« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月26日 (金)

bobike + ジョシスワゴン & bobike + ボーテ

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

今回のテーマは、以前ご紹介したbobike(ボバイク)の取付例のご紹介です。

Pap_8677

まずはママにも人気のジョシスワゴンに前乗せタイプのmini+を取付けてみました。

とてもカワイイ組み合わせだと思いません?。

前にバスケットが無くても後ろに大きなバスケットを標準装備しています。

Pap_8676

前部のウィンドスクリーンは別売りです。

風防下部には「のれん」のような布製の風よけが装備されています。

柄はシートと合わせるのがオシャレ。

他にもレトロブラウン、カモフラージュの在庫があります。

寒いシーズンなら風よけ、春なら花粉よけ、夏なら虫よけなどシーズン問わず活躍します。

Pap_8679

もちろんカンタンに取り外しも可能。

オプションを付けずに、シートだけだとこんな感じです。

ボーテやボーテアシスタにも取付け可能です。

Pap_8671

他にサポートクッションもオプション装備可能。

Pap_8675_2

運転席から見たところ。

実際に約9kgのウェイトを乗せてテスト走行してみました。

直線走行 長めのホイールベースのおかげかまっすぐ走るぶんには素直な感じでしたが、小刻みなハンドル補正時にはウェイトの重みで操作が少し重く感じます(これは他メーカー製品でも同じ)。

カーブ走行 小径車特有のハンドルが深く切れ込んでいこうとする症状は思ったほど強く出なかったです。

蛇行運転 意図的に左右にグラグラさせてみましたが振れがいつまでも残るという印象ではありません。

歩道の段差超え タイヤが太いおかげで何のことなくクリア。

ペダルの漕ぎ心地 軽すぎず重すぎず軽快に走れました。ただし電動のようにどこでもラクラクというわけにはいきません。

感想 もう少しクセの強い乗り味かと思いきや、意外と普通でした。ただし自転車の挙動の感じ方には個人差がありますので練習は必須です。あとスタンドも必ず両立タイプに交換しないと片足スタンドだと乗せおろしの時に危険です。写真だと片足ですが両立スタンドも装着可能です。

年内中には現在開発中の別の車種にて試乗車をご用意できる予定です。

Pap_8698

ついでにジョシスワゴンの2011年モデル。

新色のベージュ。

前ブレーキの仕様も変更されています。

Pap_8695_2

個人的にはイマイチに感じたイエロー。

Pap_8696

そして何かの間違いであって欲しいブルー。

いろんなニーズがあることを再認識しました。

Pap_8684

続いてボーテにmaxi tourを取付けてみました。

色合いが良い感じ。

Pap_8685

ヘッドレストはこんなに高くまで調節できます。

さすがオランダ製。

Pap_8682

シートベルトもしっかり作り込まれていて調整、着脱ともにカンタンです。

Pap_8681

ヘッドレストもこの厚み。

とても重厚なつくり。

Pap_8683

U型のブラケットを自転車に水平固定し、そこにコの字形のスチール棒を縦方向に差し込み、天板部分にシート本体をボルト止めするという構造です。

ハマックスのように、方持ち構造でクッション性を持たせてあり乗り心地は良さそうです。

電動アシストへの取付けですが今の構造では不可能です。

U字形ブラケットのせいでバッテリーの着脱ができないためです。

ひとつ下のグレードのmaxi cityも同様です。

フットレストは高さを段階的に調節でき、さらにベルトで足の固定もできます。

今ブリヂストンでもリコールになっていますが、お子さんが乗り降りする際このフットレストに足をかけてよじ登る使い方すると確実に壊れます。

自転車大国オランダのメーカー のものでも同じです。

フットレストは走行時の足置き程度にお考えください。

撮影中にたまたまドイツ人のお客様が来られまして、ドイツでもbobikeはよく見かけるそうです。

Pap_8680

後姿。

ヘッドレスト後部の赤い部分はLEDランプですが点灯モードのみです。

シート後部にはオシャレなプリントが施されていて、いかにも外国って雰囲気です。

実際に10kgのウェイトを乗せてテスト走行してみました。

直線走行 後ろ荷重になるのとチャイルドシートのサスペンション構造のため初めはフラフラ不安定でしたが、しばらくすれば慣れました。

カーブ走行 後荷重のため前輪の接地感が少し弱く感じました。コーナーを攻めなければ問題ありません。

蛇行運転 意図的に左右にグラグラさせてみたら小刻みな横振れを感じますが、これは国内メーカーのものでもほぼ同じような印象です。チャイルドシートの揺れとフレームのねじれがミックスしているようです。「怖い」と感じるほどではありませんでした。

歩道の段差超え この自転車に限らず、きちんとスピードを落とせば問題なし。

ペダルの漕ぎ心地 ボーテはフレーム剛性が高いので車重が重いわりにスイスイ走れます。ただし電動ではないの急道は無理です。

感想 この組合わせに限ったことではありませんが、後乗せの場合ハンドルのフラフラ感は否めません。アンジェリーノのように前側が重く低重心の車種だともう少し安定感があります。お子さんを乗せていることを常に意識しゆっくり安全運転で。

純正品のチャイルドシートを組み合わせても同じようにフラフラしますので、過信せず慣れるまではウェイト等を乗せてきちんと練習してください。

Pap_8674

こちらはマークローザにmaxi+の組み合わせ。

ちょっと小振りなシートが特徴。

上位モデルに比べるとちょっと安っぽいつくりですが、何よりデザインがカワイイです。

ただいまフィッティングテスト中。

maxi+は取付の自由度が高そうなので他の車種でもテスト予定です。

Pap_8673

ボーテのほうがフレーム剛性が高いのでその辺の違いが気になります。

実際に10kgのウェイトを乗せてテスト走行してみました。

直線走行 よっぽど変な乗り方をしない限りとても素直な乗り味だと思います。直線走行時にわざと左右に激しくゆすってみても半テンポ遅れてゆらゆらしているような感覚でした。安いママチャリの後ろ乗せだと完全にワンテンポ遅れて揺れるので個人的にはこっちのほうが乗りやすいです。

カーブ走行 やはり前輪にも荷重をかけられるためコーナー侵入時もスムーズに感じました。連続したカーブでもきちんと思い通りに走ることができました。

蛇行運転 他とは違いちょっとハイペースで蛇行運転してみましたが、よほど乱暴な運転でない限りチャイルドシートとの一体感があります。

歩道の段差超え この自転車に限らず、きちんとスピードを落とせば問題なし。他の車種でもそうですが浅い角度での段差アプローチは危険です。

ペダルの漕ぎ心地 6段ギヤなのでこぐ重さの微調整ができ、緩やかな坂ならテンポ良くスムースに走れました。

感想 押して歩くときは要注意です。後チャイルドシートを取り付けた自転車は、Uターンでハンドルを深く切ったり車体を斜めに傾けすぎたりすると後ろが重たいせいで前輪が浮き上がり、あっというまにひっくりかえります。車体が軽い車種はとくにその傾向があり注意が必要です。たとえブリヂストンだろうがミヤタだろうが後にチャイルドシートを付けると同じことが起きますのでご注意を。

Pap_8672

仕事柄、街中の自転車はかなり観察しますが今まで1回も見かけたことのないデザインです。

それもそのはず神奈川県内には取扱店が少なく、当店含めて横浜市内に2軒しかありません。

通販も制限されているため流通量が極端に少ないです。

個性派ママなら気になるアイテムではないでしょうか。

Ca3f8630

もちろんハマックスも人気です。

ホワイトボディーにスマイリーのグレー。

Dsc08629

グリッターピンクにキスのブラック。

bobikeは輸入元やお店にもほとんど在庫が無く、なかなか入って来ないので欲しい方はお早めに。

|

2010年11月19日 (金)

GIANT SNAP スナップ 16 & BIANCHI banbino バンビーノ 入荷

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

今年のクリスマスプレゼントの準備はもうお済みでしょうか?

ルイガノのJ16の入荷が遅すぎるので違う車種をご紹介しようと思います。

Pap_8668

今年のクリスマス商戦にはGIANTも参戦。

こういった海外ブランドの幼児車は使いにくいものが多い中、これはかなり良い感じです。

サドル高があまり高くなく、重量も軽い。

そしてなにより一番のポイントはブレーキが良く効くことです。

効きすぎも危険ですがめいっぱい握っても効かないブレーキよりはマシかと。

海外製品で残念なのは後ブレーキがコースターブレーキ(ペダルを逆転させて効かせる方式)仕様になっているものが多いことです。

せっかくカッコいいデザインなのですが、使いこなせずほとんど乗らずに廃車で持ってこられることもしばしば。

GAINTのSNAP16は前後とも手でレバーを握ってブレーキをかけるタイプですが、握力の弱い小さなお子さんでもしっかりブレーキが効くようVブレーキというスポーツ自転車用のブレーキを採用しています。

前にバスケットも取付可能です、ご相談を。

オススメです!

Pap_8667

続いておしゃれキッズに乗って欲しいビアンキのバンビーノ。

アルミフレームなので軽くて扱いやすいです。

海外ブランドにしては珍しく、前バスケット、フェンダー(タイヤのところのカバー)、全面チェーンカバーなど日本ブランドのようなスペック。

サドル高はちょっと高めです。

Pap_8665

そしてクリスマスといえばルイガノ。

毎年この時期必ず活発に動く商品です。

こちらはJ206のレッド。

子供用ですがスポーティな乗車ポジションでガンガン走れます。

Pap_8666

そしてワンサイズ大きめ、J22のグリーン。

ギヤの段数が格段に増えてビュンビュン走れる。

やはりルイガノはカッコいい。

Pap_8663

こちらはJ24のホワイト。

軽いアルミフレーム、フロントサスペンション、21段ギヤとスポーツ車として妥協のないスペック。

コイツに乗ればお友達からは羨望の眼差しを浴びることになるでしょう。

J206、J22、J24の他のカラーですが、ご用意できるものもありますのでお尋ねください。

Pap_0078

そしてライトウェイのZITT2020。

カラーはご覧のターコイズ、ホワイトの2色。

20インチサイズながらギヤは驚きの18段!

小さくたって装備はいっちょ前。

フレーム素材も軽量なアルミなのでとても扱いやすいです。

海外系ブランドのジュニアマウンテンは男女問わず乗れるデザインなので兄妹(姉弟)で長く使えますよ。

Ca3f8658

たまには店内の様子も。

身長110くらいから乗れる男の子用自転車のゾーンです。

20インチから26インチのジュニアマウンテンでゴチャゴチャしてます。

Ca3f8638

こちらは女の子用自転車のゾーン。

こちらも身長110cmくらいから乗れるカワイイ自転車をいろいろ展示。

この裏側の通路には、身長95cmくらいから乗れる12インチから18インチの補助輪付きの自転車がズラッと並んでいます。

欲しい車種があればお早目のご予約をおすすめします。

ルイガノのJ16に関してですが、ご予約いただいてもカラーによっては年内入荷が無いものもありますのでご注意ください。

8月に発注したものが来年2月以降の入荷になっているカラーもあります・・・

早めにお買い上げいただきましたプレゼントにつきましては、クリスマスまでお取り置きも可能ですのでお申し付けください。

|

2010年11月17日 (水)

ベガスだらけ & 2011 ジョシスワゴン 情報

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

ベガスの2011年モデルたちが入ってきました。

同じ自転車でもカラーによってかなり雰囲気が変わります。

Pap_8661

この他にグラデッドイエローといってオレンジとイエローのツートンカラーもラインナップされています。

Pap_8659

こちらは2011年モデルのクリームアイボリーと2010年モデルベガスEAのブラック。

クリームアイボリーは早速売約済となりました。

Pap_8660

もちろん2010年モデルも展示中です。

モデルチェンジでグリーンは無くなってしまいますので狙っている方はお早めに。

ついでにもうじき発表される2011モデルのマークローザ情報。

先日のサイクルモードで頒布されていた最新2011カタログに掲載されています。

Img080

上のはホリゾンタルといってフレームの昔っぽいデザインがポイント。

一応男性向けですが、たまに女性の方もデザインに惹かれて購入されます。

Img081_2

こちらはスタッガードといってで乗り降りしやすいよう設計されています。

ホワイトはよほど売れたのかモデルチェンジ後もバッチリ継続。

モダンレッドも継続カラーとなります。

現行モデルではワイヤー錠が付属していますが、モデルチェンジ後はリング錠仕様になります。

カラーによってはメーカー在庫ありますのでご注文可能です。

そして2011年モデルのジョシスワゴンですが最新情報をキャッチしました。

同一コンセプトでブレーキの強化、カラーの改廃が行われる模様です。

出荷開始時期は来年の1月下旬頃で価格は据え置き。

変速なしのモデルは無くなる見込みです。

色の展開についてですが、ホワイトとグリッターピンクは継続で他の3色は変更されます。

新色はサンドベージュ、パッションブルー、アクティブイエローです。

個人的にはマットブラックかマットグレーのように無機質な感じのカラーも設定して欲しかったです。

画像は今月中にまた公開予定です。

|

2010年11月10日 (水)

JAB TRADIST LTD など 2011年モデル ドンドン入荷中

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

ぼちぼち2011年モデルのスポーツ車の入荷が始まりました。

Ca3f8641_2

まずはビアンキのJAB7100。

お家芸のホワイトパーツで統一されていてビアンキらしいデザイン。

Ca3f8643

前後ともにシマノの油圧ディスクブレーキを装備。

Ca3f8642

フロントサスペンションは手元のレバー操作でロックアウト可能。

Ca3f8644

そしてなんといっても、注目はこのリヤディレーラー。

上級モデルのXTです。

しかもカッコいいシャドータイプ。

これだけの装備と美貌でお値段たったの¥97650(定価)。

もちろん早い者勝ち。

Pap_0020

こちらはまだ未入荷ですがKUMA5300(クマ)。

これもお手頃な¥70350(実売6万円台)。

ご予約受付中です。

詳しくはビアンキのHPをどうぞ

Ca3f8648

続いてジャイアントのTALON。

オフロードモデルらしい迫力あるデザインです。

大人の泥んこ遊びはこれで決まり。

Ca3f8646

そしてこちらは弟分のROCK。

身長150cmから乗れるXXSサイズなら、ジュニア車を卒業したお子さんでもOK。

シンプルに見えますが、4万円台のモデルとは思えないフレームワークでとても高級感があります。

GIANTのHPはこちら

Ca3f8651

昨年売り切れてから問い合わせ続出だったTRADIST LTD。

ブロンズアルマイトのパーツ構成で再びデビュー。

派手さは無いのになぜか存在感があるセンスの良い自転車です。

Ca3f8652

姉妹車種のTRADIST D。

要するにドロップハンドルです。

でもパーツ構成は結構違います。

ホイールやギヤの段数、シフトレバーの位置など。

パーツのグレードは全体的にLTDのほうが高いです。

Ca3f8653

アルマイトパーツはブルーで統一。

まるでカスタムしたような雰囲気。

Ca3f8645

続きましてFELTのQX65のブルーパール。

余計な装備を排した、ベーシッククロスバイク。

これから自転車通勤を始めようという方にお勧めです。

Ca3f8647

こちらはQX65のレディースモデル。

カラーはリップスティックレッド。

こちらはすでに女性の方が購入されましたので店頭にはありません。

最近1人でスポーツサイクルを見に来られる女性が増えたように感じます。

乗りたい自転車のイメージも明確にお持ちの方が多く、お話しがスムースに進むことが多いです。

どれにしようかといつまでもモジモジ悩んでいる男性と違い、バシッ!と即決される方が多いような気が・・・

Ca3f8649

同じくFELTのQX70のマットブラック。

Ca3f8650_2

色違いのチョコレートパール。

他にアルパインホワイトが入荷しましたが入ったその日に売れちゃいました。

QX65との違いですが、フロントにサスペンションが付くのが大きな違いです。

あと細かいところだと、フロントのギヤがシマノ製になり、ハンドルバーの形状もフラットになります。

カラー展開もグレードによって異なります。

詳細はこちら

スポーツサイクルは前後のホイールが簡単に外せるものが多く、ステーションワゴンなら2台くらいは入りますので、目的地までは自動車でアプローチしてあとは自転車で散策なんてのもおもしろいですよ。

今から来年の春にかけて続々ニューモデルが入荷しますので欲しいモデルがあればご予約はお早めに。

|

2010年11月 5日 (金)

bobike

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です

本日、幕張にて開催されているサイクルモードに行ってきました。

平日だというのにとても大盛況で、一般入口にはすごい行列ができていました。

それでは数あるアイテムの中からbobikeのチャイルドシートをご紹介します。

本体はもちろんブラケットやネジ類に至るまでオランダで製造されていると聞いて感心しました。

利益最優先主義に陥っている某日本メーカーも見習ってほしいものです。

品質をウリにしていたはずの日本製品がいつのまにやらチャイナだらけ。

メーカーというよりは、商社化してしまっているのが自転車メーカーの現状です。

いつの日か自転車業界に日本の製品が復権することを願います。

輸入元さんのHPでは、日本の街中であまり見かけることのない変わった自転車も紹介されていますよ。

詳しく知りたい方はこちら

Ca3f8654

前用と後用があり、それぞれにいろんなカラーがチョイスできます。

IKEAのテキスタイルカーテンみたいな柄がいかにもヨーロッパデザイン。

Ca3f8655

こちらが装着例。

青いシートは日本限定カラーらしいです。

やっぱりゲルマン系自転車はカッコエエなあ。

日本のママチャリには無いおしゃれな雰囲気に惹かれます・・・

|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »