« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

アンジェーリーノ全シリーズ 展示中 

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

入荷待ちだったアンジェリーノアシスタが入荷し、アンジェリーノ、アンジェリーノミニ、アンジェリーノRと全シリーズ(全色ではありません)が揃いました。

Dsc06615

アンジェリーノアシスタのナチュラルオリーブ。

Dsc06616

こちらもアンジェリーノアシスタでカラーはサンドベージュ。

アンジェリーノではありませんが、その他ぞくぞく入荷していますのでついでにご紹介します。

Dsc06609

ヤマハのパスシティFリチウムのトラッドブルー。

ずいぶん明るい色に見えますが、実際はもっと落ち着いた印象です。

Dsc06610

同じくパスシティFリチウムのブラックワインです。よーーーくみると少し赤っぽいです。

Dsc06611

こちらは男性にも人気のパスシティSリチウムです。

上のFリチウムとは違いタイヤが27インチです。

しかもハンドルの施錠装置付きです。

フレームも上パイプがストレートタイプになりスタンドも両立てではなく片方だけのサイドスタンドになります。

Dsc06612

パナソニックのアルフィットビビシティ、久々の入荷です。

バッテリー容量が小さいので長距離走行やお子さんを乗せての走行には不向きですが、軽い坂道くらいなら難なくこなせます。

Dsc06614

パナソニックのアルフィットビビSP2。

こちらもバッテリーは3Ahなので長距離走行、お子さんを乗せての坂道走行には向きません。

1日の走行距離が3キロ~5キロ程度の方にお勧めします。

4Ah以上のバッテリーを買い足せば走行距離はアップしますが、ワングレード上のリチウムビビDXを買ったほうが出費を抑えることができるうえ装備的にもずいぶん良くなります。

リチウムビビDXとアルフィットビビSP2の違いはバッテリー容量だけではありません。フレームをはじめタイヤやスタンド、サドル、ライト、ハンドルストッパーなど何もかもが違います。

電動アシスト自転車は用途に合わせてお選びください。

Dsc06617

ついでのついでに、こんなのもアリマス。

さすがにこれは電動アシストではありませんが、このように前輪が大きく後輪が小さいタイプの自転車をオーディナリー型とかダルマ型自転車と呼んでいます。

大昔の話ですが明治維新の後、十五代将軍であった徳川慶喜もダルマ自転車に乗っていたそうです。

個性的なルックスとは裏腹に結構乗りやすくギヤがあるので比較的スピードも出ますよ。

人とは違う自転車に乗りたい方、いかがですか?

|

2008年10月22日 (水)

GIANT 2009年モデル

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。FM横浜84.7でスポークグループのCM中です♪

GIANT JAPANのWEBサイトでニューモデルがご覧いただけるようになりました。

http://www.giant.co.jp/giant09/index.php

実車の迫力とまではいきませんが、とても大きな画像がご覧いただけますのでチェックしてみてください。

ニューモデルのDEFYシリーズやSEEK Rシリーズに注目!

|

2008年10月19日 (日)

廃車処分無料クーポン配布中♪

いつもご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

当店では11月30日までに自転車をお買い上げいただくと、1台お買い上げにつき1台を無料にて廃棄処分させていただきます。

(廃車処分のみは行っておりませんのでご注意ください!)

配達可能エリア内であればお届け時に引き上げも可能(配達料は別途必要)ですのでお買い上げ時にご相談ください。

廃車無料クーポン券は下記にて配布しておりますので印刷してご来店時に忘れずお持ちください。

クーポン配布はこちら→http://www.e-page.co.jp/shop/3695/

この機会をお見逃しなく、ぜひご利用ください。

|

2008年10月17日 (金)

アンジェリーノ シリーズ

Dsc06593

アンジェリーノ、アンジェリーノミニ、アンジェリーノRの三姉妹が揃いました。

今月末にはアンジェリーノアシスタも入荷予定ですのでアンジェリーノの全タイプをご覧いただけるようになります。

Dsc06589

手前の水色がアンジェリーノ、真ん中の赤がアンジェリーノミニ、奥のアイボリーがアンジェリーノRです。

Dsc06590

アンジェリーノのアップ。

シートクッションまでライトブルーで清潔感があります。

Dsc06591

低重心設計のアンジェリーノミニ。

アンジェリーノミニとアンジェリーノRの詳細についてはこのページの下のほう(以前の記事)にて詳しくご紹介していますのでご覧ください。

Dsc06586

上の写真はアンジェリーノミニの前チャイルドシートを取り外してバスケット仕様に変更し、後キャリヤに専用オプションのチャイルドシートを取り付けた様子です。

前のチャイルドシートをそのまま後ろに付けられればもっといいんですが、構造や形状、サイズもまったく違うためできません。

Dsc06587

一応後ろ姿も写してみました。

Dsc06596

一番上の写真の奥に写っているベルトロE.A.もついでにご紹介します。

お客様のご希望でチャイルドシート付きのママスペシャルへとカスタムさせていただきました。

前バスケットはスクエア形状のワイヤータイプで、全体のイメージを損なわないようブラックアウトされたものをチョイス。

後チャイルドシートは定番中の定番、ブリヂストンのNRX。

3点式シートベルトに高さ調整式のヘッドレスト付き。

さらに、縦型の左右分割グリップを採用することで従来品よりもチャイルドシートの取付位置を運転者の腰や背中に当たること無く前方に寄せることができ、走行時や駐輪時の安定性がアップします。

Dsc06594

横から見ても一見すると電動アシストとは思えないスタイリッシュなデザイン。

Dsc06595

斜め後ろからです。

Dsc06597

スタンドも、より安全性と使いやすさにこだわったものをご提案させていただきました。

ブリヂストンのユービという自転車に採用されている補強入りのL型スタンドです。

一般的なL型スタンドでもじゅうぶんですが、このスタンドは駐輪時に倒れにくいよう接地面積をさらに増やし、4本の補強バーを入れることで乗せおろし時のぐらつきを抑えてくれるスグレものです。

もちろんただ取り付けるだけではなく取り付け角度調整やバリ取り仕上げ、グリスアップに至るまで部品ひとつひとつにまで使いやすくて壊れにくいよう配慮しながら組立て、調整を行うのが当店流です。

|

2008年10月13日 (月)

FELT2009年モデル 速報

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

FELTの最新情報をお知らせします。

Img027

つい先ほどメール便にて届いた資料によると、FELTの2009年モデルの一部車種にカラー変更があるそうです。

F1SLフレーム販売分のチームイシューとF4SLチームイシュー、F95チームイシューのカラーリングが変更となります。

Z35のチームイシューはそのまま変更無しとのことです。

F95は輸入元さんのHPには掲載されていませんがカタログには変更前のカラーで載っています。

輸入元、ライトウェイさんHP内FELTのページ↓
http://www.riteway-jp.com/cms/hp1/bicycle/felt/FELT2009.html
(各車の詳細スペックが公開されました。)

変更前の明るいカラーが好きな方にはガッカリですが、トップグレードと同じ雰囲気になるのでラッキーとも取れます。

F95はスペック的には標準的ですがルックスが良いので実売¥10万以下の自転車には見えません。見た目のコストパフォーマンスという点では100点あげたいです。

|

2008年10月11日 (土)

10人乗り自転車っ!

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

ただいまスポーク・グループ(日吉、都筑、瀬谷)のCMをFM横浜でやってます

今日はおもしろい写真を見つけたのでご紹介します。

Img026

KHS社のセールスマニュアルに載ってた写真なんですが、よ~く見なくてもいっぱい乗ってますよね。

これ1台の自転車なんですが10人も乗ってます。

しかもちゃんと走ってます。表情もみんな余裕そうなのでバランス良く走れていると思われます。

10人全員ガニ股でキコキコこいでる姿を想像するとおもしろいです。

全員立ちコギしたらどうなっちゃうんですかね?10人でリズムよくダンシング・・・

スキージャンプのCGであったようにスタンディングとかマニュアル、ダニエルにバニーホップ、ダートジャンプで全員でパンケーキやバックフリップなんてのも見てみたいです。

前輪はバイク用のホイールが付いていて、フロントフォークのアングルもかなり立ち気味でダブルクラウンの頑丈そうなリジッドフォークが使われています

まさか市販車ではないと思いますがワンオフでつくったとしても発想がおもしろいです。

KHSの2009年モデルはホームページにまだ掲載されていませんが、イベントでの展示日程が掲載されています。

その他、製造工程の紹介やレースでの活躍の様子などが紹介されていますのでぜひご覧ください。

こちらです→http://www.khsjapan.com/

|

2008年10月10日 (金)

世界のチャイルドシート図鑑

 

 ご覧いただきありがとうございます、スポーク日吉店です。

Dsc06577

当店ではチャイルドシートを取り付けられるいわゆるママチャリもたくさん扱っています。

Dsc06559

良質な国産車でも¥16800からあり、カラーやサイズ、仕様もいろいろ選べます。

中国からの輸入車が軒並み値上げで国産との価格差が無くなってきました。

てなわけで今、国産自転車がお買い得です!

Dsc06561

話変わって最近注目を集めているHAMAXのKISS(ブラック)です。他にラテとブルーシルバーがラインナップされています。

もうご存じの方も多いとは思いますが、なかなかすんなり取り付けできないチャイルドシートとして有名です。そのせいか街中での装着率は低いように思います。

体格の大きい欧米人向けの商品ですのでママチャリに取り付けるには制限があります。

本国にはHAMAX PLUSという専用キャリヤに取り付けて使用するタイプのチャイルドシートも2年ほど前から存在するようですが日本には導入されていません。

Plus_seat_552530

    ↑こちらがHAMAX PLUSのチャイルドシート(専用キャリヤ別売)

       Plus_seat_suspension_552530

     サドル下にはサスペンションを装備し、乗り心地も良さそうです

こちらのほうが取り付けの際に汎用性が高く、デザインも日本のマーケットに合っているように思うんですが・・・

導入しない理由について輸入元さんにお尋ねしたところ、「2年くらい前の新製品発表会でサンプル展示したところ販売店さんの反響がほとんど無かったんですよね~。ただ、今ならいけるかもしれませんね。」とのことでした。

道路交通法の改正でチャイルドシートにも注目が集まっていてHAMAXについての問い合わせも少なくないそうですので近い将来輸入されることを期待します。

興味のある方は本国サイトをどうぞ→http://www.hamax.com/

以下ハマックスではありませんが個人的趣味で世界のチャイルドシートを調べてみました。当店で取り扱っているわけではありませんのでお間違えのないようにお願いします。

2120047800

2120047900

以前は日本にも導入されていたドイツレーマー社のジョッキー。

上の2つはジョッキー・コンフォートといって上位モデルです。

カラーは2色展開。

日本に輸入されていた頃はもっとえげつないデザインだったのですが、今のデザインならいけそうな気もします。

定価は不明ですがドイツでの市場価格は約100ユーロ前後です。

基本構造はハマックスに似ていますが少し違うようです。

背もたれと足乗せは調節が可能でヘッドレストも9段階に高さを変えられます。

シートベルトがF1みたいでカッチョいいです。

2120045300

2120045200

こちらもレーマー社の製品でジョッキー・リラックスといいます。

カラーは2色。

ヘッドレストの高さ調整機構は無く背もたれと足乗せのみ調整可能だそうです。

ドイツ市場価格は約90ユーロ程度。

Ll8800

こちらはコパイロットのリモですがやはり以前日本に導入されていましたが、今は輸入元さんのサイトから消えていますのでもう製造中止かもしれません。

背もたれと足乗せは調整可能です。

キャリヤ付きでEU市場価格で約150ユーロくらい。

Ll8700

同じくコパイロットのタクシー。

こちらも製造中止かもしれません。

背もたれ、足乗せは調整できません。

こちらもキャリヤ付きでEU市場価格で約115ユーロ前後。

Kt1259_l

Kettler社のフリッパー。

ヘッドレストの高さ調整、シートリクライニング、足乗せ調整可能。

アメリカ市場価格で約190ドル。

41yj131kpql__ss384_

BELLのコクーン。ヘルメットのBELLと関係あるかどうかはわかりません。

BELL社のマークのようなものは見えますが・・・

イタリアではシートがイエローのものも流通しているようです。

アメリカ市場価格で約50~60ドルくらい。

P100645reg

同じくBELLのスポーツ。シートベルト以外はなんにも調整できません。

いたってシンプルなので価格も安め、市場価格は約30ドル前後。

102397000000000_2

最後に前乗せ用の「iBert safe T」。

こちらは日本でも入手可能です(当店での取扱いはありません)。

輸入元さんをご紹介→http://www.ibert.plusconcept.biz/

ハマックス製品でも似たようなものが以前輸入されていました。

ちょっとくたびれてきたのでこれくらいにしときます・・・

いかかでしたでしょうか、いかに安く作るかという日本のママチャリ向けとは違いあくまでも子供を守るためにはどうすれば良いかというスタンスで設計されていますので見た目から違います。

当然、お子さんを包み込むようなデザインのものが多く、価格的にも日本で流通している物の2倍から5倍するものも存在します。

その国その国で文化が違い、自転車の使い方も異なります。

必要に応じた進化をした結果であって日本のすべてのチャイルドシートが劣っているわけではありませんが 見習うべき点は多いと思います。

それでは本題に戻ります。

Dsc06580

20インチのベガスにKISS(ラテ)を仮組み(巻き込み防止ガードは外してあります)してみましたが、同梱の取り付け部品(サドル下の2本の棒)ではサドルが一番下まで下がりません。

そしてもうひとつ、後ろのカギの操作ができないわけではありませんが少しやりにくいです。

写真の状態で、地面からサドル上面まで約80cmなので一般的な26インチの自転車のサドルを一番低くした状態より少し高いかほぼ同じくらいです。

これよりも低くする場合はオプションのスモールフレーム用部品への付け替えが必要になります。

Dsc06583

後ろから見るとこんな感じです。色合いがうまくまとまっていて違和感はないと思います。

ブラックのKISSも似合うと思いますが、そちらはブラックのベガスに装着したほうがいいかも。

写真はサイドスタンドですが、両立にしないとバランスが良くないです(オプション)。

テコの原理で軽く立てられるL型のスタンドも装着可能ですのでご相談ください。

Dsc06581_2

横からのイメージです。

Dsc06584

籐風の前バスケット(オプション)を取り付けてみました。

基本的に折りたたみではない小径自転車で、リヤセンター(クランクの中心から後輪の中心までの長さ)が長めの車種と相性が良いです。

取り付けに際し、他にもいろいろ制限がありますが1台1台現物合わせでののフィッティングが必要となりますのでご購入の際にはご注意ください。

|

2008年10月 7日 (火)

カラダTUNE Cyclink

Cyclink

先日のシマノさんの新製品発表会でこんなものを見つけました。

自転車ダイエットの強力な助っ人、SC-FT50 ¥11800(税込)

自転車によるエクササイズがダイエットに効果的と言われていますが、もっと楽しく効果的にというのがこのサイクリンクです。

ただ闇雲に自転車をこげば良いというのではありません。

心拍、運動強度のコントロールをすることでもっと効率よく自分の体力レベルに合ったエクササイズをすることが可能です。

パソコン(Windows XP SP2 or VISTA)にUSB接続で走行データや体重、体脂肪データを表示でき、運動の成果を長期的に追いかけることで実感が得られます。

基礎代謝量のアップで太りにくいカラダになりましょう。

|

2008年10月 4日 (土)

FELT 2009年モデル 展示会

ご覧いただきありがとうございます。

スポーク日吉店です。

FELT2009年モデルの展示会の様子です。

先日もご紹介しましたが、すでに輸入元さんのホームページにてFELTの最新画像がご覧いただけます。大きい画像が見れてカタログ見るよりいいかも。

http://spohiyo.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/felt-2055.html

上記ページにて画像までの道案内をしておりますのでご利用ください。

Fe1

ARシリーズの最上級モデル、AR TEAM ISSUE ¥1、047、900です・・・

Fe2

続いてZシリーズ、手前からZ15、Z45、Z70、Z80、Z100です。

Fe3

こちらの集団は女性用ロードバイクのZWシリーズ。

手前よりZW3、ZW25、ZW30、ZW40・・・

Fe4

こちらのX-Cityシリーズはシマノの内装変速機、インター8を搭載したモデル。

Fe5

個人的にこのZ70が一番お気に入りです。

ロードバイクなのに乗り心地が良く、フロントギヤもトリプルでMTBやクロスバイクからの乗り換えでも違和感なくすぐに馴染めると思います。

アルカンシェルが入ったカラーリングもいい感じです。

Fe6

こちらのモデル(F75)は予約を入れましたが来年の1月入荷予定(売約済)・・・すごい人気です。

Fe7

Fシリーズの入門者向けモデルF85。

ハデハデでなくスッキリデザイン!

Fe8

こちらはF95TEAM ISSUEですが、カラーが写真の色ではなく一番上のAR TEAM ISSUEに近い感じに変更されるそうです。

Fe9

Z100をご検討の方は要チェック!

カタログではスモーキーニッケルはガンメタル色ですが、実際は写真の紫のような色です。

オレンジも表現が難しい色合いです、強引に言うなら淡い赤茶色?

決して悪い色ではないのですが特にスモーキーニッケルは実物と違いすぎるので念のため。

Fe10

フラットバーロードのSPEED30。

ワイドレシオのロードコンポ搭載でキビキビ走れます。

Fe11

FELTのクロスバイクはGERMANブランドらしくタフなルックスです。

コストパフォーマンスの高いQX70。

フェルトのクロスバイクで一番売れ筋です。

Fe12

こちらはCURBBSIDE(カーブサイド)。

各社右ならえでピストモデルを発表していますが、このカーブサイドは吊るしでもカスタム車のような雰囲気です。

その奥はシクロクロスのシングルスピード、シクロクロス競技で変速無しって無理っぽくないでしょうか?それともスタートからゴールまでオール担ぎ?個性的な新ジャンルと言いたいところですが、ここまでやると売れれば何でもありって感じの無法地帯です。

話はガラッっと変わりますが、無法地帯で思い出しました。

よく車道を逆走しているスポーツバイクを見かけます。

しかもけっこういい自転車で、すごいスピードだったりします。

中には車道逆走&無灯火+携帯メールなんてとんでもないものぐさまでいます。

おそらく通販か購入店できちんと使い方や交通ルール、マナーなど納車時の説明を受けていないのでしょう。

使う人のモラルの問題もありますが販売する側にも納車説明の徹底というモラルが必要です。

自転車の購入前にはちゃんと納車説明が受けられるか事前に確認しましょう。

使い方は勝手ですが、人に迷惑をかけてするスポーツなんてあるでしょうか?しかもお互いの命にも関わることです。

今までママチャリに乗られていた方は歩くのと同じ感覚で自転車に乗り、交通ルールなんて意識せず、違和感なくそうされているのでしょうが、危なすぎますよ。

スポーツをするときに必ずルールが存在するのと同じように、スポーツバイクには交通ルールとマナーが存在します。みんなが自分勝手に走っていたら必ず事故が起きます。

事故に遭ってからルールの大切さに気づくのでは遅すぎます。

これからスポーツバイクを始めようと思っているみなさん、最低限のルールやマナーは必ず守って楽しく安全に走りましょう。

|

2008年10月 3日 (金)

KHS 2009年モデル 展示会

スポーク日吉店です。

いつもアクセスありがとうございます。

KHS社の新車発表会の様子をご紹介します。

Khs1

新商品、P-20RシリーズのトップグレードP-20RAC、ハデハデです。

コンセプトは「分解してコンパクトになるライトウェイト輪行モデル」で、重量はペダルレスで約8.2kgです(折りたたみではありません)。

AN6ダブルバテッドアルミフレームにカーボンチェーンステー&ソフトテール、フロントフォークももちろんカーボン製(アルミコラム)。

シフターはスラム社のTT用でリヤディレーラーは同社のRIVAL。

フロントチェーンホイールは56/44T-170mmです。

ハブは前後ともアメリカンクラッシック製と贅沢仕様です。

Khs4

こちらは中間グレードのP-20RA。

AN6スーパーライトアルミにクロモリソフトテール、カーボンフォーク(アルミコラム)のコンビネーション。

駆動系はシマノ105ですが、シフターはバーコンです。

Khs3

普及グレードのP-20A。

レイノルズ社製のクロモリパイプを使用したスチールフレームにアルミフォークの組み合わせ。

駆動系はシマノのSORA+バーコン仕様。

Khs33

バーコンって何だ??と思った方、これがバーコンの正体です。

バーエンド(ハンドルの端っこ)でコントロール(変速)するタイプのシフトレバーです。

タイムトライアルバイク(TTバイク)をはじめいろんなカテゴリーの自転車に装着されています。

Khs2

続いてF-20Rシリーズ。

トップグレードのF-20RACが廃止されF-20RAがF-20Rシリーズの最上位機種となりました。

F-20RAは価格、仕様ともにそのまま継続で、カラーはホワイトが追加され全部で4カラーとなりました。

F-20RCは価格据え置きで、仕様はグレードダウンします。08ではシマノティアグラ仕様ですが09ではソラ仕様になります。

F-20Rは価格が10500円アップし、パーツの小変更、カラー変更などです。

キャデットブルーは継続で、ホワイトとマンゴイエローの3色展開となります。

F-18カプチーノはソフトテールを廃止することで価格が下がります。

Khs5

新規商品のマンハッタンm451R。

KHS社お得意の小径スポーツですが折りたたみではありません。Khs7

同じくマンハッタンブランド、のんびり系ロードバイク。

シンプルなデザインか好印象です。

Khs8

フリーホイール仕様のピストタイプ、P700。

ブレーキレバーが目立たないのでとってもシンプル。

Khs9

色違いです。

KHSは他にもフルカーボンのロードバイク、フルカーボンのMTB、DH、ヘビーフリーライド、4クロス、29インチMTBなどいろいろあります。

|

たくさんのアクセスありがとうございます!

Img0192

横浜市港北区日吉本町4-7-30

スポーク日吉店

営業時間 AM10時~PM8時 無休

Pあります

きのうは展示会ネタということもあって、いつもの10倍もアクセスがありました。

やはりみなさんニューモデルには興味津津なんですね。

ブログだけじゃなくお店のほうもよろしくお願いします。

次はKHSとFELTの2009年モデル展示会の様子をご紹介する予定です。

FELTとGTの2009年配布用カタログが少しだけあります。

欲しい方はご来店くださ~い。

|

2008年10月 2日 (木)

GIOS BASSO 2009年 モデル 展示会

Gios1

GIOSはその特徴的な色ゆえ、どのモデルも見た目がほぼ同じなので明らかに違うモデルのみご紹介します。

Gios2

デダチャイ社のクロモリパイプを採用したコンパクトプロ。

メッキフォークにメッキラグ、メッキチェーンステーと昔ながらのデザイン。

フレームのみで24万円でした。

Gios3

フラットハンドルのクロスバイク、スパジオフラット。

さすが伝統あるブランド、上品なたたずまいです。

Gios4

小径スポーツのミグノン。

押して歩くだけでもサマになるおしゃれデザインです。

Gios5

こちらは女性向けにフレームパイプを低く設計したプルミーノ。

Bass1

輸入元が同じなので同じ会場で展示されていたBASSOも続けてご紹介します。

フラッグシップのアストラ、フレーム&フォークで¥37万くらい。

Bass3

今年ブレークしてBASSOブランドを有名にしたバイパー。

クロモリフレームにカーボンフォーク、メインコンポはティアグラです。

Bass4

別アングルです。

細身のフレームに大きいロゴ、飾らないカラーリングがかっこいいです。

他にレッドもラインナップされます。

Bass5

内容はほぼ据え置きで価格は残念ながら¥8400アップです。

Bass6

こちらはカーボンバックアルミフレームモデルのリーフ。

Bass8

一番気になったGAP1977。

変速は昔ながらのダブルレバーで行います。

最新素材に最先端パーツ搭載のハイスペックロードもいいですがこんなアナログチックでスローなロードバイクにも惹かれてしまいます。

|

BIANCHI ビアンキ 2009年モデル 展示会

Bia1_2

イタリアの老舗ブランドBIANCHI(ビアンキ)の新車発表会の様子です。

Ia1a

発売するか未定ですがこんな折りたたみ自転車がありました。

Bia5

クラッシックラインのイモラ。

ダブルバテッドクロモリフレームにカーボンフォーク、メインコンポはティアグラです。

このルックスで実売12万円台です!

Bia2

コンフォート系のロードバイクC2CラインのVIANIRONE7 ALUHYDROCARBON105です。カーボンバックでシマノホイール履いててメインコンポが105、これで16万円!

Bia3

こちらは同じくC2CラインのVIANIRONE7 ALUHYDRO SORA。

フォークのみカーボンでメインコンポはSORA。

実売11万円くらいです。

Bia4

密かに人気のシクロクロス、PRONTです。

他にクロモリフレーム、カンチブレーキ仕様のLUPOとクロモリフレーム、ディスクブレーキ仕様のLUPO Dがあります。

Bia6

ポップなPISTAです。

ちゃんとブレーキ付きです。

Bia7

こちらはPISTA CLASSIC。

フレームはクロームプレートメッキ仕上げ。

PISTAと大きく違うのはビアンキのロゴとレザーサドルくらいです。

Bia8

一番かっこよかったROMA。

カテゴリー的にはディスクブレーキ仕様のフラットバーロードです。

Bia9

色使いのせいか清潔感あるデザインです。

Bia10

MTBコンポ搭載のVIALE。

ROMAシリーズよりもギヤ比が低めでワイドです。

Bia11

ATTIVOはオンロードタイヤを装着したMTBです。

フロントフォークはゴツイですがサスペンションではありません。

Bia12

ニューモデルのMILANOPARCO。

内装3段ギヤ仕様ですから、いわゆるママチャリコンセプトです。

Bia13

これは完全にママチャリタイプ。

もらってきたカタログには掲載されていませんので詳細は不明です。

Bia14

某社のBD-●と同じフレームを採用したFRETTA。

他にもたくさんありますが、ご紹介しきれないのでご来店の上カタログ(店頭用)をご覧ください。

|

GIANT 2009年モデル 展示会

G1

お待たせしました。皆様待望のジャイアント2009年モデルです。

本当は昨日ブログを書く予定でしたが店に戻ったのが夜遅かったのと、膨大な数の写真

の整理、翌日納車の整備や入荷品の組立てなど気がつけば真夜中になってしまい遅れてしまいました。

昨日楽しみにされていた方すみませんでした。

GIANT社は残念ながら今年のサイクルモードに出展しないそうです。

かなりたくさんの車種がありましたがほんの一部だけご紹介します。

G2

この日は朝から晩まで展示会めぐりで仕事に戻ったのは夜の9時ごろでした。

都内のいろんな場所で13社ほど展示会があったようですから1社あたり30分ほどしか見

る余裕がなく商談どころではありません。

当店は横浜市なのでアクセスしやすいですが、東北地方や東海、信越地方のほうから来られる販売店の方はすごく大変そうです。

G3

それでは商品のご紹介です。

新発売のSEEK、スペックがどうとか素材が何とかどうでもいいです。

純粋に見た目がカッコイイです。

G4

GLIDEよりは軽快でESCAPEよりは頑丈な中間車種のようです。

G5

エスケープミニも新しくなりました。色は5色です。

G6

わかりにくいですがフレームトップチューブに同系色で大きくESCAPEのロゴが入ります。

G7

フロントキャリヤはポリッシュ仕上げでピカピカです。

G7a

オプションでウッディタイプのキャリヤが発売されましたがVブレーキ仕様のエスケープに取り付け可能です。

G8

エスケープミニ3兄弟です。

G9

エスケープミニ1ですがヘッドチューブにあるGIANTのロゴが大胆です。

小径のドロップハンドルっていつか乗りたいです。

G10

エスケープシリーズは大幅な変更はありません。

G12

FCR1(青)とFCR2(緑)ですが、この2台は色使いがかっこ良かったです。

G13

昨年のOCRシリーズの後継車種DEFYシリーズです。

ハイコストパフォーマンスは健在で入門用に絶対お勧めです。

G14

流行りのピスト系は5車種のラインナップです。

GIANT創業年の1972年頃をイメージしたBOWERY’72

G15

こちらはハンドルが特徴的なブルホンタイプのBOWERY’84。

他にBOWERY MASHUPとBOWERYとFCR SSがあります。

G16

子供用も雰囲気が変わってハデハデになりました。

全体的に写真が見にくくてごめんなさい。

その他の車種をご覧になりたい方はご来店の上カタログをご覧ください。

|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »