« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月22日 (日)

海外の子供乗せ自転車

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

今回は自転車先進国の子供乗せ自転車についてです。

日本とは違い色や形もそうですが、道路網の整備、利用方法、税金の優遇制度などうらやましい限りです。

ということは、自動車を買わないよう国を挙げて取り組んでいるとも言えます。

自動車産業のウェイトが大きい国にとっては考えられないような取り組み。

A1

Train

見たままです。

電車に自転車を持ち込めて、降りたらまた自転車に乗れるという素晴らしい交通システム。

自転車のデザイン、街の道路網、購入時の助成制度、電車への持ち込みなど、すべての構造が違います。

あたりまえのことを実行しているだけなんでしょうけど、それがなかなかできないんですよね。

Db

ダッチバイクと呼ばれるタイプ(日本で言うところのママチャリ)はEU圏ではとてもポピュラーです。

かなり頑丈につくられており、まさしく質実剛健。

上の写真は前後にBobikeのチャイルドシートを装着した典型的な使用例です。

スタンドは両足のセンタースタンド。

駐輪時には前輪が浮き上がりハンドルが切れ込んでしまい不安定になるので、センタリング機構がついています。

A2

前後Polisport仕様にウィンドガード、バジル社のサイドバッグ。

あちらでは日本で流通しているママチャリの輸入は禁止されているとドイツの方が言ってました。

理由は弱すぎるから。

積載重量も違い走行距離も違うのでより耐久性が必要なのでしょう。

そして何より体格が違いすぎます。

A3

そう、体格が違いすぎるのですcoldsweats02

丈夫じゃないともたないのです・・・・・失礼しました

A4

こちらは3人乗りの実例。

前の子も漕いでいるのでタンデム方式ですね。

交差点の一時停止で左右の確認はどうやってするんでしょうか?

道が広いのでおそらく大丈夫なのでしょう。

A5

そして何にでも上には上が居るものです。

恐るべし4人乗り。

オランダのデフィーツファブリーク社製。

前のチャイルドシートを後付けして4人乗りにしているようです。

無法地帯の新興国ではありません。

ちゃんとした自転車先進国での日常の風景です。

スイスイ走っているように見えますがバランスは大丈夫なのでしょうか?

とても長いのでマンションの駐輪ラックには入りませんね。

A6

そして、さらに上がいました。

驚愕の5人乗り。

といっても3輪タイプなので安定感はバツグン。

カーゴバイクというジャンルの自転車です。

デンマークのクリスチャニアバイク製で当店でもお取り寄せ可能です。

デンマークではオランダと違い3輪も広く普及しているらしく、街中で普通に見かけるみたいです。

A7

で、こんなカワイイのも。

たぶんメーカーは前出のデフィーツファブリーク社?(当店扱い無し)

あぁ、日本の道路事情がもっと良ければこんなのも走れるのに。

EU圏の街中の風景を見ているといかに日本が自転車後進国であるか実感できます。

日本はハードは得意でもソフトがダメだと何かの本で読んだような、まさにその通りです。

A8

幼稚園や保育所なんかでも活用できそうですね。

あと、遊園地や観光地とかで乗れたら楽しいかも。

A9

さきほどのクリスチャニアバイク

前輪にキャンバーが与えられており見た目よりはスムーズに旋回できます。

カーゴのグリップバーがハンドルになります。

車いすごと大人を乗せたり、子供とベビーカーとお買い物の荷物を載せたり、大型犬だって数匹は乗せられます。

用途はいろいろあるので道路が広い地域なら日本でも使えると思います。

問題は駐輪スペースの確保です。

出先ではなんとかなっても自宅の駐輪場に普通は入らないと思いますので法人利用がいいかも。

あと、坂道はしんどいそうなので平地での使用を前提にしたほうが良いと思います。

B1

これも日本で入手可能なトリオバイク(当店では扱っていません)。

やっぱ、外人さんは絵になる。

しかも背景がおしゃれすぎ。

このタイプは自転車とカーゴを切り離して別々で使うこともできます。

お値段は40万円なり。

高いか安いかはあなたが決めること。

ただ、デザインはかなり迫力がありカッコいいと思います。

B2

デンマークのニホラ。

横に2人並んで座れるなんて楽しそうですね。

B21_2

オランダのバブブ社製の3輪モデル。

バブブ社はラインナップ豊富でいろんなカーゴバイクを製造しています。

B22

メーカー名はわかりませんが、もしかして後輪操舵?

Tagag_4

日本でも入手可能なタガ(当店扱い無し)。

自転車というより自転車付きベビーカーという感じ。

他と違いコンパクトなので狭い日本でもなんとか使えそう。

でも本格的なカーゴバイクのようなヘビーユースには向かないような感じ。

B32

シート増設で3人乗りも可能。

ママが降りたらシーソーみたいにならないかな。

そこには触れてはいけない?

Tagah_2

折りたためばそのままショッピング可能。



Tagag_2
Tagah

B33

これも似たようなコンセプトのZIGO。

日本でも買えるみたいです(当店扱い無し)。

B4

デンマークのビンタカンガルー社製(当店扱い無し)。

カーゴデザインが未来的でカッコいい。

B5

座席も非常にスタイリッシュ。

夏も涼しく快適に乗れそうです。

荷物だってそこそこ入りそうですし、もう少しコンパクトで電動アシストならいいのに。

ヤマハさん無理ですか?

B6

3輪モデルすべてそうですが2輪に比べてコーナリングが苦手です。

とくに小回りが効かないので2輪のママ友たちと走っていたらたいへんかも。

でも目立つこと間違いナシ。

B7

読むの疲れたでしょうから、ここらでひとつ癒し系画像を。

あちらではこんなにちっちゃい頃からカーゴバイク(当店扱い無し)で遊んでいます。

国は違えど子供は大人の真似をしたがるもの。

文化として根付いていることを示す写真ですね。

Lg

デンマークといえばレゴ。

普通にカーゴバイクもあります。

もちろん当店では扱ってません。

D1

続いて2輪のカーゴバイク。

WORKCYCYLESさんオリジナル。

デンマークと違いオランダでは2輪のカーゴバイクがポピュラーだそうです。

D2

ワンちゃんだって乗りたい!

遠い公園まででも自転車でアクセスできます。

ちなみに後ろにはカムリとレガシィが。

日本のクルマはスゴイ、こんなとこまで。

日本の自転車はというと・・・・・やめときましょう。

Buillitt

2輪カーゴバイクでもスポーティなテイストのBULLITT

カーゴバイクの中でもダントツにカッコいい!

当店でも取り扱い可能です。

カラーは豊富で、他にジョンプレーヤースペシャルのカラーリングとかもありますのでいかがですか?

Bur2_6

さらに続きまして今度はトレーラータイプです。

バーレー社製(当店扱い無し)。

トレーラータイプは一番安全だとされています。

理由は、自転車とトレーラーの連結部分が自由に動く構造になっているため自転車が転倒してもトレーラー部分は倒れないからです。

デメリットもあります。

内輪差による乗り上げ、壁や障害物へのヒット、高さが低いので自動車の陰に隠れてしまうなど。

もちろん駐輪スペースの問題も。

トレーラー右後部の黄色いフラッグは自動車へのアピールです。

Chariot2

こちらはシャリオ製(当店扱い無し)。

やらないとは思いますが、こんなスポーティな走りにも対応。

慣性ドリフトも楽しそうですが、トレイラーだけこける可能性もあります。

普通に走れば安全てことですね。

以前、海外から帰国された方が持ち込まれてブリヂストンのマークローザに付けたことがあります。

以下おまけ画像。

D3

長すぎやろ~!

ビッグダディの家族全員乗れるかな?

確実に折れる。

Max

まさにカーゴバイクの真骨頂。

これが仕事というものです。

でも無理は禁物。

House

それ名案。

いつでも引っ越せる。

というか毎日が引っ越し。

Taxi

意味不明。

で、なぜかドヤ顔。

近寄りがたいのである意味安全かも。

Legobike

自転車バンザイ。

つまらない記事を最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

おしまい。

D2

|

2012年1月21日 (土)

ギュット & ギュットミニ 12Ah 限定モデル

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

2月20日にギュットシリーズの限定モデルが発売されるようです。

次期モデルのテスト販売か?はたまたヤマハ系8.9Ahへの対抗措置か・・・

とにかく12Ahという超大容量バッテリーを搭載して限定販売されます。

そこで、まだ一般的ではない12Ahという大容量バッテリーのメリット、デメリットを考えてみました。

【メリット】

単純にたくさん走行できるので、保育園などの送迎だけでなく通勤を組み合わせても使える。

8Ahのモデルに対して1充電あたりの走行距離が約1.5倍になり充電回数を抑えられる。

結果、バッテリーの買い替え時期も先延ばしにできるのでちゃんと使えば経済的なはず。

激坂地域の方なら上り坂は常にパワーモードで使用することも可能(もちろん走行距離は減少)。

【デメリット】

バッテリーが重い。

充電時間が6.5時間と長い。

同じバッテリーに買い替える時の出費が大きい。

重量が約1kg増える。

カラーが2色しか選べない。

本体価格が高い。

だいたいこんな感じでしょうか。

メリット、デメリットはそう感じない方もいると思いますが個人的な考察ですのでご参考程度に。

3人乗りの電動アシスト自転車に求められる条件はいろいろあります。

走行時と駐輪時の安定性、万が一の時の安全性はもちろん、坂道でのパワーやバッテリーの航続距離など。

この限定モデルはほぼすべてを満たしているのではないでしょうか?

商品展開ですがギュットミニ2色、ギュット2色の各200台ずつ、合計800台。

ギュットプラスの限定モデルはありません。

Photo

ギュットミニのさくらピンク(マットブラックもあり)。

12

ギュットのマットブラック(さくらピンクもあり)。

数台手配する予定ですが、確実にゲットしたい方はご予約をお願いします。

それではご来店お待ちしています。

|

2012年1月14日 (土)

アシスタリチウムDX SP & パス ナチュラMデラックス 入荷

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

年末にご紹介しました我が家のカブト虫ですが、おかげさまで無事に年を越しました。

さすがにもう高齢なので食事の介護が必要ですがなるべく長生きしてほしいものです。

長生きといえば「長生きバッテリー」を搭載した2012年ニューモデルの入荷が始まって

います。
Lidxsp

まずはブリヂストンのアシスタリチウムDXスペシャルデザイン。

アシスタリチウムDXのお洒落モデルという設定です。

写真のティールブルーの他にディープピンクとクローバーグリーンがありますが、どれも電動アシストらしからぬポップなカラーがウリです。

他のカラーはこちらをチェック→アシスタHP

Nmdxg

Nmdxbg_2

続いてヤマハのパス ナチュラMデラックス。

ブリヂストンのアシスタリチウムDXスペシャルのヤマハバージョンです。

ご覧のオリーブとベージュ以外のカラーはこちらをチェック→ヤマハHP

アシスタリチウムDXスペシャルのほうがお値段が¥2800高いのですが、以下の装備を追加して差別化しています。

大型のワイドステンレスバスケット(うれしい幅広タイプ、しかも錆びに強い)

1発2錠(後ろ鍵を操作するとハンドルも同時にロックされるセキュリティシステム)

2LEDのオートテール(夜間走行時の視認性をよりアップさせた安全仕様)

空気インジケーター(航続距離に影響するタイヤの空気圧低下をお知らせする空気ミハル君)

その他変速操作部分のデザインが少し違うのと、ベルの鳴らし方が違う程度です。

モーターや電池、タイヤなどは同じですので走行性能は同じです。

どちらも6.6Ahバッテリー搭載のミドルクラスですのでチャイルドシートを取り付ければお子さんを同乗させての走行もラクラクこなせます(3人乗りは不可)。

その他パナソニックの2012年モデル リチウムビビDXなども入荷済みです。

ご来店お待ちしております。

 

|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »