« ギュットミニDX ギュットDX 入荷 します | トップページ | ギュットミニDX ギュットDX 入荷しました »

2012年6月28日 (木)

ヤマハ PAS Babby パス バビー

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

8月20日にヤマハからパス バビーが発売されます。

ベビーでもバービーでもありません、バビー(造語)です。

Babimg

要するにブリヂストン ビッケのヤマハバージョンです。

P6130057

こちらがブリヂストンのビッケです。

後チャイルドシートはオプションです。

P6130070

こちらがビッケ用のカスタムパーツ群。

ビッケの発売時期は8月頃ではないかという情報が多いのですが正確な回答はきておりません。

バビーにはビッケのようなカスタムパーツの設定はありませんが一部流用は可能です。

ただし、後チャイルドシート関係に限ってはリヤキャリヤの形状が異なるためビッケからの流用はできません。

バビーのほうが一般的なキャリヤ規格を採用しているため、YeepやQibbelといったヨーロッパメーカーのチャイルドシートを取り付けやすいです。

あと、いちばん上の写真を見れば一目瞭然ですが、とにかく低重心なので安定した走行が可能です。

もちろんヤマハ(ブリヂストン)の厳格なテストをクリアしているので過酷な条件下でのご使用でも安心です。

搭載バッテリーは8.9Ahと大容量なのでロング&パワフルな走行が可能。

電動子乗せ自転車に8Ahクラス以上はもう必須ですね。

坂道で使用する場合、4Ahとか5Ahではダメダメです。

軽い坂道程度でも6.6Ahくらいはあったほうが使いやすいですよ。

4~5Ahクラスのモデルは8Ahクラスのもの比べて基本的に非力なものが多く、もしパワーがあったとしても走行距離が伸びません。

走行距離が伸びないということは充電サイクルが短くなり、バッテリーの使用限界容量に達する時期が早まります。

結果バッテリーの買い替えサイクルも短くなってしまいます。

有名メーカーの電動子供乗せ自転車のカタログを見てください。

ほとんどの子乗せモデルが8Ahクラスを採用しています。

やはり大きい電流を流せるモデルのほうがパワー的に有利なのです。

パワーをかけて走ると燃費が悪化するので蓄電容量の多いバッテリーが必要となるわけです。

過去に何万台というたくさんの電動自転車を販売し、そこから得たデータから子供乗せタイプには8Ah以上が必要だという結論に達したということです。

まじめな話はこれくらいにしてカラー展開を。

Babor

トロピカルオレンジ

Babpk

グリッターピンク

Babbk

マットブラック

Babwh
スノーホワイト

以上の4色展開です。

個人的にはマット系のデニムカラーとかもつくってほしかったかな。

Introimg

メーカー希望小売価格は¥119000(税込)、ビッケより¥5800も安いといううれしい価格設定。

適応身長は143cm以上。

後チャイルドシートはオプションで、その際足の巻き込みを防止するチェーンガードも同時装着が必要です。

スペック詳細はメーカーHPを→ヤマハ

早めにご予約いただければ8月中旬までには納車可能です。

以下お問い合わせの多いイェップの新色情報です。

552_l

ピンクは近日入荷します。

Ymxef01_02

こちらも新色のホワイトですが入荷予定はありません。

お取り寄せ対応となります。

|

« ギュットミニDX ギュットDX 入荷 します | トップページ | ギュットミニDX ギュットDX 入荷しました »

電動アシスト自転車」カテゴリの記事