« ボバイク 取付け例 | トップページ | ギュットミニ リミテッド 限定モデル »

2012年3月 1日 (木)

ジョシスワゴンEA マットブラック

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

以前にもご紹介しましたが、またまたカラー変更を承りました。

今回はジョシスワゴンEAにマットブラックが無いということでのご依頼です。

塗り替えは分解、組立てがかなり大変なので自転車ご注文時にしかお受けできません。

Akjs1

塗装前の状態。

7分組みという未完成品で入荷したものを更にバラバラに分解し、骨組みだけにします。

Jbk1

塗装後。

ここまで約1か月かかります。

塗装費用は約4万円也。

明らかに素人仕事とは違い、とても高品質な仕上がり。

元のと比べて品質の差は歴然。

塗装はもちろんPROFITさんにお願いしました。

ここの塗装屋さんはファンが多く、あらゆる物を素材に優しい方法で塗装してくれます。

ブログを見ればわかりますが、ものすごく面倒なことでも手抜きをしません。

品物の取扱いもたいへん丁寧で、引き渡し時はいつも厳重に養生してくれます。

塗って欲しいものがあれば相談してみてください。

Jbk2

さて、組立てです。

いっぱい部品があります。

かかりっきりでも軽く数時間はかかります。

Jbk3

まず車輪のバリ取りから。

ジョシスワゴンはニップルつぶれが多いので、毎回タイヤの内部を確認する必要があります。

Jbk4

左は製造時に工具がカムアウトして頭がつぶれたニップル。

車輪の製造工程上、どうしてもこういったことが起こってしまいます。

特に小径なものほど多い気がします。

右のニップルは正常な状態。

少しトゲがあるくらいのものはヤスリで仕上げ、つぶれがひどいものは交換してしまいます。

多いときには車輪1本あたり10個以上交換が必要なときもありますが、金属片によるパンク防止のため欠かせない作業です。

Jbk5

ヘッド圧入→フォーク&ハンドル→サドル→バッテリーロック→リング錠→後ドロヨケ→ハーネスの順で組み付け。

これからドライブユニットを載せるところです。

せっかく塗ってもらったので傷つけないよう慎重に作業します。

Jbk6

ドライブユニット→後輪→チェーン→サイドカバーとほぼ形になってきました。

Jbk7

前廻りを組み付けてベース車が完成。

Jbk8

ハマックスの要、マウント部分の分解状態。

内部のネジが無理やり斜めに押し込んであるものがあるので当店ではバラしてチェックしています。

Jbk9

ボルトはトルクレンチを使用し、指定トルクで締め付けます。

Dsc09149_4

先日、他店でハマックス付きの電動アシストを購入された方が修理に来られました。

上のような状態でスリップ防止のラバーが半分以上カットされおり、使用しているうちにマウントが回転してバッテリーが割れていました。

割れた部分から水でも入ったら危険なので、バッテリーは買い替えになります。

最初は、てっきりご自身で取り付けたのかと思いましたが、ちゃんとしたお店で付けてもらったと聞いて驚きました。

「ほんまあの店むちゃくちゃヤリよんな。付ければええってもんちゃうやろ(怒)・・・」→オフレコ

個体によっては当店でもラバーをカットすることがありますが数年に1台あるかないかです。

もし切ったとしても、せいぜい端っこの1mmか2mmくらいで、写真のように数センチもカットしたらすべり止めの役割が果たせずバッテリーが押されて壊れます。

当店ではマウントや車体にダメージを与えない取り付け方法を採用しているので安心です。

Jbk0

できあがり。

シートパッドもブルーに変更し、スペシャル感アップ。

それではたいへんお待たせしました、W様お迎えお待ちしております。

|

« ボバイク 取付け例 | トップページ | ギュットミニ リミテッド 限定モデル »

電動アシスト自転車」カテゴリの記事