« ルイガノ mvR | トップページ | お食事前の方は読まないで! »

2008年9月20日 (土)

FUJI フジ 2009年モデル

Dsc06487

今回は日本より北米で有名なブランド、FUJIのご紹介です。

もともとは日本のメーカーだった富士自転車ですが、ワケあって今やアメリカンブランドになってしまいました。

アメリカのFUJIはラインナップも豊富で、子供用ロードバイクや子供用ピストバイク!まであります(日本での取扱いはありません)。

Dsc06509

それでは少しだけですが商品のご紹介です。

スーパーライトモノコックカーボンフレーム採用、超軽量モデルのSL-1です。

完成車重量たったの6.66kgしかありませんっ!(指一本で持ち上がる軽さです)

NEWデュラエースモデルとSRAM・REDモデルの2種類から選べて、お値段もたったの94万5000円とたいへんお買い得となっております。

真剣に欲しい方、ジオメトリとスペック詳細は→http://www.fujibikes.com/でご覧いただけます。

Dsc06510

C-4モノコックカーボンフレームのレーシングロードバイク、TEAM。

とっても精悍なデザインです。気になるお値段は約27万円。

このほかにもCCR3というコンフォート系ロードもあり、街乗り派にはそちらがお勧めです。

Dsc06511_2

C-7モノコックハイモジュラスカーボンフレームのレーシングロードSST1.0。

SRAM・FORCE搭載で¥80万オーバー・・・

誰でもみんな乗ってるブランドなんかより、こんなシュールなバイクのほうがレース会場では目立つんじゃないでしょうか?

他にもD-6ってタイムトライアル用のさらにシュールなバイクもありますのでhttp://www.fujibikes.com/でご覧ください。

こんな自転車が信号待ちで止まってたら「スゴッ!」って思わず見ちゃいますよね。

絶対に速そうだから速く走る義務があるように思うのは私だけでしょうか。

Dsc06512

こちらはカジュアルなクロスバイクABSOLUTE3.0で価格は現実的な5万円台後半です。

豊富な展開で5カラー、5サイズ中からチョイス可能。

Dsc06514

西海岸定番のビーチクルーザー。

欄間(らんま)のようなギヤ板のデザインが面白くて撮りました。

Img020

カタログもユニークで「和」をテーマに俵屋宗達の風神雷神、葛飾北斎の富嶽36景神奈川沖浪裏、凱風快晴や東洲斎写楽の浮世絵などをモチーフにしたと思われるイメージが各ページに配置されています。

自転車に乗った飛脚やロードバイクにまたがる浮世絵美人などが描かれているページもあり見ているだけでもおもしろいです。

2009年のFUJIは国内導入モデルだけでも全部で40車種ほどあり、カテゴリーも豊富でアメリカの勢いを感じずにはいられません。

|

« ルイガノ mvR | トップページ | お食事前の方は読まないで! »

その他」カテゴリの記事