« ハイディBの新色 ライトグレー展示中です | トップページ | ライトウェイ ソノマ に アルミフェンダー »

2012年4月 6日 (金)

パス シティL8 マットアッシュ 入荷しました

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

通勤通学にぴったりの電動アシスト自転車「パス シティ L8」が入荷しました。

Dsc09276

タイヤサイズは27インチのみです。

適応身長155cm以上とカタログにありますが正直ちょっとキツイかもしれません。

参考までに、サドル上面から地面までの最低寸法は81センチ、、重量は28.9kgあります。

Dsc09278

カラーはツヤケシカラーのマットアッシュ。

カラーのネーミングもそうですがなかなかカッコいい色です。

ツヤケシカラーはヤマハさんとして初めてだそうで、採用に際しとても勇気がいったそうです。

この手のカラーは車種によってはもっとあってもいいと思います。

ブレイスLのマットシルバーとかマットオリーブなんてのも渋くていいかも。

Dsc09280

バスケットは大きめのバッグがすっぽり収まるステンレス製のワイドバスケット。

ライトは明るい2WのLED。

タイヤも太くて丈夫なEマイティロードを採用し、手抜きなし。

Dsc09279

フロントフォークは標準品より骨太で頑丈なものが使われています。

Dsc09281

搭載バッテリーは8.9Ahですがモーターのアシスト力は同社のナチュラLスーパーほど強くありません。

ただしそれを必要としないほどの高性能な変速装置が採用されています。

Dsc09277

こちらがその変速機。

シマノの内装変速、インター8。

チェーン外れがほとんど無く、変速操作もスムースに行えてトラブルフリーで使えます。

ここからはちょっと面倒くさい考察を。

通常、内装変速といえば3段ですがトータルギヤレシオはナチュラMやラフィーニなどに採用されているSG-3R40で186%、ナチュラLスーパーなどに使われている強化タイプのSG-3R75で158%です。

SG-3R40の2速とSG-3R75の3速がちょうど同じギヤ比で、変速機単体で見ればSG-3R75のほうが低くて狭いギヤレシオになっています。

でも、実際装着されているスプロケットがナチュラM系やラフィーニ系は22T、ナチュラLスーパーは16Tと違いがあるためナチュラLスーパーのGD値が少なく極端に遅いというわけではありません。

トップギヤでのGD値の差は計算上58mmくらいナチュラLスーパーのほうが多いようです。

ミドルギヤなら73mm、ローギヤは526mmとシフトダウンするほど差が広がります。

ナチュラLスーパーはハイパワーのモーターでグングン上る、ナチュラM系やラフィーニ系はギヤ比を落としてモーター+人力でそこそこ上るという感じです。

で、肝心のインター8のトータルギヤレシオですが、なんと307%もあります。

下は0.527から上は1.615まであり、5速目がちょうど1:1の設定になっています。

速度域によっては6速、7速あたりでもペダルを踏み込めばグイッと加速しようとするくらいトルク感があって頼もしいです。

急坂も上れてスピードも維持しやすいというワイドなギヤレシオがインター8のウリです。

ちなみに、同じインター8のブレイスLやヴィエンタとは装着されているスプロケットが違いますので走行フィーリングは異なります。

詳しくは、書くのがしんどいので今回はやめときます。

Dsc09282

もちろん後ろのキャリヤはクラス27対応でチャイルドシートの取り付けの可能です。

世間ではイクメン増殖中ということなので、かっこいい電動アシストをとお考えのパパさんいかがでしょうか?

それではご来店お待ちしています。

|

« ハイディBの新色 ライトグレー展示中です | トップページ | ライトウェイ ソノマ に アルミフェンダー »

電動アシスト自転車」カテゴリの記事