« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月19日 (水)

ブリヂストンの新製品 マークローザ

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

都内で行われたブリヂストンサイクルさんの新車発表会に出席してきました。

ずっと気になっていた新商品のマークローザを中心に少しだけご紹介します。

Dsc06703

新ブランドということもあり、気合いの入った演出がされていました。

とてもおしゃれな雰囲気です。

Dsc06707

スポーツサイクルのような街乗りサイクルとでも言いましょうか、ママチャリとは一線を画したデザインです。

写真のモデルはスタッガードモデルといってフレームパイプがまたぎやすいように低くデザインされています。

専用パンフレットによるとサドル最低地上高は77cm、身長144cmから乗れることになっています。

身長144cmの方が乗る場合の足着き性について考えてみます。

日本人の平均股下寸法は老若男女ともに身長の約45%くらいというデータ(人間特性基盤整備事業統計)からすると144cmの45%は64.8cm。サドル最低地上高の77cmから64.8cmを引くと12.2cmとなり、身長から考えて仮に足のサイズが22cmくらいだとするとつま先はちゃんと着きそうです。べったりかかとまでは着きませんが、このくらいのほうがペダリングはスムースです。

ただしこれはあくまでも計算上ですから実際にはハンドルまでの距離なども乗りやすさに関係してきますので参考程度にしてください。

重量は標準仕様車で約16.1kgと(一般的に自転車の重量は18kgから20kgくらい)とても軽く扱いやすそうです。

Dsc06704

こちらは色違いです。

チェーンガードのデザインが見たことあるような・・・気のせいですかね。

私が以前修行させていただいていた山奥に工房がある自転車メーカーのデザインにとてもよく似ています。

Dsc06706

さらに色違いです。

スタッガードタイプは全部で7色展開とすごい力の入れようです。

Dsc06701

こちらはホリゾンタルタイプといいましてフレームの上パイプが地面と平行にデザインされています。

パンフレットによるとサドル最低地上高84cm、身長155cmから乗れるようです。

車体重量はオプションなしの標準仕様車で約16.1kgです。

タイヤは26インチですがフレーム(車体)は27インチの寸法を採用していますのでどちらかと言えば男性向けのモデルです(ホイールベースの長さとハンドル~サドルまでの長さが通常の26インチよりも長い)。

カラーは5色展開、全体的に渋めの色使いです。

いつも通り話が逸れますが個人的にこの形に弱く、18年前に買ったMTBもホリゾンタルフレームでした。

当時としてはごく当たり前のデザインでしたが、今ではほとんど見かけなくなってしまいました。

すごく気に入って買った自転車だったので手放すことができず今でも活躍中です。

話戻ります、これら以外にもemeters付きのモデルもあり、バスケットやリヤキャリヤもオプションで発売されます。

メーカーさんの標準現金販売価格は¥37800~¥39800です。

マークローザの発売時期は2009年1月下旬以降とのことです。

装備とルックスを考えると、この価格は安いと思います。

Dsc06711

先日すでにご紹介済みですが、ベガスシリーズの新色も撮影してきました。

Dsc06708

20インチバージョンのピンク色。

タイヤの大きさといいこの色といい可愛すぎます。

Dsc06710

男女お揃いで乗るのもありですね。

Dsc06714

相変わらず撮影下手でスミマセン。

一応水色ですがかなり薄い色合いです。

Dsc06709

新色のはずのオレンジ。

モデルチェンジ前と変わったのかな?

Dsc06715

これはベガスではなくベルトロですが新色ということでついでに。

「本格的なスポーツバイクまでは要らないけどフツーのママチャリは絶対に嫌だ!」という方にはマークローザがピッタリです。

実物見たら欲しくなっちゃうと思いますよ。

|

2008年11月14日 (金)

2009年モデル ぞくぞく入荷中

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

本日入荷した2009年モデル速報です。

GIANT DEFY 3 465mm ブラック/シルバー 1台

GIANT SEEK R2 480mm ブラック(濃い紫色) 1台

ビアンキ Collina 17”(430mm) ホワイト 1台

以下、入荷済みの商品です。

ルイガノ TR2 420mm アイボリー 1台

ルイガノ LGS FIVE 420mm グリーン 1台

ルイガノ LGS FIVE 420mm ホワイト 1台

今月下旬に以下の商品が入荷予定となっています。

ルイガノ LGS TR2 420mm ブラック 1台

KHS F-18カプチーノ ブルー 1台

KHS F-18カプチーノ ピンク 1台

GIANTのDEFY3とビアンキのColinaホワイトは組立が間に合っていませんので写真はありません。

Dsc06695

GIANT SEEK R2 ブラック 組立中です。

Dsc06696

ルイガノ LGS FIVE グリーン、とてもきれいな色です。

Dsc06697

同じくLGS FIVE のホワイト、ルイガノの定番カラーですね。

Dsc06698

こちらはTR2 アイボリー。

オプションで両立スタンド仕様にしてチャイルドシートを取り付けることもできます。

幕張でのサイクルモード開催後、スポーツバイクのお問い合わせが急増しておりますので、今回ご紹介の自転車がご成約となってしまった場合はご了承ください。

|

2008年11月12日 (水)

ジオス ジェノア

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

今回は毎年のようにクリスマスプレゼントとして指名買いされていく人気車種、ジオス社のジェノアをご紹介します。

ルイガノも毎年人気ではありますが今年は品薄、納期不明瞭、値上げ等で希望のサイズやカラーを希望の日時までに手に入れるには相当苦労しそうです。

今すぐ注文しても納車予定が来年の6月以降というとんでもないことになっている車種もあります。

その点ジェノアは比較的輸入元さんの在庫状況も安定していますので今の時点では手に入りやすいので狙い目です。

Dsc06653

誇らしげなヘッドバッヂ。

ステッカーではありません。

ひと目でイタリアンブランドとわかるデザインですね。

このジオスブルーがメーカーのトレードマークになっています。

Dsc06672

24インチの横から見たイメージです。

適応身長は125cmから145cmです(カタログ値)。

適応身長はあくまでも目安であり、実際にすわってみないと乗れるかどうかは判断しにくいです。

フレーム素材はいっちょまえにアルミで、重量はわずか12.5kg(24インチ)です。

サイズは24インチのほかに20インチと22インチがあります。

カラーは全4色でジオスブルーのほかにレッド、イエロー、ホワイトがあります。

Dsc06670

前からの写真です。

イタリアンブランドらしい優雅さと、MTBのタフさを上手くミックスさせたデザイン。

Dsc06671

後ろからですが、大人用と間違えるほど精悍なルックス。

Dsc06658

ブレーキは本格的なVブレーキを採用し、安全でキビキビした走りをサポート。

Dsc06659

ご覧ください、この太くて逞しいタイヤを。

そういえばこの車種はあまりパンク修理にも来ないような・・・

Dsc06657

24インチモデルのギヤは前後あわせて、な、な、なななんと21段も!

子供用にそこまで要るかよ?というお父さん、子供の頃を思い出してみてください。5段より6段ギヤのほうがカッコ良く、しかも速そうに感じませんでしたか?

片手を離して足の間にあるシフトレバーをガチャッっとシフトアップした時快感でしたよね?シフトチェンジしている自分をカッコよく思いませんでしたか?

ギヤは使うかどうかよりもお子さんの反応、満足度がぜんぜん違いますよ。

ジェノアに乗っていると周囲の友達からは羨望の眼差しです。

ギヤは多いからといって壊れやすいわけでもありませんし、成長とともに好んで使用するギヤの組み合わせも変化していきますので少ないよりは多いほうがいいです。

Dsc06682

人気のオプションパーツもご紹介します。

まずはライト。

こちらはドイツのTRELOCK社(トレロック)製LEDライトです。

デザインが日本のメーカーと違い、舶来品の雰囲気が漂います。

5つのLEDが対向車に自分の存在をハッキリとアピールします。

Dsc06681

このライトのすごいところは横からや斜め後方からも存在をアピールできる点です。

デザインだけでなく機能性にも優れていて個人的に好きなブランドです。

Dsc06676

次はボトルケージです。

以前、この自転車を選んだ男の子曰く「ここに付けるのがカッコいいんだよ!」とのこと。

一般的な子供用自転車の場合、この場所に取り付けることはできません。

このボトルケージは水筒やペットボトルのサイズに合わせて大きさを変更できるスグレモノです。

Dsc06674

次はカギです。

車体に据え付けタイプのカギも取り付け可能です。

ワイヤー錠はお子さんには面倒くさすぎますのでこちらのタイプがお勧めですよ。

Dsc06661

そのほかのサイズのジェノアも展示中ですので、ついでにまとめてご紹介です。

22インチのジェノアです。

ギヤは18段で適応身長の目安は120から135cm(カタログ値)です。

Dsc06662

20インチバージョンです。

ギヤは6段だけですがフレームはちゃんとアルミ製で約11.7kgしかありません。

適応身長は110から130cm(カタログ値)です。

毎年12月に入ると輸入元さんの在庫が一気に動き出しますので気になる方はお早めに。

|

2008年11月10日 (月)

お店の場所と駐車場のご案内

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

最近お問い合わせが多いので、お店の場所と駐車場をご紹介します。

Img017

住所は横浜市港北区日吉本町4-7-30です。

オーケーさんと同じ通りです。

マップ内の当店ななめ向かいにあるセブンイレブンさんはガソリンスタンドのENEOS跡地に春くらいにオープンしましたので、少し前の地図にはENEOSと表示されているはずです。

次に駐車場の場所です。

お店の前はバス通りで、歩道は小さな子どもやベビーカーが良く通りますので歩道に乗り上げての駐車は絶対にしないでください。

ご協力よろしくお願いします。

駐車場は当店直近の信号を南下して約60メートル進んで右側にあります(クリエイトさんのある通り)。

駐車場入り口右側のフェンスに赤い大きな案内看板がありますので見落とさないようゆっくり走行してください。

当店の駐車場は月極駐車場ですので必ず指定場所に駐車してください。

上の地図とは南北が逆になっていますのでお間違えのないようご注意ください。

Photo_2

|

2008年11月 9日 (日)

ベガス 2009年モデル

ごらんいただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

ブリヂストンの、のんびり系自転車 ベガス の最新情報です。

Img029

上の画像は2009年カタログからの切り抜きです。

マル秘情報というわけではありませんがブリヂストンさんのHPにはまだ公開されていません。

仕様についてはご覧のように大幅な変更はありませんが、カラー展開の変更と定価が全モデル¥2000(税込)アップします。

サイズ展開については従来通り20インチと26インチです。

カラーの変更は以下の通りです。

2008年モデル     → 2009年モデル

レッド&ベージュ     → 若干変更

EXブラック          → 変更なし

PXオーロラホワイト → 変更なし

PXボトムブルー   →EXマリノブルー(20インチ専用色)

PXトラッドグリーン  →EXサンドベージュ(20インチ専用色)

FXパッションオレンジ→EXキャロットオレンジ(20インチ専用色)

EXオーキッドピンク →EXペスカピンク(20インチ専用色)

11月中旬から下旬にかけて出荷を開始するそうです。

ちなみに来年のカタログの表紙は志田未来さんになっています。

Img030

2009年注目の新モデルとしてマークローザという車種が発売されるようですが2009年カタログにも掲載されておらず詳細は不明です。

近々新車発表会がありますのでチェックしてきます。

|

2008年11月 8日 (土)

2009年モデル マリン サンラファエル 入荷しています

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

各メーカーぼちぼち2009年モデルの入荷が始まっています。

来年の3月までにスポーツバイクだけでも50台くらいは入ってくる予定です。

すでに入荷済みの新商品もあり、たとえばルイガノのTR-2、ジャイアントのクロス3、GTのアバランチェとトランセオなど。

そんな中、今回はマリンのサンラファエルをご紹介します。

そのほかラークスパーやケントフィールド、ミアーウッズ、ノヴァト、コルテマデラなどもオーダーしていますがいつ入荷するかは未定です。

Dsc06623

ご覧の通りルックス的にはとてもシンプルで好感が持てます。

シンプルなのに高級感を醸し出すところはさすがMARINです。

Dsc06622

組立途中の写真です。

インポーターからはいわゆる7分組という状態で送られてきますが、まずは部品を外して素っ裸にしちゃいます。

理由はかんたん、作業効率を重視するライン作業では組み立て精度に限界があるのでお店で手直しするためです。

自転車メーカー出身である私のコダワリですが、そのこだわりのおかげで作業が深夜におよぶこともしばしばです。

やらないと気が済まない性分なもので・・・作業が終わると達成感とともに緊張が解けてグッタリしてしまいます。

自転車の場合、家電製品などとは違い入荷したものをそのまま売り場には出せません。

入念な組み立てや調整、経験によるひと工夫を施すことで商品となり売り場に並びます。

能書きはこれくらいにして、それではサンラファエルのご紹介です。

Dsc06625

ハンドルはアップライトポジションを取れるよう角度調整式です。

シフターは故障しにくいシマノのレバー式を採用(24段変速)。

Dsc06626

フロントサスペンションは坂道や加速時に無駄な動きを抑えられるようロックアウト機構を搭載。

Dsc06631

車輪はダブルウォール(ボックス構造)リムを採用しています。

構造的にリムの強度を上げられることから材料の肉厚を薄くすることができ、車輪全体の強度を保ちつつ軽量に仕上げることができます。

このことがスポーツバイク特有のキビキビした走りや軽快な乗り味を生み出しています。

クロスバイク系だと7万円くらいのものはほとんどがダブルウォールリムを採用していますのでスポーツ系クロスバイクならこのクラスがお勧めです。

中には5~6万円台でもダブルウォールリムの商品もありますが、サスペンションが無いものや駆動系のグレードダウン、サドルの快適性といったコストダウンがちゃっかり行われていたりします。

スーパーやディスカウントで売られているスポーツ自転車(見た目だけ)が漕いでも漕いでも重くて進まないのはこういった構造的な違いがあるためです。

車体重くて弱い+車輪も重くて弱い+不完全調整・・・これでは乗ってて楽しいはずがありません。

価格が高ければ良いというものでもありませんが、自転車に限らず相場より安くて良いものなんてほとんど見たことがありません。安物を妥当な価格で売っているのは良く見かけますが・・・

少しお話は逸れますが私は経験上、安物買いにはリスクが伴うと思っているので最安!、激安!と見るとそのお店や商品を避けるようにしています(たまにラッキーもあるとは思いますが)。過去に目先の安さで目くらましをくらい何度か失敗しました。

安物買いをするとたいてい購入後の対応が良くないか費用を負担するからと言って他店へ丸投げされます。最悪の場合泣き寝入りしたりと何度か嫌な思いもしました。

自転車の場合は定期的な点検が必要ですのでなるべく持っていける範囲のお店で買いましょう。

ささいなことでも気軽に持ち込めるお店が近くにあるって安心ですよ。

買ったままずっと乗れる自転車なんてありませんからね。

|

2008年11月 2日 (日)

新型 ロペタ 入荷

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

まだ未発表商品ですがブリヂストンの新型ロペタをご紹介します。

Dsc06619

まずはキャッチーなネーミングの由来から。

ロペタの「ロ」は英語で低いという意味の「ロー」、「ペタ」は日本語の平べったいという意味の「ペッタンコ」、このふたつを組み合わせて「ロペタ」となりました。

それでは自転車のご紹介です。

ロペタは24インチでは小さすぎるのに26インチでは大きすぎるという方にぴったりの低床式自転車です。

目安ですが適応身長は132cmくらいからになります。

フレームをはじめ各構成部品をアルミ製にすることで全体の重量も軽く仕上がっています。

タイヤは耐摩耗タイプのタフロード、後ブレーキは冷却フィン付きのローラーブレーキなのでしっかり良く効くのはもちろんブレーキ音がキーキーうるさくありません。

Dsc06621

低いのはサドルだけではありません、ハンドルも低く設定できるようにヘッドパイプも短く設計されています。

Dsc06620

今回のモデルチェンジでライトがLEDになり、低速走行時の視認性がアップしました。

他にオートライト仕様モデルもラインナップされています。

|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »