが、アーレンキーだと

まわしにくいのなんのって・・・・

ボールポイントだとちょっとトルク掛かっただけでスリップするし、

Img_0661

かといって、普通にえっちらおっちら回してると日が暮れるし・・・

この作業が左右で2回あると考えたら気が遠くなります。

Img_0656_4

でも、バーコのミニラチェットを使えば片側約5秒で作業完了。

いままでの苦労がウソのような作業効率。

もっと早く買えば良かった・・・

ラチェットスパナ自体が軽くてコンパクトなので早回し作業がかなりしやすいです。

ヘッドもコンパクトなので入り組んだハンドル廻りでもスムースに作業できます。

あと、PBの製品精度のおかげか全くネジをなめる気配がありません。

工具って組み合わせひとつで一気に問題解決ができることがあって

すごーく奥が深い世界だなーって感心してしまいます。

以下、却下になった工具たち。

Kamtra67img600x4731493694007njxggb2

ブルーポイントのラチェット。

ヘッドがデカすぎるのと重すぎる。

コレひとつで¥3000くらいするので却下。

_58

手持ちの1/4sqラチェットにスナップオンの2mmHEXを付けようとも

考えましたがHEXシャンクの長さが長すぎるのと

コレ1個で¥3000弱もするので却下。

コーケン社のものもあるようですが実物を見れなかったので検討の余地なく却下。

バーコは箱入り1式で色々セットになって3300円程度。

他にも同じような感じのものがありましたが¥6000以上してたので

限られる用途を考慮したらバーコがベストチョイス。

Img_0654

こんな感じでバスケットの8mmナットを回すのに使えたり、

Img_0662

スポーツバイクのサドルの高さ調節に使えたり、

Img_0655

Vブレーキの5mmHEXに使ったりできます。

スパナが小さいのであまり高トルクの作業はできませんが

ちょこちょこ軽作業に使うのにピッタリです。

Img_0658_3

バーコ製品は他にもスパナとか

Img_0657

金のこでもお世話になっています。

やっぱり工具は使いやすいに限る!

|

2017年5月12日 (金)

トーキョーバイクジュニア tokyobike jr 入荷

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

生産が遅れていたトーキョーバイクジュニアがようやく発売されました。

カラー展開は以下の8色です。

Tkbjr_2

↑クリックで拡大します。

Img_0638

こちらのカラーはバンブーです。

では詳しくご紹介します。

車輪のサイズは20インチ(451規格)。

20インチといっても一般的な20インチ(406規格)よりもちょっと大きめです。

Img_0639

レザー調のグリップとサドルがオシャレです。

ブレーキは前後共にロードバイクと同じデュアルピボット方式を採用し

スポーティな走りにも対応します。

Img_0640

フレームに直付されたチェーンガードもおしゃれですね。

変速装置はありません、いわゆるシングルスピードです。

(改造すれば内装3段くらいは付けられると思います。)

ギヤレシオは2.0なので6段変速自転車の4段目くらいです。

2.0くらいならお子さんでもラクに漕げる設定です。

適応身長は120~135cmとなっていますが乗れそうかどうかは

実際にまたいでみないとなんとも言えません。

120cmのお子さんだと、たぶんかかとは地面につきません。

でもお店で他の自転車とまたぎ比べすると

お子さんはかかとまでベッタリつくほうを選びます。

そしてそれはいかにも小学生が乗っていそうな

ゴチャゴチャ系のデザインの自転車です。

だからトーキョーバイクジュニアに乗せたいお父さんお母さんは

お子さんを連れてこないほうがいいかもしれません。

乗せたいなら買っちゃうのです。

先手必勝なのです。

(`・ω・´)キッパリ

Img_0641

こちらはブルーエナメル。

Img_0642

写真だと実際の色はぜんぜん伝わっていません。

何度撮りなおしても実際のカラーと違って見えます。

そうやって来店させようとする作戦じゃありません。

(∩´∀`)∩ カモ~ン

Fdjr

フェンダーも発売されました。

フレーム同色で揃えるもよし。

Img_0644

あえて違う色を選ぶのも楽しいかもしれませんね。

何色と何色を組み合わせるかはセンスの見せどころでしょう。

それとリトルトーキョーバイクにも待望の専用フェンダーが発売されました。

Img_0620

こんな感じでとってもカワイイのです。

Img_0621

フェンダー装着の目的はカワイさアピールだけじゃありません。

泥水や砂の巻き上げ、洋服の巻き込みを防止してくれます。

特にスカートで乗るなら必須です。

フレームカラーに合わせた各色専用カラーフェンダーが用意されています。

リトルトーキョーバイクの本体カラーは下記をご覧ください。

Ltbk_3

↑クリックで拡大するかもしれません( *´艸`)

いえ、拡大するはずです。

こんな自転車が家の前に置いてあったらなんかホンワカしちゃいますよね。

ご来店お待ちしております。

|

« 2017年4月 | トップページ