« サイクルモード インターナショナル 2008 | トップページ | GIANT 2009年モデル 展示会 »

2008年9月26日 (金)

アンジェリーノR

Dsc06553

今回はアンジェリーノRのご紹介です。

いつも通り詳しくご紹介していきます。

バスケットは丸型でやや大きめのステンレス製。

ライトはペダルが重くならず暗くなると勝手に点灯するオートライト方式。

ブレーキは弱い握力でもしっかり効くよう強化されています。

サドルは大型でゆったり座れるリラックス系です。

Dsc06556

真横からのイメージです。

タイヤが22インチと小さめなので実際の雰囲気が少しでもつかめればと思い撮影しました。

ラインナップは3カラーで3段ギヤ付きのみです。

Dsc06541

組立調整前の分解風景です。

チャイルドシートを取り外すと頑丈なキャリヤが見えます。

なるほどブレにくいはずです。

Dsc06543

組み付けムラが無いか確認のため、どんどん分解します。

異常が無ければ調整しながら組み付けていきます。

Dsc06540

3段変速のワイヤーは根元から水が入ってサビやすいので防水と潤滑を兼ねて根元部分にグリスを塗布します。

Dsc06544

スタンドもバリがあって動きにくい場合は細目ヤスリで仕上げてグリスアップします。

Dsc06542

真ん中の黒いバーはチャイルドシートの足乗せがグラつかないように、このバーへ固定するためのものです。

さすが良く考えられています。

後付けタイプとは異なり自転車の使用目的がはっきりした商品なので細かい気配りが随所になされています。

Dsc06557

キャリヤの取り付けマウント部分はこんなに頑丈なつくりです。

Dsc06548

チャイルドシートのアップです。

足乗せ部分はお子様の成長に合わせて、2段階に高さを調整可能です。

Dsc06550

お子様を乗せるときは、安全バーの赤いボタンを軽く押すと・・・

Dsc06549

安全バーが上げられます。

某T●PEAK社のものより何倍も軽いタッチで操作できます。

実際に使うのは女性の方ですから、こういう操作感って重要だと思います。

操作が難しかったり、かたくて力が要るとなると面倒ですよね。

Dsc06554

後ろからの画像です。

いかにチャイルドシートが大きいかがおわかり頂けると思います。

自転車本体がほぼスッポリ隠れてしまっています。

安全性にこだわるとこうなるんですね。

ヘッドレストはお子様の成長に合わせて高さを調整できます。

Dsc06552

駐輪時にハンドルが回転して自転車が転倒しないようハンドルを手元でロックできます。

赤いレバーを奥へ押しながら下へ押し下げるとハンドルはロックされます。

ロックといっても実際にはハーフロックなので、ハンドルを持って動かすとクリック感はありますが動かすことは可能です。

Dsc06551

スタンドも「これでもか!」というくらいしっかり強化されています。

補強バーが合計4本も入れられており、駐輪時に自転車が前後左右にグラグラしないよう改良されたものが装備されています。

さらに、スタンドが動く支点の位置を低くすることで、あまり足を高く上げずにスタンドが立てられるというママにはうれしい親切設計です。

Dsc06555

錠前は一番うしろのこの場所にちゃんとついています。

不正解錠されにくいディンプル式のサークルロックです。

使う人の気持ちを考えた、やさしい自転車ですね。

|

« サイクルモード インターナショナル 2008 | トップページ | GIANT 2009年モデル 展示会 »

チャイルドシート付自転車」カテゴリの記事