« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月25日 (火)

自転車専門店としての品質管理

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

今回は、真面目に自転車店のお仕事内容をちょっとご紹介します。

「自転車なんかどこで買っても同じだ。」

「ちゃんとメーカーが組みたててんだからたいして違わないよ。」

これらはすべて間違いです

自転車は一般的な工業製品とは違い、各販売店で組立調整を行います。

ペダルつけて即販売なんてことはできません。

メーカーさんから届くのは完成品ではありません。

材料が届くという感覚です。

よって、そのまま販売するというのはリスクが高すぎます。

工場出荷の状態は、皆さんが思うほどの精度で組上げられていませんし、そもそもまったくといっていいほど未調整です。

部品の付け忘れ、ボルトの締め忘れなど、時間に追われてのライン作業ではこれらのミスは当然発生します。

これはメーカーさんとしてはあまり広めてほしくない事実かも知れません。

なぜなら、表向きはちゃんと造ってることになっていますからね。

完全な整備済の自転車を製造しているメーカーなんてまずないでしょう。

つまり自転車の品質はお店のスキルに左右されてしまうということです

納車の説明もちゃらんぽらんにしかしていないお店もけっこう多いそうで、

使い方をほとんど知らないまま使ってる方の多いこと!

たとえば、

「ハンドルロック?何それ???」

「ケンケン乗りダメって???、何か問題でも?」

「まだ半年しか経っていないのに空気がこんなに減ってる!」

「盗難補償の加入手続き?そんなの聞いてませんけど・・・」

何かあってから説明書を開けるて見るのでは手遅れになることもあります。

どれだけこだわって組み立て整備をしてるか少しでも理解していただけると幸いです。

Gym1

これは入荷した状態。

一見このまま乗れそうに見えます。

Gym2

まずはハンドル廻りを分解。

案の定チャイルドシートの取付ボルトは不均一に締め付けされていました。

タイヤに対してハンドルが左に向いて締め付けられていたので調整が必要です。

ブレーキレバーの角度、変速操作部分の角度、電源パネルの角度を調整します。

Gym4

そのまま加圧すれば大丈夫そうなタイヤも空気を抜いてみればこの通り。

バルブの位置がずれたままです。

このまま乗るとチューブが傷み、バルブがもげてしまいます。

かなりの確率でこうなっています。

タイヤ内部に金属片がないか、リムバンドがずれてチューブにニップル(ネジ)が当たっていないかをチェックします。

ビードラインを見ながら適正なエア圧に調整します。

車輪の振れ取りやセンター出し作業もこの時行います。

Gym6_2

リヤキャリヤ取付ボルト。

ここが外れると後ろのチャイルドシートがひっくりかえって事故につながります。

ナットを緩め、ボルトを締めこみ、再度ナットを締め込みます。

Gym7

リヤキャリヤの後ろ側。

同じ方法でチェック。

Gym8

リヤキャリヤの脚部分です。

お子さんの体重がかかる重要な箇所です。

裏側の13mmナットを緩めてからボルトを締め込み、再度ナットを締めこみ。

Gym9

リング錠取付ネジの増し締め。

使用後に緩みが発生しやすい部分なのでしっかりチェック。

キャリヤの溶接ひずみ等で左右の取付面が不均一になりロックできない場合があります。

そんなイレギュラーも、ちょっとした作業ですぐ解決します。

Gyma1

バッテリーのロックシリンダー部分。

ここもいずれ緩む箇所なのでしっかりとチェック。

走行中にバッテリーが落っこちたなんてシャレになりませんからね。

Gyma2

スタンド連動式ハンドルロックの調整もこの通りダメダメです。

ワイヤーの引っ張りがぜんぜん足りません。

これでも一応ロックはかかりますが、ワイヤーの伸びが出たら即アウトです。

Gyma3

サドルの高さ調整をする際シートピンを回しますが、サビによる固着防止のためネジ山と当たり面をグリスアップ。

サドルの角度、前後位置の調整はこの後に行います。

Gyma4

化粧カバー類を外し、スムースにハンドル操作ができるよう配線の取り回しをやり直し、コネクタの接続部分をチェック。

モーターマウントボルトの固定確認を3箇所。

Gyma5

左右クランクのフィキシングボルトの固定確認。

Gyma6

チェーンテンショナーの軸間距離が規定寸法範囲内になるよう後輪の前後位置を調整しチェーン長さを設定します。

Gyma7

ブレーキワイヤーが走行中に切れたりしにくいいようグリスアップ。

前後ブレーキの効き始めがタイミングが同じくらいになるよう各ブレーキを調整します。

前ブレーキは音鳴りしないようにブレーキシューにトーインをつけてセッティングします。

Gymlst

変速機の調整。

チェーンジョイントの確認。

ライトの照射角度。

リフレクターの取付角度。

バッテリーの着脱チェック。

電源を入れての各機能の動作チェックなどを行います。

Gym3

チャイルドシートを取付て、各部分の操作をし異常がないか確認。

など・・・・・

今回ご紹介したのは全作業のうちほんの一部です。

当店でお求めいただいた自転車の定期点検も、ほぼ同じ内容の作業を無料で行っています

定期点検は無期限で何度でも受けられます。

当店は決して激安店ではありません。

価格ではディスカウントやネット通販に負けます。

でも購入後のサポートには自信があります。

ご購入いただいた方には余計な出費が無いように、精いっぱいお手伝いさせていただいています。

近所で買う」というメリットを最大限感じていただけるようアフターフォローさせていただきます。

安ければ安いほどいいという風潮はもう過去のものだと思います。

安売りバンザイには共感できません。

コストカットがどういう結果を招くかは悲惨な事故のニュースなどを見ればわかりますよね。

専門店は安心も一緒に販売しているのです。

|

2014年2月20日 (木)

ギュットミニ DX 2014 対応 レインカバー

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

ギュットミニDX 2014モデルに対応できるレインカバーをご紹介します。

Lineup_minidx013

こちら。

Rcf1

「OGK製の前チャイルドシートに対応」とざっくりとしか表記がないため、最新のチャイルドシートに対応しているのか?

ん~、調べたくて堪らなくなってきたかもしれない・・・・。

よし、調べてみましょう。

ギュット系はOGK製のチャイルドシートを採用しているので付くはずですが・・・

Rcfgm2

いきなり 結果発表~

2014年モデルのギュットミニDX、ギュットDXへの取付は問題ありませんでした。

スッポリとシート全体を包み込むデザインなので雨はもちろん冷たい風も防いでくれます。

Rcfgm1

身長160~163cm位をイメージしてサドルに座ってみました。

視界はこんな感じです。

Rcfgm3

風抜き窓の設置によりムレ防止や通気性も確保してあります。

乗せ降ろしの際には、サイド部分のチャックで大きく開くことができます。

Rcfag2

アンジェリーノプティットには取付できますか?

やっぱそうですよね。

そう来ると思って調べておきましたよ。

Rcfag3

相性については全く問題なさそうです。

工夫も加工もせず説明書に書いてある通りに取付できました。

Rcfag1

同じようにサドルに座った感じ。

身長160~163cmくらいをイメージしています。

Rcfag4

乗車位置からお子さんの様子が見えるようにヘッドレスト後部は透明になっています。

このカバーは、昔ながらのハンドルに引っかけて取り付けるタイプのチャイルドシートには対応しません。

取り付けに関してはかぶせるだけですが以下の点に注意してください。

ブレーキ、変速のワイヤー類の動きを妨げないよう注意してください。

また、タイヤへの接触、ハンドル操作への影響が無いかもチェックしてください。

ご使用に関して。

風が強すぎる場合は風を受ける面積の増大によるふらつきの可能性があるため注意してください。

前方視界、見切りが悪くなりますので発車前、走行中は路面状況に注意してください。

Rcf2

専用の収納袋付き。

自動車の窓に付けるサンシェードのような構造になっていて、使用しないときはたたんでこの中に収納できます。

後ろ用もライナップがあります。

それではご来店お待ちしています。

|

2014年2月 8日 (土)

ギュットミニ DX 2014 入荷しました GYUTTO MINI DX

ご覧いただきありがとうございます。      ギュットミニ デラックス 2014

スポーク日吉店です。        ギュット ミニ デラックス DX 全カラー展示 入荷


本日、雪のため開店休業状態ですがギュットミニの2014モデルが無事入荷しました。 

危ない雪の中を配送していただいたドライバーさん、ありがとうございます。

ちなみに入荷したカラーは、

Image

明るく元気なマイーズイエロー。

やまぶき色のような感じです。

Image4

オフホワイト。

タイヤ、グリップ、サドル、チャイルドシートクッションがブラウン仕様になります。

Image3

ビターブラウン。

フレームカラー自体は渋めのブラウンですが、ブラウンパーツを採用しているため「かわいいレトロ仕様」といった印象です。

Image2

マットフロストグレー。

その名の通り、霜がかかったようなツヤケシのグレー。

かなりカッコいいカラーなのでパパもニコニコ。

数量限定にて純正後ろバスケットをプレゼントします。

もちろんなくなり次第終了になります。

近隣エリアで全カラー入荷するお店はほとんど無いそうなので、実車をご覧いただけるチャンスです。

大倉山のビショップにも全カラー入荷します。

今回未入荷のカラーは順次入荷する予定ですのでまたご紹介します。      GYTTOMINI DX 2014 発売日

それではご来店お待ちしています。

|

2014年2月 6日 (木)

2014 ギュットミニ デラックス DX いよいよ入荷します 

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

問い合わせ急増中のギュットミニDXがいよいよ今週末入荷します。

当店への入荷はオフホワイト、ビターブラウン、マットフロストグレー、マイーズイエローです。

大倉山のビショップにも入荷がありますのでチェックしてください。

初回分はあっと言う間に売り切れるかもしれません。

1

こちらは昨日の展示会の様子です。

2_2

タイヤは旧モデルとは違い、太くたくましくなりました。

とは言え、ただ闇雲に太くするのではなく、駐輪ラックとの相性も考慮して20X2.0インチを採用。

20X2.125インチのセミブロックパターンのタイヤだとラックに入りにくいことがあります。

このちょっとの差がミソなんです。

駐輪ラックに停める場合、ネックだったホイールセンサーもご覧のようにすっきりしたデザインに変更されていますので破損の心配もありません。

効きの甘かった前ブレーキは、ホイールの素材変更と相まってしっかり効くように改善済み。

4_2

スタンドを立てればハンドルは自動ロックされる「スタピタ」仕様。

駐輪時のグラつきを抑制するため、こんなにも補強バーが入っています。

しかも、お子さんの乗せ降ろし時に転倒しにくいように幅広に設計されています。

カギはもう定番ですが、使いやすさを考えてこの位置にあります。

また、夕方や夜間走行に備えてテールランプはLEDが自動で点滅。

しかも使った電気はソーラーパネルで自動充電というすぐれもの。

そして、ギュットプレミアムシートのご紹介。

OGKさんと一緒に開発したそうです。

こちらのシートは廉価モデルのギュットミニKには採用されません。

ギュットミニDX、ギュットDXのみに採用されます。

3_3

旧モデルに比べて広々とした印象です。

雨天走行も考慮し、クッションは撥水コーティング済みなので水にも強い!

5

旧モデルでは膝がチャイルドシートにぶつかりやすかったのが、デザインの見直しでぶつかりにくくなりました。

足載せステップはお子さんの成長に合わせて2段階に長さ調節可能です。

開いた足載せステップは持ち上げて閉じるだけで自動ロック!(仮ロック)

6

このボタンを押せば背もたれの角度が変化し、5段階のリクライニングが可能。

7

こちらのボタンを押せば、8段階ヘッドレストの高さ調節ができます。

もちろんラクラク片手でOK!

8

そして、そして、そしてー!

いちばんすごいのがこのシートベルト。

なんと自動車みたいに自動巻き取り式なんです!

こ、これはすごい・・・

しかも巻き取り装置が恐ろしくコンパクトに収まっている・・・

さすがプレミアム。

で、引き出したシートベルトを、

9

肩の後ろへカチッとロック。

これでもう、洋服に埋もれたバックルを探さなくていいんです。

見やすい位置でかんたん装着。

しかも、旧モデルだとヘッドレストを高くしても肩ベルトの固定部分は低い位置のままでしたが、2014年モデルではヘッドレストを高くすると肩ベルトの固定部分も一緒に移動し自然な位置で装着できるようになりました。

Photo

長すぎて余ったベルトはリールが自動で巻き取ります。

真ん中に見える丸いダイヤルを回してベルトをロックすれば装着完了~。

使用開始時の長さ調節や服装によってベルトの長さを再調整したりする煩わしさから解放されます。

お子さんが乗車していない時も余ったベルトは巻き取りされるので邪魔になりません。

お子さんが乗車時に持つグリップバーはかんたん操作で4段階調整OK。

やっぱりよく使うものなら手間いらずがいいですよね~。

パナソニックさんすごい!

OGKさんもすごい!

たいへん よくできました~

これは個人的な意見ですが、

この春発売される3人乗り自転車の中で、ギュットミニDXは間違いなく横綱クラスだと思います。

当面は入手困難な気配なので、使うことが決まってる方は悩まず即決がおすすめです。

というのも、狙っている方が多いみたいなので1週間保留すれば、納期は1か月以上遅れるかもしれないからです。

今週末お天気が微妙ですがぜひ実車を見にきてください。

|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »