« ビアンキ ローマ3 入荷 予定 Bianchi Roma 3 | トップページ | ルイガノ J16 & J20 »

2012年4月26日 (木)

PAS バッテリー診断機 導入しました

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

本日、ヤマハ製のリチウムイオンバッテリー診断機が届きましたので早速テスト。

ヤマハとブリヂストンのリチウムイオンバッテリーなら診断可能ですが、パナソニック、サンヨー製は診断できません。

Dsc09316

パソコンに繋げてこんな感じで診断します。

簡易診断ならあっと言う間に終了します。

バッテリー容量、電圧、内部温度、使用限界年数、使用限界容量、バッテリー残量別の充電回数など詳細なデータ解析が診断可能。

さらに放電診断も可能ですが8.9Ahバッテリーで105分もかかりました。

Dsc09317

放電診断中はただひたすら待つのみ。

Dsc09318

これが放電診断結果。

プリントアウトしてお渡しも可能です。

最新の長生きバッテリーならABCDの4段階評価が出てきますので、バッテリーの買い替え時期の判断にとても便利です。

でも、良くない使い方をした場合の記録もしっかり出てきてしまいます。

長期間放置の深放電、残量が多い状態からの充電など「いや、ちゃんと使ってましたよ」なんて言えなくなってしまいます。

メーカー保証を受けるには購入店で自転車の定期点検をしっかり受けるのはもちろん、説明書通りの使い方を心がけましょう。

診断の費用ですが、当店で電動アシストをご購入の方は簡易診断、放電診断ともに無料です。

他店購入車の場合、バッテリーだけを当店でご購入の場合は申し訳ありませんが有料となります。

診断機の導入費用が高額なため、誰でも無料とはいきませんのでご理解を。

簡易診断はその場でできますが、放電診断は一晩お預かりとなりますので予めご了承ください。

今後、当店でご購入いただいたヤマハ、ブリヂストンの電動アシスト自転車の定期点検時には簡易診断結果をプリントアウトしてお渡しします(パナソニックは不可)。

現在のバッテリーの状態を把握していただくことで、より上手な使い方を意識していただけると思います。

このように当店は売りっぱなしではありません、アフターサービスも充実しています。

定期点検、バッテリー診断、出張修理(港北、鶴見エリア限定)、代車サービスなどご購入のメリットいっぱいです。

電動アシストをご検討中の方は安心してお求めください。

|

« ビアンキ ローマ3 入荷 予定 Bianchi Roma 3 | トップページ | ルイガノ J16 & J20 »

電動アシスト自転車」カテゴリの記事