« 2015年5月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年6月

2015年6月26日 (金)

丸石 ペットポーター petporter

 ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

丸石の120周年記念モデルのペットポーターをご紹介します。

今回は真面目に行きます。

177fe79dda521ad5838ff8b6a2a20e76e_2

楽しい前置きは無しです。

Pp1_2

こちらがそのペットポーター。

Pp2

スラッと伸びたXデザインのフレームがかっこいい。

Pp3

ハンドルストッパー付きなので、乗せ降ろし時のグラつきを抑えることが可能。

また、LEDオートライトを採用し夜間走行も安心。

Pp4

小径タイヤの速度不足という弱点を補うべく、内装3段変速も装備。

スタンドは安定感が高く、楽に立てられるL型スタンド。

荷物が多い方はリヤキャリヤにバスケットも追加できます。

え、退屈なスペック説明なんかどうでもいい?

そうですよね、ペットキャリーが見たいですよね・・・

ならばご要望にお応えしキャリーバッグ部分を。

Pp5

酸欠にならないよう各部メッシュ構造になっています。

走行時に中の様子を見ることも可能です。

Pp6

乗せ降ろしは運転席側から行います。

内部には飛び出し防止のリードフックを装備し、底部は厚めのクッションが敷いてあります。

もちろん取り外し可能です。

バッグの内寸は前後長さ約43cmx幅約25cmx高さ約28cm。

乗せられるペットの体重は約10kgくらいまでが目安です。

間違えても成犬のドーベルマンやレトリバーを入れてはいけません。

Pp7

前方は顔だけ出せるように小窓が付いています。

Pp8

ボルトの先端が当たってケガをしたりしないようすべてのボルトにキャップがついています。

Pp9

運転席側にポーチがついているので小物入れに重宝します。

Ppa

キャリーバッグはマジックテープで数箇所留めてあるだけなので簡単に取り外せます。

Ppb

外すとこんな感じです。

なかなかのオシャレデザインです。

これならお買い物用としても活躍しますね。

ところで、

ペットを2匹飼っている方はどうすればいいか?

子供乗せには「幼児2人同乗基準適合車」というのがありますが、

ペット乗せの場合はそんな基準はありません。

Ppc

ならば後ろに追加しちゃえばいいのです。

ペットクリニックやドッグランの駐車場が満車ってことありますよね?

自転車なら満車も渋滞も関係ありません。

しかも自分まで運動になっちゃうという嬉しい誤算。

Ppd

さて、このペットキャリー、

ちょっと高価ですが優秀です。

ドイツのRIXEN KAULというメーカーのもので、とてもよくできています。

Kg801

自転車への装着は別途このアダプターが必要です。

盗難防止のためロックまでついているという本格仕様。

Ppe

雨天時や真夏の厳しい日差しの時でも屋根があるので大丈夫。

暑さ寒さに弱い犬種や臆病なネコちゃんでも、きっとお出かけが楽しくなると思います。

停止した時などには、透明部分から中の様子を確認することもできます。

自転車から取り外せば、いきつけのペットクリニックへもこのまま持ち込めるので便利ですよ。

Img_3233

底裏側にはゴム製の脚がついていて、濡れた場所などへ置いても素材を傷めないようになっています。

Ppf

中はこうなっています。

天然素材のバスケットにワイヤーの屋根という組み合わせ。

底は取り外し可能なクッション付き。

外寸は横52cmx縦46cmx奥行36cmです。

Ppg

風が心地よい日には前後両サイドをオープンにし、走るタープにできます。

Pph

さらに、レインカバーを外せば春秋仕様にも。

なによりデザインがかわいい。

Ppi

ビッケへの装着イメージ。

Ppj

トートボックスへの装着イメージ。

前にお子さん、後ろにワンちゃん仕様。

Ppk

ステップクルーズeへの装着イメージ。

こちらのカスタムの詳細は後日バイシクルショップビショップのブログでご紹介します。

385c66eb4db8880a00ec136772fefc0b_2

その他いろいろご提案できますので、まずはご来店を。

|

2015年6月13日 (土)

ビッケ2e 全色入荷

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

Img_3201

7月に値上げ予定とあって品切れ続きだったビッケ2eですが、ようやく全色揃いました。

Img_3210

純正のフロントシートは小柄な方が運転する場合、前方の視界確保が厳しいためYepp mini を選ばれるケースがほとんどです。

Img_3211

当店へご来店される方の半数以上が、何らかのカスタムを検討されています。

ビッケに関しては、色の組み合わせが多すぎて悩みどころですが、あまり多く色を入れてしまうと子供っぽくなってしまいます。

2色程度の構成がセンス良くまとまる秘訣です。

カスタムと言えば、あまり話題に挙がることのないギュットミニDXもオシャレにドレスアップ可能です。

Img_3193

グリップをレザー調のブラウンに。

Img_3194

サドルも鋲打ちデザインのレザー調のものにチェンジ。

タイヤも純正のブラウンカラーに履き替えれば、

Impactmdx_bk1

こんなにあっさりデザインだったマットブラックのギュットミニDXが・・・

Img_3191_2

こんなに雰囲気が変わります。

Img_3221

他にもハイディ2のカリフォルニア系カスタムやステップクルーズのペットカーゴ仕様など、いろいろアイデア持っています。

ママチャリカスタムならすぽひよにお任せを。

|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年9月 »