« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月 9日 (火)

ギュット アニーズ GYUTTO ANNYS

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

Img_0630

9月2日にギュットシリーズにアニーズが発売されます→メーカーHP

低重心設計の小径タイヤを採用した3人乗り対応子供乗せ自転車は今まで何種類かありました。

ただし、前用の大型チャイルドシートがあらかじめセットされたモデルだけでした。

今欲しいのは小径の後ろ乗せモデルで、今後子供がもう一人増えたら前にもチャイルドシートを増設可能という商品はありませんでした。

要するにバビーやビッケみたいなタイプで3人乗り対応モデルが無かったのです。

以下、お店でのやりとり例です

小径の電動アシストを検討中で、今現在子供が2歳くらいで後ろに同乗可能、今後もう1人増えた場合に備えてどれを選んでおけばベターか?

もしかしたら子供は1人のままの可能性もあるけど・・・

でももし、子供が増えたら乗せる必要もあるし。

でもでも、やっぱ子供はひとりかもしれないから、3人乗り対応のギュットミニを買っちゃうと前のシートは無駄になるし・・・う~ん

かといって前のチャイルドシートを後付けできるギュットは低重心設計の小径タイプじゃないから運転が不安だし・・・・悩める。

こういう条件の方が多いにも関わらず、即答でおすすめできる機種がありませんでした。

商品ラインナップが実情に合っていなかったということです。

ぶっちゃけた話、そういう需要があることにメーカーさんは気づいていなかったと思います。

推測ですが・・・

てことでスキマ商品的な発売となりますが、メイン商品になる可能性を秘めている気がします。

Img_0621

ギュットアニーズの全体イメージ(オプション装着車)

Img_0622

後ろのチャイルドシート(車体色別専用カラー)を標準装備しています。

フロントバスケットはオプションですが、7月31日までにご成約の場合オマケでおつけします(エーガールズと同等品)。

Img_0624

装着されている前用のチャイルドシートはオプションになります(カラーはブラックのみ)。

キリン柄のカバーもオプションです。

Img_0631

デザインは最近流行の骨太系で、カラーはマット系3色のみ。

カラー名は、マットディープレッド、マットディープグリーン、マットナイト(ブラック)です。

Img_0632

後ろチャイルドシートにはそれぞれアニマル柄のカバーが付属します。

マットディープレッドにはジラフ(キリン)

マットディープグリーンにはレオパード(ヒョウ)

マットナイトにはゼブラ(シマウマ)

Img_0625

ご覧の通り、タイヤは太くて頼もしいファットタイヤ。

ロゴマークが無いだけで、キッスミニやプティットなどと同じものです。

ギュットミニは専用タイヤなので、交換修理の際費用が高いのがネックです。

その点アニーズは専用品でなくても対応可能なので修理の時安心です。

あと、ギュットシリーズの弱点、フロントブレーキも改善されています。

3人乗り対応にしてはブレーキの利きがイマイチだったので安心です。

Img_0623

配線の処理もきれいになりました。

ちゃんとカバーで覆われて、実験車両のような配線むき出しじゃなくなりました。

Img_0626

スポークは通常よりも太い番手のものが採用され変形や折れに対して耐久性があります。

リム幅も太いものが採用されているので、高圧による圧迫パンクを軽減できるはずです。

スタンドを立てればハンドルストッパーが掛かるスタピタも装備しています。

Img_0627

バッテリーは8.9Ahと必要にして充分な容量を確保しています。

サドルはペダリング時にお尻の位置がズレにくいヒップアップサドル。

【ギュットミニ(8.9Ah)との違い】

前用チャイルドシートがオプション

後用チャイルドシートが標準装備

前ブレーキが強化されている

タイヤが太い

ヒップアップサドル仕様

全長がギュットミニ1840mmに対してアニーズは1800mmと若干コンパクト。

重量はギュットミニ32.3kgに対してアニーズは31.2kgと1.1kg軽量。

価格はギュットミニ¥132000に対してアニーズは¥133000。

入荷は8月末から9月頃を予定しています。

それでは、ご来店&ご予約お待ちしています。

|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »