« FM横浜の藤田君が取材に来られました! | トップページ | 新基準対応 電動アシスト 発表されました »

2008年12月18日 (木)

パナソニック 新型 電動アシストと3人乗り自転車について

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

本日、パナソニックの新型電動アシスト自転車の発表会がありました。

新モデルを3機種試乗しましたがここで感想を書くのは控えさせていただきます。

以下、各モデルの走行距離はあくまでも目安であって保証値ではありません。

走行距離については使い方、気温、道路状況やメンテナンス状態でかなり差が出ます。

各モデル1月から2月にかけて順次発売されます。

価格も未定とのことですが12月19日に新聞やホームページで発表されるかもしれません。

それでは少しだけですがご紹介します。

P1000391

上のモデルは長距離対応の10Ahバッテリーを搭載したリチウムビビEX。

走行距離は144km/84km(エコモード/オートマチックモード)です。

P1000392 

こちらは5Ahバッテリー搭載のリチウムビビDX。

走行距離は72km/42km。

当店へは2009年1月10日前後に数台だけ入荷予定です。

P1000387

こちらもDXタイプ。

5Ahのバッテリーを搭載し高い電圧を比較的長く維持できることからパワフルなアシスト感が長続きします。

急な坂道や後ろにお子さんを乗せての走行に向いています。

P1000393

アルフィットビビSP2の後継モデル、SS。

3Ahバッテリーは満充電からの電圧の低下が早いためパワフルな走行は得意としません。

ゆるやかな坂道か平地で近距離でのご使用に向いています。

電動アシスト自転車は用途にあわせてラインナップされていますので価格だけでグレードを選ぶと失敗しますよ。

このモデルの走行距離は43km/25km。

P1000388

SSのシティタイプ。

3Ahバッテリー搭載で、走行距離は43km/25km。

P1000398

宝島社の女性誌 InRed とのコラボモデル A.girl's です。

5Ahバッテリー搭載で走行距離は72km/42km。

デザイン的にはブリヂストンのベルトロEAを意識した商品のようです。

P1000394

チャイルドシート付きの電動アシスト、リチウムビビチャイルド。

走行距離は66km/40km。

P1000402

リヤチャイルドシートの取付を前提としたリチウムビビアンサンブル。

5Ahバッテリー搭載で走行距離は72km/42km。

P1000380

メインスイッチのデザインも一新されていました。

標準モードが無くなりエコモードに変わっています。

アシスト比アップに対応するための策だと思われます。

すべての人が高いアシスト比を求めているわけではないので、走行距離を重視される人向けにエコモードが選べるようになりました。

P1000381

弱点であったベルも内側に配置することで壊れにくくなりました。

P1000389

こちらはアシスト比1:1のモデルRX-5Uですが回生充電機能付きのモーターを前輪に搭載しています。回生充電機能付きのためエコモードはありません。

従来通りの強モード、標準モード、オートマチックモードの3種類となりこれに回生充電を組み合わせる仕様となっています。

後ろにチャイルドシートを取り付けても前輪が浮き上がりにくいので 安心です。

5Ahバッテリー搭載で回生充電+オートマチックモードで91km、回生充電+標準モードで62km走行できます。

各2009年モデルではアシスト比がアップしていますが新設計のリチウムイオンバッテリーがモーターとの通信をより緻密に行うことで従来品より走行距離が著しく低下しないように改良されています。

展示会と技術講習の終了後、特別に本社の商品企画の方とお話しさせていただく機会を設けていただいたので前後チャイルドシート付きの3人乗り電動アシスト自転車について聞いてみました。

答えは即答、パナソニックとしては消極的で難しいとのことです。

たとえ法律的に許されたとしても3人乗っても安全な自転車なんて作れないからというのが理由です。

3輪タイプも話題になりましたが車幅が広く重量が重すぎて扱いにくいこと、乗れる場所が限定されすぎること、路面の影響を受けやすいこと、駐輪するのにかなりのスペースが必要なことなど自転車としての実用性に乏しいという結論でした。

安全か危険かという判断は走る場所や乗る人によって異なり、誰が乗っても安全な3人乗り自転なんて不可能というのが現状です。

補強をしっかりして3人乗ってもふらつかないようにつくればいいじゃないかと言いたいところですが、問題はそこではありません。

そもそも自転車は不安定な乗り物ですから、たとえ3輪であっても転倒するリスクを無くすことはできません。

安全かどうかは一体だれがどのように判断するのか?

法律的に許されていてるからといってすぐ商品化するのは無責任ですし、もし何かあった時のリスクを考慮すると発売する可能性は低いということでした。

ただ、パナソニックさんもビジネスでやってますから、マーケットが出来上がってきたところであとだしジャンケンしそうな気もします。

安全な自転車というより安全に走れる自転車専用道路とマナーが必要なんでしょうが、なんとかならないですかね~

|

« FM横浜の藤田君が取材に来られました! | トップページ | 新基準対応 電動アシスト 発表されました »

電動アシスト自転車」カテゴリの記事