« 2014ギュットミニDX 処分特価 | トップページ | ギュットミニDX 2015モデル 入荷 »

2015年1月 8日 (木)

ビッケ 2015モデル と 2014モデル 違い

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

当店でダントツ人気のビッケですが、いよいよ2015年モデルがデビューします。

Img150107_02_2

そこで、2014年モデルとはどこがどう変わるのか気になるところ。

まずは限定カラーについてご紹介しておきます。

電動アシストモデルのみの設定ですが気になる方は要チェック。

台数限定販売のため予約でのご購入がおすすめです。

で、気になるカラーは・・・

Dsc_8043_2

E.XBKグリーン(スプリンググリーン)です。

いわゆる若草色ってやつでしょうか?

リヤチャイルドシート付モデルのみの設定で、チャイルドシート・グリップ・サドルのカラーはホワイトになります。

※画像クリックで拡大表示

Dsc_8046

不評だった控えめサイズのバスケットはワイドタイプへと変更。

各色ともに一体感のあるフレーム同色バスケットになります。

※画像クリックで拡大表示

Bk05bsk

2014モデルが幅350mmだったのに対し、2015モデルでは440mmに拡大されます。

前チャイルドシートを取付ることも考慮し、高さの変更ありません。

Bk05rngj

サークル錠は操作レバーの位置変更と、カギ穴の位置変更が行われています。

操作レバーは上から下へ操作していたのが右から左への操作へと変更され、かがみこまず楽な姿勢での操作が可能になりました。

カギ穴はキーホルダーの巻き込みが起きにくいよう差し込み口が上向きに変更されました。

ただし、これは吉と出るか凶と出るか経過観察が必要かと。

ちなみにわたくし、初詣のおみくじは中吉でした、関係ないですけど。

で、カギ穴が上を向いているとどうなるか?

雨水が侵入しやすくなります。

雨水が入るとシリンダー内部の動きが悪くなり、結果故障につながる可能性が増えてしまいます。

ここはメンテナンスの頻度を上げてやる必要がありそうですね。

そうしないと最悪以下のような故障が考えられます。

シリンダーの動きが鈍くなる

      ↓

カンヌキ(銀色の棒)が開かない

      ↓

そのまま気づかずに発車

      ↓

スポークとカンヌキが衝突

      ↓

スポークの根元部分(ニップル)が破断

      ↓

サークル錠にもひずみが残り動作不良

      ↓

バッテリーロックとサークル錠、ニップルすべて交換

      ↓

支払い時にため息をつく

だいたいこんな流れでしょうか。

これは最悪のパターンでオーバーにも思えますが、実際にアンジェリーノやボーテで過去にあったケースです。

横から差し込む方式とかにできなかったのでしょうか?

オートバイのように、カギ穴にシャッター(フタ)がついていれば問題ないのでしょうが・・・

いかん、ママチャリのカギで熱くなって、つい長くなってしまいました。

このまま書くと明日の今頃までかかってしまいそうなので、この件はこの辺で。

Bk05sf

チャイルドシートはスマートフィッターの採用でシートベルトの長さ調節が簡単に行えるようになります。

衣替えの季節などには便利な機能です。

Bk05op_2

前後チャイルドシートにはビッケステッカーが付属しているので、名前やイニシャルを貼っておけば駐輪場で探しやすくなりますね。

航続距離やアシスト性能に関しては変更はありません。

価格は大人の事情で値上げになっています。

詳細スペックは以下メーカーリンクにてどうぞ。

ビッケ2015モデル

発売は2月予定ですが早めにご予約いただければ1月下旬から最短納車が可能です。

それではご来店、ご予約お待ちしております。

|

« 2014ギュットミニDX 処分特価 | トップページ | ギュットミニDX 2015モデル 入荷 »

電動アシスト自転車」カテゴリの記事