« ギュットミニDX 2015モデル 入荷 | トップページ | ビアンキ ローマ 入荷しました »

2015年1月24日 (土)

アルベルトe ベルトドライブ 電動アシスト

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

長い沈黙を破りようやく出ます、ブリヂストン独自のベルトドライブ方式電動アシストが。

以前ベルトロという一般自転車の電動バージョンとしてベルトロEAというものがありました。

ベルトロの特長は名前が示す通りベルトドライブ。

でも、一般自転車用の駆動ベルトが電動アシストのパワーに耐えられるのか?

という理由で採用は見送られたとのことでした。

結果、名前はベルトロEAでもチェーンドライブという中途半端な商品が生まれました。

しかしそれが、

意外や意外、とても人気商品となり、一時はおしゃれ子乗せ自転車の代表みたいな扱いでした。

ベルトロEAにトピークのチャイルドシート、覚えてないくらいたくさん製作しました。

時代は流れ、ブリヂストンの技術を結集したような電動アシストがいよいよデビューします。

L03_2

といっても見た目はご覧の通り、至って普通・・・・・

ベルトドライブは「言われれば確かに」くらいの存在感です。

ところで、ベルトドライブにすることで何がいいのか?

1・洋服を巻き込む可能性が低い。

2・チェーンに注油をしないのでズボンやスカートが汚れない。

3・メンテナスの頻度が少なくて済むので通勤や通学にはピッタリ。

ベルト素材は普通のアルベルトよりも高剛性な「カーボンベルト」が採用されていて、ベルトドライブ特有のふんわりした感じではなく、ダイレクトな漕ぎ味に仕上げてあるそうなので坂道でも加速時でもヨレません。

S01

外観上目立つ点と言えば前輪のインホイールモーターでしょうか。

以前あったS社みたいな実験車両か?と思わせる外観ではなく、なかなかカッコイイデザインのモーターです。

後輪ブレーキをかけると前輪のモーターにもアシストブレーキがかかり、ブレーキレバーを強く握らなくても減速しやすくなっています。

いわゆるエンブレ効果です。

もちろんこの時に発生するブレーキ抵抗のエネルギーは電気エネルギーに変換されバッテリーへと充電されます。

もうお気づきかと思います。

この自転車は全輪駆動なのです。

自動車で言う4WDってやつです。

ただ、雪道や悪路に向いているというわけではないので誤解のないように。

両輪とも駆動するので、走行時の安定感は抜群です。

二輪車を走らせる上で前輪のグリップはとても重要です。

なぜなら転倒のリスクが高くなってしまうからです。

パワフルに前輪を駆動させるとスリップする恐れが・・・。

でも電動アシストなのでパワフルにアシストして欲しい・・・

そんな相反する条件をクリアするために、ちゃんと考えてありますのでご安心を。

スリップ制御機能のおかげでマンホールやアスファルトの継ぎ目、小石や砂が集まりやすい道路脇など滑りやすい路面でも大丈夫。

前輪が空転を察知した瞬間アシストを抑えてスリップを回避します。

どんな天候でも通勤通学の方にとっては関係ありません。

そんなタフなコンディションでもアルベルトeは対応できてしまうのです。

次に変速装置ですが、27インチモデルには内装式の5段変速が搭載されていて、26インチモデルよりも高い巡航性能が与えられています。

27インチモデルなら、モーターのアシストがカットされる時速24km/h以上でもペダルが空回りしません。

スピードと長い距離を意識する方は27インチがおススメです。

次にバッテリー。

ほとんどの車種が25.2Vを採用しているのに対し、36Vというさらに高電圧タイプを採用。

これにより、耐久性に優れ、短時間での充電が可能となっています。

アンペア数こそ6.2Ahと控えめですが、電力量で比較するとほぼ同じ性能と言えます。

 

従来モデル  8.7Ah x 25.2V =219Wh

アルベルトe  6.2Ah x 36V =223Wh

 

アシストレベルも最上位クラスの「レベル6」なので急な坂道でも頼もしくアシストしてくれることでしょう。

走行距離もオートモードを使っても42kmまでOK。

あくまでも計算上の話にはなりますが、42kmってどれだけ走れるかっていうと。

直線距離だと大倉山駅から埼玉県の越谷あたり。

走行ルートだと大倉山からディズニーランドあたりまでは余裕ってことになります。

1日の往復走行距離が4km(片道2km)だとして、土日休がみなら1週間で20km、2週間で40km。

計算上、充電は月に2回程度ということになります。

そんな計算通りいくはずもないということで倍の見積りで計算しても月に4回。

1年間でもたったの48回。

10年で480回。

バッテリーの寿命の目安を充電サイクルで見ると、約700~900回は可能なので1日4km程度ならじゅうぶんカバーできます。

そもそも高校に10年も通わないですね・・・

1日往復8km(片道4km)程度走行する方はギリギリアウト?かな。

ま、夏休みや年末年始などを除けばギリギリセーフかも。

部活とかで休み無しという場合は・・・・

いろいろシュミレーションしてみてください。

 

それから、

気になって仕方がない価格ですが、これだけ新技術てんこ盛りだから軽く15万くらいかと思っていたら・・・・

なんと、12万円前後という良心的な価格設定になっています。

Image17365x487

僕の彼女、大友花恋ちゃんも「安い!」と言っております。

「この春から高校に通う君は絶対に買うようにね」とも申しております。

詳しくは以下のページにて。

メーカーリリース

商品ページ

自転車コラム →通学用自転車について書いてあります。

ご来店、ご予約お待ちしております。

|

« ギュットミニDX 2015モデル 入荷 | トップページ | ビアンキ ローマ 入荷しました »

電動アシスト自転車」カテゴリの記事