« ピンク ピンク ピンク | トップページ | 街乗りアイテムのご紹介 »

2009年1月31日 (土)

人とはちょっと違う自分仕様にしませんか?

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

今回は自分仕様にプチカスタムということで、ドイツのRIXEN&KAUL(リキセンカウル)社のアイテムを使ってご紹介します。

Escmn3

通勤にも使えるかわいい自転車というのをテーマにライゼンタールのバロックサンドをジャイアントのエスケープミニに装着してみました。

ライゼンタールは名前のまんまreisenthel(ライゼンタール)社とRIXEN&KAUL社とのコラボモデル。

カラー展開は以下の通りです。上段は現在販売されているカラー。

下段は今春発売予定のモデルです。

Reisenthel

上段左からバロックサルファ(バロック=ゆがんだ真珠、サルファ=硫黄)、バロックサンド、ブラック、レッド。

下段左からバロックネイビー、フォークロアブラック(フォークロア=民族風習、伝承)、モカ、カクタス(サボテン)。

軽量なアルミ枠に耐久性の高いポリエステル素材の組み合わせです。

容量は約15リットルで耐荷重は5kgまでです。

Escmn1

カスタムポイントは純正の白いサドルに合わせたホワイトのレザーグリップとホワイトのLEDライトです。

Escmn2

実際にライゼンタールを自転車に取り付けるには別売りのアタッチメントが必要です。

このエスケープミニには2種類のアタッチメントを使って取り付けました。

Dsc06910

続いてライゼンタールのブラック。

ベース車はブリヂストンのベガスです。

Dsc06911

ブラックで統一されてスタイリッシュな印象です。

ご近所へのお買い物等にいかがですか?

Dsc06912

標準装備のキャリヤは同時装着できないので取り外しました。

ランプヘッドもダイナモ本体下へ移動してあります。

バスケットの取付にはヴォーバウというアタッチメントを使用しました。

Dsc06913

上部は巾着のようになっていて、雨天時の雨除けやとび跳ね防止、ひったくり防止にもなります。

Dsc06914_2

ライゼンタールは簡単に自転車から外すことができ、バスケット単体でのご使用も可能です。

Doggy

ライゼンタールを取り外してDOGGYに付けかえるとワンちゃんとのお散歩仕様に早変わり。

Mrg2

最後にサイドバッグのチータプラス。

ブリヂストンの最新モデル、マークローザホリゾンタルに装着してみました。

テーマは日帰り旅行のできる自転車。

マークローザについて詳しくはメーカーHPをご覧ください。http://www.relaxybike.jp/markrosa/index.html

チータプラスのカラー展開は以下の3色です。

Tita

手前からブラック、ベージュ、グリーン。

Mrg1

実際に自転車に装着するにはパイプ径がφ6mmからφ16mmのリヤキャリヤが必要になります。

Mrg4

今回はTOPEAK社のスーパーツーリストDXというキャリヤを装着しています。

赤いテールランプは別売りでINFINITYのアポロという商品です。

Mrg3

バッグの容量は約20リットルです。

左右両方つければ倍の約40リットル、さらにリヤキャリヤのトッププレート部やにフロントキャリヤにも積載可能ですから日帰りと言わず2泊3日以上の旅も不可能ではありません。

いかがでしたか?ちょっと部品を変えるだけでも印象が変わりますし使用範囲も広がります。

自転車は純正部品でなくても取り付け可能な場合が多いので、カスタムの幅がとても広いのです。

サイドバッグについては同じくドイツのORTLIEB(オルトリーブ)社のものも世界的に有名です。

RIXEN&KAUL、ORTLIEBの商品詳細については下記HPをご覧ください。

http://www.g-style.ne.jp/

|

« ピンク ピンク ピンク | トップページ | 街乗りアイテムのご紹介 »

自転車」カテゴリの記事