« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月28日 (火)

3人乗り ビッケ bikke2  ビッケ2 ビッケツー

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

さて、いよいよ公然の秘密だった3人乗り対応のビッケが発売されます。

なぜ3人乗り対応にしたか?

あんまり本当のこと書くとまた削除させられそうなので、

「市場の声に耳を傾けた結果」ということにしておきます。

これでパナソニックのギュットアニーズと比較検討できる車種ができましたね。

ただ、ギュットアニーズは最初から後ろチャイルドシート付きなのに対し、ビッケ2は前後ともチャイルドシートはオプションです(限定モデルを除く)。

【 ギュットアニーズのターゲット層 】

最初に3歳以上のお子さんを後ろ乗せし、今後もう一人お子さんが増えた場合に備えて3人乗り対応を選んでおきたいという方をターゲットにしています。

もちろんオプションの前乗せを付けて、後ろのチャイルドシートは必要になるまで外しておくという奥の手もあります。

【 ビッケ2e のターゲット層 】

1歳くらいからの前乗せ、2歳くらいからの後ろ乗せ、どちらからでもOKです。

ただ、チャイルドシートはオプションなので別途購入しなければなりませんが、1人前乗せ、1人後ろ乗せ、2人前後乗せと色んなシチュエーションに対応できます。

【 考察 】

アンジェリーノ系のような前チャイルドシート付きとの違いについてのご質問をよく受けますが、そもそも前乗せというのは不安定なのです。

ハンドルの回転軸からずれた位置に10Kg近い荷重がかかれば、バランスを取るためのハンドル補正が遅れ転倒のリスクが高まります。

ならば回転軸上に子供を乗せればいいじゃないか、ということであのデザインがうまれたワケです。

前乗せの不安定さを解消すべく設計の見直しを行ったのがアンジェリーノのようなタイプになります。

お子さんがボックス状のチャイルドシートにすっぽり入るため、万が一転倒した際の安全性に関してもアンジェリーノ系に軍配が挙がります。

完璧に思えるアンジェリーノ系にも、永遠のテーマというべき欠点があります。

そう、荷物の置き場所です。

1~3歳のお子さんを乗せて自転車を使う場合、必ずと言っていいほど手荷物があります。

用途で言えば幼稚園、保育所の送迎やお買い物がほとんどでしょう。

忙しいママならお迎えの帰りついでにお買い物ということもあるはず。

子供を乗せた場合、荷物はどうしたら・・・・

そういう声に応えてビッケ2やギュットアニーズといった商品が出てきたというワケです。

ビッケ2やギュットアニーズは安定性の面でアンジェリーノ系にはかないませんが、そのかわり荷物を乗せられる3人乗り対応自転車という性格づけになります。

この春、3人乗り対応の電動アシスト自転車が続々と発売され、選択肢がかなり増えます。

悩めますね~

【 商品 】

Img002

ビッケ2e と ビッケ2b。

ビッケ2eは電動アシスト付き。

ビッケ2bは電動アシスト無しの自転車バージョン。

前用チャイルドシートは車体色に合わせて3色用意される模様です。

前バスケットは前用チャイルドシートを取り付けした時にお子さんの足が当たりにくいようにデザインされています。

電動アシスト付きについては試乗車をご用意する予定です。

そういえば、先日ご紹介した新型のギュットミニDXもご試乗いただけるよう準備をすすめています。

それぞれ用意が出来次第、またブログにてお知らせします。

Img003

こちらは限定モデル(電動アシストと幼児車のみ)。

限定モデルは写真の2カラーの組み合わせのみです。

他の組み合わせは選べません。

さあ、どれを選べば良いか悩みますよね?

いっしょに考えますので、まずはお話をお聞かせください。

それではご来店お待ちしています。

|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »