« ビアンキ ローマ Ⅱ 展示中 | トップページ | ジョシスワゴン に ハマックス »

2010年1月22日 (金)

ヤマハ パス リチウムS 2010モデル 試乗レポート

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

先日ヤマハ パスリチウムSの試乗車(2010年モデル)が入荷しましたので早速試乗してきました。

まずは商品のご紹介。

見た目で大きく印象が変わったのは前のバスケット。

角型から丸型へ変更。

その他はほぼ2009年モデルと変わりません。

搭載バッテリーも4Ahのままです。

Dsc08177

アシストフィーリングが2009年モデルよりも向上しているということですが、平地で乗り比べた感じではあまり違いを実感できませんでした。

パワーモードに入れて2速(3速)発進すると、言われてみればスムーズかな?という程度です。

この機種に限らずですが、小さいカーブの立ち上がり(Uターンなど)ではパワーが掛かりすぎてちょっと怖いかもしれませんので、アシスト特性に慣れるまではパワーモードではなく標準モードで乗ったほうが安全と思います。

Dsc08039

モーターのカットモデルです(リチウムSのものではありません)。

緑色の基盤が見えますが、ここでアシスト力をコントロールしています。

Dsc08040

こちらはバッテリーのスケルトンモデル。

見えてても何がどうなっているのかさっぱりわかりません・・・

Dsc08180

ブレーキまわりはレバー形状の変更、ブレーキシューも形状変更しています。

ブレーキレバーが長くなり、深く握りこめるようになったため、制動力が若干アップしているように感じます。

Dsc08178

リヤキャリヤは素材が太くなり頑丈そうです(クラス25)。

それでは試乗レポートに移ります。

今回はちょっとハードに6つの急坂にチャレンジしてきました。Dsc08170

まずは日吉本町5丁目界隈の坂道。

手前はゆるく最後はキツくなっています。

3速パワーモードでスイスイです。

2速なら標準モードでも楽勝でした。

Dsc08171

途中で見つけた急坂。

パークヒル日吉裏の坂です。

2速パワーモードでクリア。

Dsc08172

場所を移動しまして綱島ゴルフ練習場の坂道。

ふもとから頂上まで約300mあります。

最初は緩やかですが、途中で急にキツくなります。

普通の自転車の方は途中から降りて押していました。

2速パワーモードでグイグイ走行。

1速にするとさらにラクラクです。

Dsc08173

またまた途中で見つけた名も無い坂道。

約50mくらいの短い急坂です。

道幅が狭いせいか、かなり急坂に感じましたが2速パワーモードであっさりクリア。

Dsc08174

以前パスブレイスでテストした千代田坂。

複合勾配で、ふもとから頂上まで200mほどあります。

2速パワーモードでOKでした。

1速パワーモードでも平気でしたが遅すぎてイライラします。

自転車で下っている人はいますが上っている人はほとんど見かけません。

Dsc08175

駒林神社の坂道。

ここはカーブ混じりの複合勾配です。

上まで約150mあります。

ここは自転車を利用している方をよくみかけます。

【 テスト条件 】

天気      晴れ(寒い)

走行距離   約10km

走行時間   1時間

選択ギヤ   平地は3速、坂道2速

荷物      なし

走行モード  ほとんどパワーモード

空気圧    ぱんぱん

この条件で急坂を電池の節約を意識せず走行しました。

【 結果 】

満充電から残量計読みで約半分になりました。

参考までにカタログ値では、標準パターン(業界統一の測定方法)で約15km走れるとのことです。

ただ、さすがにこんなに急坂を走りまくる人は少ないでしょうから通常使用ではもっと走れるでしょう。

【 感想 】

やはり電動アシストはすごい、1時間走りっぱなしでも全然疲れません。

ふだん坂道で自転車を利用している人にとってはとんでもなく便利な乗り物ではないでしょうか。

今回ご紹介したような坂道はかなり急なので、お子さんを同乗させる場合はひとクラス上の6Ah~7Ahバッテリー搭載車種をお勧めします(パワーと電池の持ちが違います)。

タイヤの空気圧を低めに設定し坂道を上ってみましが、明らかにしんどいです。

バッテリーの持ちやタイヤの寿命にも影響しますので1か月~2カ月に1回は空気圧をチェックしましょう。

10kmという距離感ですが、当店からららぽーと横浜まで約9km、IKEAまで6.5km。

東急日吉駅から綱島駅まで約2km、綱島駅から菊名駅までが約3kmです。

実際のご使用では、1日に10km走るのがたいへんなことだというのがおわかりいただけるかと思います。

今回のデータは使い方(ギヤやモード選択)、乗る人によって結果が違いますのであくまでも参考程度にしてください。

|

« ビアンキ ローマ Ⅱ 展示中 | トップページ | ジョシスワゴン に ハマックス »

電動アシスト自転車」カテゴリの記事