« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月28日 (水)

メンテナンスの重要性

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

この夏にお店の前でつかまえたカブトムシが12月28日現在まだ生きています!

だいたい9月か10月には死んでしまうことが多いので、もしかしてギネス記録樹立か。

人にたとえるといったい何歳くらいなのだろう・・・

毎日昆虫ゼリーのみを夜だけ与えて極力触らず、昆虫ケースは新聞紙でグルグル巻きにして寒くないよう介護しています。

ここまできたら一緒に年越ししたいものです。

そういえば以前飼っていたヒマラヤンも20歳という長寿でした。

あまり構いすぎないのが良かったのか・・・謎です。

しかし、自転車の場合は違います。

きちんとメンテナンスしないと長くは持ちません。

Dsc09123

先日、修理でお預かりした数十年前の自転車です。

十数年じゃありません、数十年前ですよ。

保管状況が良かったためスチール、アルミともに酸化の進行もほとんど無くとてもキレイでした。

古いフランスのパーツで組まれたとても高価な自転車です。

もともとお父様が所有されていたそうで、それをメンテナンスして乗り続けたいとのことです。

Dsc09130

今は無き老舗ブランドのALPS。

かっこいい。

Dsc09128

その当時の性能を味わえるフランス製サンプレックス社のリヤディレーラー。

決して高性能ではありませんが、ゆっくり走る気分にさせてくれます。

今では皆無の縦型メカですが、美術品のようなきれいなデザインです。

Dsc09134

装着パーツの中でいちばん気に入ったフランス製レオタード社のクイルペダル。

レオタードといえばプラットフォームが有名ですがクイル型も美形です。

数十年経過しているとは思えないほど滑らかな回転が印象的でした。

Dsc09133

こんなに古いものでも修理可能だなんて自転車はすばらしい!

と、実はここまでが前置きです。

本題はノーメンテナンスでご使用するとどうなるかというのがテーマです。

パナソニックのデラックスビビでご説明してゆきます。

Dsc08598

古いモデル(たしか十年くらい前)のため乗れる状態に戻すにはそれなりの費用がかかりますが、お客様のご要望で修理することになりました。

中学生や高校生のお子さんが使うとこうなることが多いですのですが、今回もやはりそうでした。

一見なんとも無さそうですが・・・

Dsc08600

グリップ(持つところのゴム)がありません。

ブレーキと変速のケーブルは被覆が劣化しているため中身が出てしまっています。

Dsc08607

ブレーキレバーは転倒時の衝撃でしょうか、破断しているためブレーキが効かなくなっています。

Dsc08601

前のギヤです。

歯先がすり減ってピッチが合わなくなりチェーンが浮いています。

こうなるともう末期症状です。

漕ごうとしてもチェーンが歯飛びして漕げません。

Dsc08611

歯先のアップです。

削れて歯が低くなってさらに先がつぶれています。

高負荷運転を繰り返すとこうなります。

特にオイル切れ状況下での高負荷運転は症状の進行を早めます。

高負荷運転とは重たいギヤ(シフト位置 3 )でスタートしたり、立ちこぎしたり、坂道を上ったりする使い方です。

モーターのパワーでなんとか走行できますが、そのぶん駆動系に負担がかかってしまい、いずれ壊れます。

特に、このモデルはチェーンの規格が3/32という薄歯タイプなのでモーターの駆動力と踏力でやられてしまうようです。

現行モデルは厚歯のギヤなのでここまで酷くはなりにくいのですが、オイルレスでの高負荷運転はやめたほうが良いです。

Dsc08599

チェーンのたるみを巻き取るチェーンテンショナーが役目を果たせていないため「ダラーン」とチェーンがたるんでいます。

Dsc08604

これがチェーンテンショナー。

バネの力で下方向へプーリー(小ギヤ)を押し下げチェーンを突っ張る構造です。

歯先がすり減りすぎてピンピンに尖っています・・・

プーリーは樹脂製のため、回転部分もダメになっています。

Dsc08605

ラフなブレーキ操作によって車輪がロックしてしまうと、フラットスポット(平面部)ができてしまいます。

強くブレーキをかけるごとにタイヤは平面部で止まろうとするため、路面との摩擦でこのように破れてしまいます。

Dsc08606

駆動系のパーツたち。

10年以上前のモデルでもこうやってすぐにパーツが手に入るなんてスゴイ。

Dsc08608

バラバラにしちゃいます。

小学生のとき、自分でタイヤ交換をしようとこんな状態にしてしまって戻すのに1時間くらいかかったのを思い出します。

Dsc08609

それが今では10分もかかりません。

使いやすい道具さえあればあっと言う間です。

しかし、ただ組み立てるだけじゃなく微調整がありますのでみなさんはおやめください。

このようにお子さんが使う場合は定期的にチェックし、ケガしないうちに点検や修理に出しましょう。

|

2011年12月14日 (水)

GIANT SNAP20 2012モデル 入荷

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

いよいよ駆け込み需要が本格化してきました。

品薄商品については問い合わせも多く、GIANT製品も例外ではありません。

Dsc09143

数か月前に予約発注しておいたスナップ20がようやく入荷しました。

今回入荷分はブラックが1台だけです、お早めに。

|

2011年12月13日 (火)

ビアンキ ローマⅡ 2012モデル 入荷

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

Dsc09144

いつも品切れのローマⅡが入荷しました。

ブラックが2台、ホワイトが1台のみです。

Dsc09146

毎年、感心させられるカッコいいデザインです。

ロゴマークだけでなくパイプの形状も変更されています。

ブレーキもシマノ製へと変更になり嫌な音鳴りが無くなりました。

Dsc09145

変速機もグレードアップし、よりスポーティな性格へ。

サドルにはチェレステのラインが入っていてめっちゃオシャレ。

欲しい方はお早めにご来店を。

|

2011年12月 7日 (水)

ジョシスワゴン マットブラックが人気

Hamakowa_2

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

ただいまジョシスワゴンのハマックス仕様が大人気です。

マットブラックが発売されてから一気に受注数が増えました。

大量に入荷しましたが、ほとんど売約済なので店頭在庫は数台だけです。

みんなハマックス仕様で嫁いでいきます。

Dsc09136

写りきらないくらいいっぱい入荷しました。

Dsc09139

納車待ちの図。

横浜はもちろん川崎や東京、千葉、埼玉などへ嫁いでいきます。

そういえば以前、小笠原の父島から来られた方も。

右端のはボバイクミニプラス仕様です。

Dsc09121

人とはちょっと違う仕様にしたい方、こんなのはいかが?

ピンクのステッチとダイヤカットの鋲打ちデザインのサドル。

ブリヂストンのカジュナ用を流用したさりげないカスタムです。

Dsc09120

どアップ。

同じ自転車に乗ってる知らない人と並んで駐輪したときにはちょっと優越感♪

Dsc09063

ついでにレーザーのMAX(ヘルメット)をご紹介。

珍しいカタログ外モデルです。

こちらは個数限定品ですのでお早めに。

|

2011年12月 1日 (木)

HYDEE.Bカスタム HYDEE.Beach

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

Dsc08857

あいかわらず品薄のハイディBを、思いつきでカスタムしてしまいました。

その名もハイディビーチ(HYDEE.Beach)。

Dsc09103

どうでしょう、このイカツイ風貌。

余計なものはすべて外し、まるで別の自転車みたいになりました。

これなら子供乗せを卒業したあともパパ用として活躍します。

もちろんママ用としても。

黒がイカツすぎるという方は、フレームカラーはホワイトをチョイスしサドルとグリップをブラウンにすればもっと優しい印象になるでしょう。

Dsc09104_2

サイドビュー。

ノーマルハンドルでもよかったのですが、スポーティな印象にしたかったので形状を変更。

スタンドもサイドスタンドにチェンジ。

Dsc09097

ペダルは、よりそれらしいものへと変更。

Dsc09094

タイヤはラインパターンにこだわり、クイックブリックを装着。

追加のバルブキャップもいい感じ。

Dsc09096

ハンドルのエンドキャップもCNCアルミのものへ。

Dsc09095

サドルも鋲打ちの幅広タイプに変更し、乗り心地アップとともに雰囲気を演出。

純正サドルが痛くて不評なのでこれはおすすめです。

Dsc09122

他にこんなサドルもあります。

Dsc09102

もちろんバスケットの取付もOK。

Dsc09106

純正フェンダーを残すとこんな感じ。

ちょっとモッサリかな・・・

Feltsffjpg

どうせフェンダーをつけるなら↑このショートフェンダーのほうがカッコいい。

でも、そのままは付かないのでちょっと工夫が必要かも。

欠品中につき実物が手元に無いので、パーツの写真でイメージをふくらませてください。

あと、テールランプか反射板も必要になります。

Dsc09111

ついでにトピークもセッティングしてみました。

乗り降りしやすくてカッコいいデザインの電動アシストってなかなか無いですよね。

ハイディBベースなら後ろ子乗せ対応のフレーム設計なのでとてもしっかりしていて使いやすいです。

Dsc09110

後ろから。

Dsc09112

実際のご使用ではフェンダー(バッテリー保護のため)、両立スタンド、ドレスガード、バスケット、ロックなどが必要になります。

元の状態に戻すついでに標準の迷彩シートでの組み合わせもつくってみました。

Dsc09113

純正シートでもじゅうぶんカッコいい。

本当はドレスガードをつけたり両立スタンド仕様にしなくてはいけません。

Dsc09114

純正シートだとキャリヤ直付のサークルをそのまま使用できます。

あと、ペダルにご注目。

純正ペダルだと「ヒールのかかとがペダルの穴にハマって怖い思いをした」という方のご意見を基に変更してみました。

ブリヂストンやヤマハの電動アシストに多く採用されているノンスリップペダルです。

穴を少なくし踏面をラバーコーティングしてあります。

取扱い説明書にもあるように、本来は自転車に乗る時ヒールは控えたほうが良いです。

Dsc09115

後ろのリフレクターが無いので点滅式のテールランプをつけてみました。

これもそのままは取付できません、加工が必要です。

カスタム費用は内容により異なりますのでご相談ください。

すべてフィッティングを確認しただけなので実物展示はしていません、ご了承ください。

それでは、ご来店お待ちしております。

|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »