« アンジェリーノミニ 入荷 | トップページ | ラビーナ スポーク飾り »

2008年8月 9日 (土)

リアルストリーム入荷

Dsc06305 

いよいよ入荷しました、ブリヂストンのリアルストリーム。

Dsc06303

カラーはPブラックアメジストという深い紫色です。

Dsc06313

パッと見はパナソニックのハリヤと良く似ています。

Dsc06319

これが噂のシフトポジションセンサーとやらです。

従来の電動アシスト自転車は軽いギヤだとアシスト力を発揮しにくいという欠点がありました。

それは、1番重たいギヤ(3番)に合わせてアシスト比(モーター出力:人の踏力)を規格いっぱいの1:1に設定されていたからです。

しかしこのシフトポジションセンサーを搭載することで選択ギヤを瞬時にモーターに認識させ、1速~8速のどのギヤを選択しても規格いっぱいのアシストが可能となりました。

センサーを付けるということ自体はたいしたこと無さそうですが、アイデアが素晴らしいです。

あと各ギヤに合わせてアシストプログラムをマッピングさせているところも開発陣の苦労が感じられます。

Dsc06324

チェーンカバーを取り外すとモーター(ドライブユニットとも言います)が現れます。

ハウジングと呼ばれる外側のカバーが軽量化のためアルミに変更されています。

チェーンのたるみを自動調整するチェーンテンショナーも構造の見直しが行われています。

Dsc06321

変速機はチェーン外れの心配が少ないシマノ製の内装8段で走行時はもちろん停車時にも変速操作が可能です。

(スプロケット交換をお考えの方へ)
電動アシスト自転車は国家公安委員会より形式認定を受けて販売されていますので、メーカー指定外部品に交換して公道を走ることは違法行為になります。スプロケット交換等はアシスト比が変化してしまいますのでこれに該当します。(グリップ、ブレーキ関連、サドル等アシスト比に影響の出ないパーツに関しては指定部品以外でも違法とはなりません)当然メーカー保証も受けられませんし、万が一事故で加害者になったとき不正改造の責任を問われることもあります。

個人的には改造は嫌いではありませんし、むしろ楽しみのひとつだと思います。ですがそれが違法行為となると話は別です。電動アシスト自転車を改造して使うのはやめましょう。

Dsc06308

手元スイッチも専用タイプです。

Dsc06312

変速はハンドルから手を離すことなく、このグリップをまわすだけでOK。

Dsc06322

ハンドルの角度も可変式でお好みの角度に調整可能です。

LEDライトとワイヤー錠、専用充電器が付属します。

Dsc06323

段差の乗り越え時に衝撃を緩和するフロントサスペンションやスポーツ走行には欠かせないシマノ製Vブレーキ。

タイヤは軽い走りをサポートするセミスリックタイプを標準装備。

入荷前からお問い合わせの多い商品です、欲しい方はお早めに~。

リアルストリームはただいま品切れ中です。

|

« アンジェリーノミニ 入荷 | トップページ | ラビーナ スポーク飾り »

電動アシスト自転車」カテゴリの記事