« 2013 ルイガノ J 16 入荷しています | トップページ | 2013 ハマックス カレス HAMAX Caress »

2012年10月 3日 (水)

ビッケ & バビー bikke & babby

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

Bb1

品切れ中のバビーが入荷したのでビッケと比べてみました。 ビッケ VS バビー

低重心&ロングホイールベースというコンセプトが同じなので、外見はあまり違いが無いように見えます。 bikke vs babby

カタログ上の重量はどちらも同じ29.5kg。

モーター、バッテリー、電装パーツ類は共通ですので走行性能は同じといえます。

違いを車種別に見ていきます。

Bb3

ビッケはグリップ、サドル、カゴ、ライト、チェーンカバーが標準で同色仕上げ。

ちょっと高めの価格設定もうなずけます。

Bb2

バビーのパーツはブラック仕上げ中心。

パーツの共通化でコストダウン?

すっきりクセの無いデザインなので、シンプルなのが好きな方はバビーがおすすめ。

Bb4

前から見ると目立った違いはカゴくらい。

Bb5

ハンドル部分。

ビッケのベルは、左側のグリップの一部を回転させて鳴らすというおもしろい方式。

レバーを探りながら鳴らす必要が無く、グリップを握ったまま操作可能。

Bb6

バビーのベルは左側にあり、一般的な形状です。

Bb7

サドルの形状は全然違います。

ビッケは幅広で平べったく、座り心地は「硬くはないけどぺったんこだな」という感じ。

いっぽう、バビーのほうは丸いクッションに座っている感じですが決して「コシ」の無いフワフワしたものではないです。

着座位置がずれないように、坐骨をしっかりホールドしてくれる感じ。

サドル後部の白い半丸の部分はリフレクターになっていて、自動車のライトなどに反射します。

座り心地については個人的な印象です。

坐骨幅やおしりの肉付き、ペダルを漕ぐ力、座る位置などによって感じ方は変わります。

Bb8

バッテリーまわりのデザインもちょっと違いますが、中身は同じ。

両車種とも、今や子乗せ仕様では標準とも言える大容量8.9Ah

遠くのお出かけでも、急な坂道でもパワフルにアシストします。

ギヤに応じてアシストパターンを変化させるというかしこい機能「S.P.E.C.3」を搭載しているので坂道に強い。

Bb9

リヤキャリヤの形状は明らかに違います。

左のビッケが専用チャイルドシート対応の形状なのに対し、右のバビーは汎用品にも対応した形状。

ビッケに海外製チャイルドシート、バビーにビッケのシート、普通は取り付けできませんが本気で検討されている方にはお手伝いしますのでご相談を。

Bbpa

その他の違いとしては、ビッケには豊富な専用オプションパーツがあり、お好みでいろいろカラーコーディネートできます。

たったの16億通りの中から選べます。

もちろん当店で選べばもっと選択肢が増えます。

選択回避の法則とやらがありますがぜひ選択して自分仕様に仕上げてください。

以下コーディネート例です。

Bby1

バビーのホワイトにイエップのホワイト。

Bby2

とってもかわいい後ろ姿。

Bbgp1

バビーのホワイトにグッピーのブラック。

Bbgp2

後ろから。

小物入れがあって重宝します。

Bbgp3

グッピーはポルトガルのポリスポーツ製で、イエップよりはスポーティな印象です。

Sp0511
グッピーはこんな感じでカスタマイズもできるので、自分仕様にチェンジ可能です。

ブレーキワイヤーやシフトワイヤーのコーディネートもお手伝いします。

Bkyp1_2

ビッケのホワイトにイエップのホワイト。

Bkyp2_2

ビッケのダークグレーにイエップのライム。

Bkgp1_5

ビッケのホワイトにグッピーのブラック。

Bkgp2_5

ビッケのダークグレーにグッピーのブラウン。

その他ご相談に応じますのでご来店ください。

|

« 2013 ルイガノ J 16 入荷しています | トップページ | 2013 ハマックス カレス HAMAX Caress »

電動アシスト自転車」カテゴリの記事