« 新型 ロペタ 入荷 | トップページ | ベガス 2009年モデル »

2008年11月 8日 (土)

2009年モデル マリン サンラファエル 入荷しています

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

各メーカーぼちぼち2009年モデルの入荷が始まっています。

来年の3月までにスポーツバイクだけでも50台くらいは入ってくる予定です。

すでに入荷済みの新商品もあり、たとえばルイガノのTR-2、ジャイアントのクロス3、GTのアバランチェとトランセオなど。

そんな中、今回はマリンのサンラファエルをご紹介します。

そのほかラークスパーやケントフィールド、ミアーウッズ、ノヴァト、コルテマデラなどもオーダーしていますがいつ入荷するかは未定です。

Dsc06623

ご覧の通りルックス的にはとてもシンプルで好感が持てます。

シンプルなのに高級感を醸し出すところはさすがMARINです。

Dsc06622

組立途中の写真です。

インポーターからはいわゆる7分組という状態で送られてきますが、まずは部品を外して素っ裸にしちゃいます。

理由はかんたん、作業効率を重視するライン作業では組み立て精度に限界があるのでお店で手直しするためです。

自転車メーカー出身である私のコダワリですが、そのこだわりのおかげで作業が深夜におよぶこともしばしばです。

やらないと気が済まない性分なもので・・・作業が終わると達成感とともに緊張が解けてグッタリしてしまいます。

自転車の場合、家電製品などとは違い入荷したものをそのまま売り場には出せません。

入念な組み立てや調整、経験によるひと工夫を施すことで商品となり売り場に並びます。

能書きはこれくらいにして、それではサンラファエルのご紹介です。

Dsc06625

ハンドルはアップライトポジションを取れるよう角度調整式です。

シフターは故障しにくいシマノのレバー式を採用(24段変速)。

Dsc06626

フロントサスペンションは坂道や加速時に無駄な動きを抑えられるようロックアウト機構を搭載。

Dsc06631

車輪はダブルウォール(ボックス構造)リムを採用しています。

構造的にリムの強度を上げられることから材料の肉厚を薄くすることができ、車輪全体の強度を保ちつつ軽量に仕上げることができます。

このことがスポーツバイク特有のキビキビした走りや軽快な乗り味を生み出しています。

クロスバイク系だと7万円くらいのものはほとんどがダブルウォールリムを採用していますのでスポーツ系クロスバイクならこのクラスがお勧めです。

中には5~6万円台でもダブルウォールリムの商品もありますが、サスペンションが無いものや駆動系のグレードダウン、サドルの快適性といったコストダウンがちゃっかり行われていたりします。

スーパーやディスカウントで売られているスポーツ自転車(見た目だけ)が漕いでも漕いでも重くて進まないのはこういった構造的な違いがあるためです。

車体重くて弱い+車輪も重くて弱い+不完全調整・・・これでは乗ってて楽しいはずがありません。

価格が高ければ良いというものでもありませんが、自転車に限らず相場より安くて良いものなんてほとんど見たことがありません。安物を妥当な価格で売っているのは良く見かけますが・・・

少しお話は逸れますが私は経験上、安物買いにはリスクが伴うと思っているので最安!、激安!と見るとそのお店や商品を避けるようにしています(たまにラッキーもあるとは思いますが)。過去に目先の安さで目くらましをくらい何度か失敗しました。

安物買いをするとたいてい購入後の対応が良くないか費用を負担するからと言って他店へ丸投げされます。最悪の場合泣き寝入りしたりと何度か嫌な思いもしました。

自転車の場合は定期的な点検が必要ですのでなるべく持っていける範囲のお店で買いましょう。

ささいなことでも気軽に持ち込めるお店が近くにあるって安心ですよ。

買ったままずっと乗れる自転車なんてありませんからね。

|

« 新型 ロペタ 入荷 | トップページ | ベガス 2009年モデル »

スポーツ自転車」カテゴリの記事