« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月21日 (金)

2011 YAMAHA ヤマハ パス ナチュラS 入荷しました~

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

Pap_8798_2

先日ご紹介しましたヤマハのパスナチュラSが早速入荷しました。

従来モデルの「2倍長持ち」とした高耐久バッテリーを搭載し、より繰り返し充電に強くなりました。

1回の走行距離が長い方にはパナソニックの大容量バッテリー搭載車をおすすめしますが、距離はそれほど走らないけどほぼ毎日乗るという方にはこちらをおすすめします。

電動アシストに乗ってるという方ならご経験あるでしょうが、「中途半端にバッテリー残量が残って今日は充電しようか、しまいか微妙だな。途中で無くなったら困るし・・・」こんなお悩みから解放されます。

使える期間を2倍と考えず、寿命はいままで通り(約2年~3年)で本当の意味での継ぎ足し充電が可能になったと思えばとても使いやすいバッテリーだと思います。

というのも、従来のリチウムイオン電池は継ぎ足し充電可能と謳いつつも実際には繰り返し充電に強くはなかったので、結局使いきってから充電したほうが長持ちしました。

ですので個人的にはこう捉えます、「しょっちゅう充電できるバッテリー」。

さらには保証期間も延長され、バッテリーのみならずモーターやフレームにまで適応されるので嬉しい限りです。

これからの業界スタンダードになれば良いですね。

Pap_8795

バッテリーボックスはこんなデザインになりました。

従来品と互換を持たせていないためかバッテリーロックの取付ボルトピッチも変更されていました。

リヤキャリヤは最強のクラス27を標準で装備。

Pap_8797

このモデルは例のデジタルメーター仕様ではありません。

Pap_8796

ベルも地味に仕様変更。

以前はシフターのカバーに干渉してしまうデザインでしたが改良されています。

ベルのデザインはパナソニックの勝ち、と思います。

今回はアッシュゴールドとレッドが入荷しました。

ご来店お待ちしております。

|

2011年1月18日 (火)

HAMAX ハマックス 新色 & TOPEAK トピーク チャイルドシート 新色

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

当店で人気のチャイルドシート、HAMAXシリーズがモデルチェンジします。

ヨーロッパの雰囲気を残しながら、より日本人好みのカラーになったと思います。

輸入元さんによるとハマックスの新色はすべて3月下旬以降の入荷予定だそうです。

3月下旬ではありません、3月下旬以降の予定です。

Img085

まずはスリーピーの2色。

KISSにリクライニング機能をプラスしたタイプ。

KISSと同じようにラウンドした優しいデザインが特徴です。

Img088

続いて人気ナンバー1のKISS。

いままで通り3色展開です。

ブラックは継続で、他の2色もかわいいカラーになります。

Img087

そしてスマイリー。

ちょっと「いかつい」デザインです。

シートベルトの着脱がいちばんしやすいモデルです。

ご存じだとは思いますがHAMAXを取付可能な自転車はかなり限定されます。

どの自転車にでも取り付けることはできません。

取付可能かどうかは現物合わせになりますので電話でお問い合わせいただいてもお答えできません。

Img089

最後にロングセラー、トピークのベビーシートにブラックがデビューします。

いままで無かったのが不思議なくらいカッコいいカラーです。

トピークにはベビーシート(最大荷重18kg)とベビーシートⅡ(最大荷重22kg)がありますがブラックが発売されるのはベビーシート(最大荷重18kg)のディスクブレーキ非対応のほうだけのようです。

ディスクブレーキ仕様の自転車に取り付ける場合は、別売りの対応キャリヤが必要になります。

ベビーシートとベビーシートⅡのキャリヤは形状が違うため互換性はありません。

発売予定は2月の下旬以降とのことです。

トピークのベビーシートとベビーシートⅡは汎用性が高く、比較的いろんな自転車に取付が可能です。

こういったメーカー純正外品の取付に関しては、お電話ではなくご来店の上ご相談ください。

|

2011年1月12日 (水)

ヤマハ パスナチュラS パスナチュラM パスAmi など 新商品

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

1月の11日にヤマハさんの新商品が発表されました。

パナソニックさんが大容量バッテリーを採用するのに対し、ヤマハさんは繰り返し充電に強い高耐久バッテリーで対抗するようです。

従来モデルのリチウムイオンバッテリーとは互換性がありませんのでご注意ください。

また、特定部品に限り保証期間も延長されるようです。

バッテリーは2年、モーターとフレームに関しては3年と大幅に延長される模様。

Mn_03

機種によっては手元スイッチに電池の残量表示機能と速度表示機能が付くようです。

登坂時のアシスト力キープやバッテリーの使いこなし術に役立ちそうで便利な機能ですね。

まずは、パスリチウムSの後継モデルのパスナチュラS。

1月27日発売予定。

4.3Ahの高耐久バッテリー搭載モデル。

リヤキャリヤはうれしいクラス27対応(JIS D9453準拠)。

平坦地の多い綱島エリアならこれでOK。

Pasns

次にパスナチュラMデラックス。

パスリチウムMの後継モデルと思われます。

発売は3月10日と少し先になる予定。

こちらは6Ahの高耐久バッテリー搭載モデルでモーターも新型へ移行するそうです。

フレーム同色ペイントのリヤキャリヤがおしゃれです。

フレームの形状も少し優しい感じのデザインです。

こちらのリヤキャリヤもクラス27対応です。

急坂の多い日吉エリアでは、最低でもこのモデルじゃないとバッテリーがヘタってきた時に辛いです。

Pasnmdx

続いてパス アミ。

パスシティMリチウムに良く似ていますが後継モデル?

バッテリーは4.3Ahの高耐久を採用しモーターも新型へ。

ナチュラSのデザインモデル的存在でしょうか?

こちらも発売予定は3月10日と先になるようです。

Pasnami

最後にパスシティS。

ナチュラSをシティタイプにしてタイヤを27インチにしたモデル。

4.3Ah高耐久バッテリー搭載。

1月27日発売予定です。

Pasncs

詳細はメーカーHPにて→ヤマハ

|

2011年1月 6日 (木)

パナソニック 3人乗り対応 モデル

あけましておめでとうございます。

スポーク日吉店です

今年もマニアックネタと毒舌で行きたいと思いますので応援よろしくお願いします。

いよいよ発表されますよ、パナソニックの3人乗り対応自転車が。

2008年の末に「発売する可能性は低い」と3人乗り対応自転車に消極的だったパナソニックがとうとう発売に踏み切るようです。

約2年前に本社企画の方とお話しさせていただいた時には「もし何かあった時のリスクを考慮すると発売する可能性は低いですね」と断言していたはずですが、リスクは無くなったのでしょうかね。

パナソニックさんも商売ですから、ブリヂストンさんやヤマハさんにシェアを奪われているのが黙っていられなかったんでしょうね。

しかしながら選択肢が増えるのは良いことです。

ブリヂストンとヤマハの車種構成からして、実質ほとんど選択肢が無かったのですから。

予想ではアンジェリーノのような前後タイヤサイズの異なるモデルとアンジェリーノミニのように前後小さいタイヤのモデル、ボーテのような普通自転車のようなタイプのそれぞれ電動アシストモデルが発売されるんじゃないかと思います。

以上はあくまでも個人的な予想ですよ。

今現在写真も無ければ名前もわかりません。

もちろん詳しいスペックなども不明です。

発売は2月とのことです。 このブログでご紹介したとたんに発売が延期とのことで連絡が入りました・・・

いつ頃デビューするかは未定だそうです。

あいかわらず言うことがコロコロ変わるメーカーだなあ。

パナソニックの新商品も惹かれますが、大きな実績もあり熟成の進んだアンジェリーノのほうがいいかもしれませんね。

|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »