« アンジェリーノアシスタ デラックス 限定モデル 入荷 | トップページ | ビアンキ ローマ Ⅱ 入荷 »

2010年2月26日 (金)

ラフィーニ VS アンサンブル

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

この時期、電動アシスト自転車の購入を検討されている方多いのではないでしょうか?

特にお子さんを乗せて幼稚園や保育園への送迎用としてよくご相談を受けます。

今回は後乗せタイプの電動アシストを比較してみたいと思います。

1台はヤマハのラフィーニ(ブリヂストンのボーテアシスタと基本的に同じです)。

もう1台はパナソニックのリチウムビビアンサンブルです。

本当はヤマハパスシティMリチウムとビビアンサンブルの比較が適当ですが、シティMリチウムよりラフィーニ(ボーテ)のほうがお問い合わせが多いのでこの2車種で比較しました。

価格だけ見ればラフィーニのほうが高いですが3人乗り対応の頑丈設計であること、容量の大きな6Ahバッテリーを搭載していること、同乗者にも傷害保険(1年)がつくこと、4月30日まで限定でヘルメットプレゼントキャンペーンをやっていることを考慮すれば価格差は納得できるレベルだと思います。

Rf1

こちらがラフィーニで新色のエメラルドグリーン。

ダークブラウンのパーツ類と相まってとてもエレガント。

Rf4

バスケットはうれしい大型サイズ。

しかもステンレス製。

大切なバッグ類を傷つけないようネジ類には樹脂カバー付きです。

Rf3

ハンドルストッパーはアンジェリーノにも採用されているものと同じでテモトデロック2。

慣れればどうってことありませんが操作にコツが必要。

Rf5

スタンドは断然ラフィーニがすごい。

なぜかというと3人乗り(幼児2人同乗)対応だから。

幅が36cm、奥行きが11cmもあります。

お子さんを乗せたままのスタンド立てを優しくサポートします。

タイヤも通常より太くたくましいものが採用されています。

Ans1

ライバルのリチウムビビアンサンブル。

バッテリーは5Ahなので走行距離等の基本性能はかないません。

メーカーさんによると3人乗りにも対応していないということです。

でもよ~く観察してみると、とても意識しているように見えます。

「基準は満たしているけどメーカーとして推奨はしませんよ」てことかな。

まずフロントフォーク(前輪を支える部分)がより強度を増したユニクラウンというタイプになっています。

次にメインフレームも2本パイプになっていて、ネジレ対策ではないかと思われます。

ハンドルも前用チャイルドシートを取付けやすいよ~にデザインされています。

スタンドはちょっともの足りませんがこれでじゅうぶんなようにも思えます。

以上はあくまでも推測です。

メーカーさんが「やめて」という姿勢なら従うほうが賢明です。

何かあるといけないので・・・

「標準以上のスペックですよ」というのを伝えたいだけです。

Ans2

前カゴはステンレスではありませんが、とても頑丈そうです。

Ans3

そしてアンサンブルでいちばんアピールしたいのがココ。

スタピタと言ってスタンドを立てるとハンドルも一緒にロックしてくれるという便利な機構。

操作しなくていいとうのがうれしい。

Ans4

リヤキャリヤは当然クラス25対応。

横方向にねじったり押したりしてみましたがビクともしません。

個人的にサドルはこっちのほうが好みです。

ペダルをこいでいる時にお尻の位置がずれないのでしっくりきます。

まとめ

●ラフィーニはこんな方におすすめ

・お子さんを2人乗せる(かもしれない)。

・パワフルかつ走行距離重視。

・小柄なのでフレームパイプをまたげるか心配。

●アンサンブルはこんな方におすすめ

・そんなに遠くへは行かない。

・操作はひとつでも少ないほうがいい。

・ミーハーなのはイヤ。

こんな感じです。

参考にならなかったらゴメンなさい。

タイトルにはありませんがパナソニックの新製品、リチウムビビFXスペシャルデザインとブリヂストンのアシスタリチウムロイヤルもちょっとだけ。

Fxsd1

こちらがFXSD(スペシャルデザイン)。

バッテリーは7Ahですが充電可能な回数からするとヤマハの6Ahがライバル。

モーター出力も5Ahクラスよりパワフルな設定。

Fxsd5

チェーンカバーは全面を覆う形状になっています。

Fxsd7

後同乗器を付ければママ仕様もOK。

Fxsd8

変速機はシマノの新製品で各社ハイパワーモデルに採用されている強化タイプ。

遊星差動機構を採用していて以前はいちばん重たいギヤ(高負荷)に入れたとき、内部の遊星ギヤで増速させていました。

このモデルはよりハイパワーなモーターに対応させるため、いちばん重たいギヤに入れたとき差動ギヤを介さずハブシェルにダイレクトにパワーが伝わるよう設計されています。

ちょっと専門的すぎましたが、要するに頑丈にしましたってことです。

Img060

最後にアシスタリチウムロイヤル。

先日都内で試乗会があったので乗ってきましたが、はっきり言ってこいつはスゴイです。

何が何でもパワー重視ならこれ。

見た目は普通ですが中身は・・・

たとえば、ファミリーカーにスポーツカーのエンジンを載せたようなイメージです。

ママチャリタイプがイヤならスタイリッシュなT字ハンドルのシティモデルもあります。

かなり急坂での試乗でしたが、大排気量の自動車のようにとてもトルク感のあるパワー。

走行時のパワー特性もギクシャクした感じはなく、とてもスムーズにアシストしてくれます。

ただ、今までの感覚でこぎだすと出足はちょっと怖いくらいの加速です。

電動アシストが初めての方にはあまりお勧めできませんが、買い替えを検討されている方で今までパワー不足を感じていたなら満足できるレベルにあると思います。

普通の自転車では考えられない「坂道を楽しめる自転車」です。

|

« アンジェリーノアシスタ デラックス 限定モデル 入荷 | トップページ | ビアンキ ローマ Ⅱ 入荷 »

電動アシスト自転車」カテゴリの記事