« いろんな便利アイテムのご紹介 | トップページ | 後用チャイルドシート 新製品 »

2009年11月11日 (水)

2010年モデル 新型 ふらっかーず

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

本日ブリヂストンと丸石の新車発表会に参加してきました。

今回はブリヂストンではなく敢えて丸石のご紹介をしたいと思います。

たぶん、まだどこにも紹介されてないと思います。

メーカーのHPにも出ていませんので鮮度の高い情報です。

その昔、子供乗せ自転車のベンツとまで称された子乗せの定番ふらっかーずに新機種が登場します。

Dsc07863

フレームはアルミを採用し、同仕様のアンジェリーノよりも約2kg軽く仕上がっています。

この2kgの差はママたちにとっては重要じゃないでしょうか?

軽量化はどんな装備よりもうれしいことだと思います。

自転車はある程度までなら簡単に軽量化できます。

でも強度を維持しながらとなると非常にコストがかかってしまいます。

安くて軽い自転車は要注意、軽量なのではなく少ない材料でつくられているせいです。

薄っぺらいフェンダーに薄っぺらいサドル、短い虫ゴム、細いタイヤ、さらに細いチューブなど書き出すときりがありません。

車体も弱くフニャフニャで、持つと軽いのに走ると重いのはそのせいです。

持ちあげた時に軽ければ、走りが軽いとは一概には言えません(重いとよく走るとも言えません)。

新しいふらっかーずはパイプの内部構造を工夫することで大幅なコストアップをすることなく強度維持を実現しています。

この製法は以前アンジェリーノの記事でもご紹介しましたが、ブリヂストンでも似たようなフレーム構造を採用しています。

タイヤの大きさは前輪が22インチ、後輪は26インチ、変速なしと3段変速付きがあり、メーカー希望小売価格はそれぞれ¥57800、¥62800です。

発売時期は2010年3月頃の予定で写真の車両はサンプルのためさらに細かい手直しをするかもしれないとのことでした。

参考資料には幼児2人同乗対応とありましたので発売時には車体にシールが貼り付けられるはずです。

実車を見た印象ですが照明のせいもあってか、とても高級感がありました。

赤色もいいですがアンジェリーノにはないパープルもキレイでしたよ。

Dsc07853

カラーは奥に写っている淡いグリーン、後部だけ写っているブルー、パープル、ベージュ、レッド、写真はありませんがブラウンの6色展開。

Dsc07854

リヤキャリヤ、ダブルスタンドはご覧の通りとても頑丈そうです。

アンジェリーノと装備面で比較すると、自光式ソーラーテール ランプを装備していたりチャイルドシートのベルトが5点式だったりと子供乗せ自転車のパイオニア的存在ということもあってか細かいところまでこだわりが感じられました。

スタンド操作と連動したハンドルロックも便利な装備ですね。

アンジェリーノとふらっかーず、特にどちらが優れているというわけではないので選択肢が2つあると思っていただけるといいでしょう。

その他のメーカーのコピー商品群は比較対象にはなりません。

見た目は似てても何から何までぜ~んぜん違いますので論外です。

Dsc07862

新聞等でご存じの方も多いと思いますが、こちらはふらっかーずC2。

幼児2人同乗基準に適合させるためにできた自転車。

C2はChildの頭文字のCから子供2人を安全に乗せられるようにとネーミングされたそうです。

他のふらっかーずと違いキャリヤ(荷台)ではなくフレーム(車体)にチャイルドシートを取り付けているため、より大きなお子さんが同乗してもふらつきにくい設計です。

さらに、こぎ出しやすくスムーズに加速できるようギヤ比も若干低めの設定です。

普通のふらっかーずよりも低重心で安全設計というコンセプトのようです。

後ろに取り付けられているチャイルドシートは標準装備のものでOGK社のRBC-007DXSです。

C2ブラウンという丸石オリジナルカラーで一般の問屋さんでは扱っていません。

このチャイルドシートのみも取り扱う予定ですので欲しいという方はお問い合わせください。

|

« いろんな便利アイテムのご紹介 | トップページ | 後用チャイルドシート 新製品 »

チャイルドシート付自転車」カテゴリの記事