« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月12日 (木)

ビッケにYeepリヤシートを取付る際の注意点

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

前回に続き幅のお話しです。

別に「幅」が好きなわけではないですが、最近ちょっと見てられないので。

選択肢が多いのは嬉しいこと。

そして、ビッケのカスタムにイェップが選ばれることもしばしば。

3__

かわいさと乗り心地の良さが人気ですが、どんな自転車にでも取付けしていいわけではありません。

メーカー純正でないからこそ安全性を考慮せねばなりません。

当店では物理的に取付けできるからと言って、安易なカスタムは行っていません。

信頼性の低い組み合わせはキッパリとお断りしています。

イェップの取付けに際し、注意しないといけないことがいくつかあります。

たとえば、スポーツタイプのミニベロに付ければ確かにかわいいですが、ハッキリ言ってバランスが悪すぎて危ないです。

あと、キャリヤの規格が対応していないこともあります。

これを無視して取付けられているケースを散見します。

イェップはEN14344に準拠しています。

国内の規格だとJIS D9453-8にあたります。

ビッケに取り付ける場合、これに引っかかります。

Img_2937

規定ではキャリヤの最小幅が120mm以上ないといけませんがビッケの場合、これを満たしていません。

よって、ビッケのキャリヤにはビッケ専用のチャイルドシートしか取り付けることができません。

確かにボルトの位置関係からして、問題なく取付けできてしまいます。

しかし、付くからと言って大丈夫というわけではありません。

ビッケ純正キャリヤのままだと、チャイルドシートを支える部分の面積が小さすぎるのです。

もし、キャリヤの溶接部分が破断すると大変なことになってしまいます。

ビッケにイェップのリヤシートを取り付ける場合はパーツの変更が必要です。

Img_2939_2

ビッケと同じフレームを使っているバビーのキャリヤ(幅155mm)に変更します。

輸入元によるとイェップの対応キャリヤ幅は120mm以上、175mm以下という取付条件があります。

この条件にバビー用キャリヤはぴったり合います。

もちろんビッケとの相性も完璧です。

それもそのはず、バビーもビッケもキャリヤマウントの設計は同じですから。

Bkyp1_2

以前のカスタム例です。

Bkyp2_2

お店のノウハウなのでどこをどうとは詳しくお教えできませんが、すぽひよカスタム車は目立たない部分までしっかり手を入れてありますので安心してお使いいただけます。

777760dbb7c699852bfd9613b1e17386

もちろん「かゆいところに手が届く」

そんなアフターフォローも心掛けております。

みなさまのご来店お待ちしております。

|

2015年3月 9日 (月)

リヤチャイルドシートの幅

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

いよいよ新年度が始まります。

勉強やスポーツ、仕事に趣味など新しいことにチャレンジされる方もいるかと思います。

頭の中のイメージではバッチリでも、実際にはなかなか思い通りにいかないことも多々あるかと思います。

Img_2876_2

たとえば、妖怪のお絵かき。

B9379a08

ジバコマを描こうと、

しっかりお手本を見て、

気合を入れ、

完全描写をイメージして取り掛かります。

Img_2770_3

しかし、現実は厳しいのです。

結果、八ツ墓村になってもドンマイ・・・・

こんなもんです。

失敗しても「何事もトライすることが大切だ!」と自分を納得させ、涙するのです。

しかし、買った自転車が駐輪場に入らないという失敗はしたくないですよね?

そんなトライは無意味ですし、泣いてすむ話じゃありません。

Img_2909

ほとんどの駐輪場はこのようにギリギリの設計です。

展示するだけならまだしも、自転車の出し入れについて配慮のかけらもありません。

こんなクッソ狭い駐輪場で、総重量が30~40kgもあるチャイルドシート付の電動アシストをスムースに出し入れできるはずありません。

ハンドルとペダルが交互にギリギリの寸法で絡み合い、急勾配のついた決まった溝にタイヤを収めなければなりません。

自転車を出す時にはワイヤー類が隣の自転車に引っかかり、スイッチパネルが破損し、隣のペダルが当たって車体に傷がつき・・・・

以前、平置きで柵で仕切ってあるだけの駐輪場を見たことありますが、出し入れのしやすさはこの方法が一番だと思います、おそらくコスト的にも。

そんな狭い駐輪場ではコンパクトさがものを言います。

Img_2932

一般的によく流通しているOGKさんのRBC-015DXですが、足置きの幅が広いのです。

実測で幅が約95mm。

大きな足にも対応できるというメリットはあります。

Img_2930

しかしながら、それが仇になってしまうことも。

足置き部分の左右最大幅が約520mmあります。

上の写真にあるような駐輪場の場合、入らなくもないですが事前にお隣りさんとの協議が必要かと思います。

Rcss1bk

そこでおススメなのがブリヂストンのRCS-S1。

Img_2933

足置き部分の幅は約80mm。

狭いようですが実際のご使用には差し支えありません。

Img_2911

左右の最大幅としては435mmで85mmもスリムです。

さらに、重量も400gほど軽い!

これなら駐輪場での出し入れが少しはスムースになると思います。

ちなみに、ビッケ専用のリヤシートなら最大幅でも355mmしかありません。

おそらくブリヂストンさんは駐輪場の実情をよくご存知で、それに基づいてデザインしているのでしょう。

とにかく駐輪場が狭くて・・・という方、ビッケかブリヂストンのリヤシートがおすすめですよ。

|

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »