« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

パスブレイス 試乗レポート

Dsc06372_2

今朝ヤマハのパスブレイスを試乗してきました。

平地走行ではLOWモードでも7速、8速に入れた時の加速が快感です。

パワーの出かたが今までのタイプとはずいぶん違う印象で「乗るのが楽しい」と思いました。

内装式の8段ギヤ付きなので急な坂道でも息を切らすことなくグイグイ上れます。もちろん立ちこぎなんて不要です。正直ここまで凄いとは思いませんでした。

気になる点といえばコーナリング後の立ち上がり加速時にペダルを踏み込んでからアシストが掛かるまでの0.5秒くらいのタイムラグと左右のペダルの間隔(Qファクター)が広いことくらいです。スポーツ車に乗りなれている方にはここに違和感があるかもしれません。

純粋なスポーツ車ではないので細かいことは置いといて、とにかく走るのが楽しい自転車です。

ポジションは若干前傾姿勢で前輪にもちゃんと荷重を掛けられますから若干スピードを上げての走行時も安定しています。

実際に乗るまではハンドル幅が狭いかな?と思いましたが駅の近くや車道の端を走るときでもスイスイすり抜けができてこれくらいのほうがいいかもしれません。

タイヤはスポーティなスリックタイプで漕ぎ出しもスムースそのものです。

サドルやグリップも柔らかめのものがセレクトされており、スポーツサイクルにありがちな「お尻が痛い」「手がしびれる」という感覚はありませんでした。

下の写真はテストコースAのお店付近の激坂、駒林神社の坂道です。

Koma1_2

下から見上げるとすごい勾配に感じますがこんなくらいならなんのその。

LOWモードでも上れますがHIモードに切り替えるとさらにラクラクスイスイ。

坂道はこの先で左にカーブしています。

Koma3

カーブを曲がると少し勾配がきつくなりますがサドルに座ったままどんどん上っていきます。

坂の先にタクシーが停車していますが年配の運転手さんがタバコ吸いながらニコニコして「がんばれー」って言ってくれました。「ありがとうございま~す」って返しましたがホントは全然がんばらくても上れるんです。

Tiyo1

次に同じくお店近くのテストコースB。この界隈ではいちばん長くて勾配のきつい千代田坂でふもとから頂上まで200メートルほどあります。

下から見上げると、坂と言うよりは壁です。

電動アシスト付きの自転車ならこんな壁のような坂道でも立ちこぎなしでグイグイ上れます。

Tiyo2

千代田坂を上から見降ろすとこんな感じです。ご褒美に下ってみましたがやっぱりすごい勾配で、このスピードどスリルはちょっとしたアトラクション並みです。下るというより落ちてる感じです。

以上、試乗レポートでした。

いかがでしょうか、参考になりましたでしょうか?

|

2008年8月30日 (土)

PAS Brace入荷しました

Dsc06372

ヤマハのパスブレイス、入荷しました。

このブログをご覧の方はパスブレイスに関して既にある程度ご存じかと思います。

メーカーサイトの開発ストーリーにあるように 「見た目の印象を裏切らない走行性能を追求」して生まれただけにアシストフィーリングは今までとはまったく違う印象です。

Dsc06373

ロードバイクやクロスバイクを所有されている方にはつまらないかもしれませんが、脱ママチャリをお考えの方なら存分に楽しめますし、無理だとあきらめていた自転車通勤が実現できるかもしれません。

Dsc06376_2

ブリヂストンからも姉妹品が販売されていますが、ブリヂストンが後ブレーキワイヤーをフルアウターにしてダウンチューブからルーティングしているのに対しヤマハでは最短距離のトップチューブルーティングでインナーを露出しておりブレーキタッチとメンテナンス性を重視しています。

Dsc06374

ライトはキャットアイ製の高級品が標準装備されています。

電池式のLEDライトですがかなり明るくしっかり路面を照らせるレベルです。

Dsc06371

手前からブリヂストンのリアルストリーム、ヤマハのパスブレイス、パナソニックのハリヤです。

今なら話題のスポーツ電動アシスト3機種すべてご覧いただけます(8月30日現在)。

(スプロケット交換をお考えの方へ)
電動アシスト自転車は国家公安委員会より形式認定を受けて販売されていますので、メーカー指定外部品に交換して公道を走ることは違法行為になります。スプロケット交換等はアシスト比が変化してしまいますのでこれに該当します。(グリップ、ブレーキ関連、サドル等アシスト比に影響の出ないパーツに関しては指定部品以外でも違法とはなりません)当然メーカー保証も受けられませんし、万が一事故で加害者になったとき不正改造の責任を問われることもあります。

|

2008年8月27日 (水)

おしゃれ自転車御三家

Dsc06349_2

勝手に決めたおしゃれ自転車、御三家のご紹介です。

まずはブリヂストンのベルトロ。

ソリッドな赤色で圧倒的な存在感です。

ライトは低速でも明るいLEDタイプで暗くなると勝手に点灯し、しかもペダルをこぐのが重くならない方式です。

ホイールはゆがみに強いステンレス製、前後ブレーキも強化タイプを採用し機能性はバッチリです。

Dsc06350

湖畔の白鳥のような優雅なデザインです。

サドルも大きくドッカリ座れてらくらくです。

Dsc06354

そしてこの自転車の一番のアピールポイントはベルトドライブであるということです。通常自転車と言えばチェーンで駆動しますが、この自転車はベルト駆動です。

でも切れるんじゃないの?とよくご質問されますが、心配無用です。かなり耐久性の高いベルトなので切れることはまずありません。

金属どうしこすれあうことで摩耗するチェーン駆動方式よりメンテナンスの頻度も少なく長持ちします。

注油の必要性が無いことから、おしゃれして自転車に乗っても洋服を汚す心配が少なくなります。

Dsc06355

いい自転車買っても盗難が心配という方、大丈夫です。

かなりセキュリティ性の高い頑丈なディンプル式サークルロックを装備していますから不正解錠から守ります。

さらにスペアキーの作製も可能です。当店でお求めいただいた自転車であればお店で鍵のシリアルナンバーを管理しますので番号がわからなくなっても作成可能です(対応車種のみ)。

Dsc06357

次はパナソニックのヴィアトーレです。

フレームは曲線で構成されていてとても女性的なデザインです。

こちらもステンレス製ホイールと自動点灯LEDライト、強化ブレーキと機能面は満足レベルです。

Dsc06356

ヴィアトーレはステンレスパーツを多用しサビを防止することである程度年数が経過しても比較的良い状態でお使いいただけます。

Dsc06358

防犯対策もしっかりしていて、ディンプルタイプの後ろカギを操作すると前の錠も一緒に施錠されるシステムでスペアキーも対応可能です。

さらに、せっかくおしゃれなデザインのサドルが付いているので盗まれないような特殊構造になっています。

転倒時によくバスケットが壊れますが壊れやすい部分を二重構造にしたり材料を太くしたりといろんな工夫がしてあります。

さすがにハイグレードタイプは随所にこだわりがあり関心します。

こういう細かい努力をカタログ内でいちいち誇大アピールしないパナソニックさんは素敵なメーカーさんです。

Dsc06359

最後にブリヂストンのデコレッタです。

高級車種ですので機能的部分に関しては言うことありません。

デザインはクラシック系で、シンプルなようで個性的、男女問わず乗れるデザインではないでしょうか。

Dsc06361

同色ペイントのリヤキャリヤは標準装備で丈夫なパイプ製のものが採用されています。

ダブルスタンドに変更してチャイルドシート仕様にしてもおしゃれですよ。

盗難防止策として後ろ鍵を施錠することでハンドルを固定します。ハンドルが固定されてしまうとかなり運びづらいものです。こちらもスペアキー対応しています。

デザインはレトロでも機能は最新という自転車はいかがですか?

|

2008年8月22日 (金)

NEWエコパル入荷♪

Dsc06334

爽やかカラーの新型エコパル展示中です。

レモンとミント、どちらもあまり見かけないカラーです。

少女車と言えば水色が流行ですが、お友達とはちょっと違うテイストのカラーも要チェックですよ。

Dsc06339

花柄マークとロゴも一新されて少しお姉さん気分です。

Dsc06337

サドルにも花柄プリントが施されていてとってもカワイイですよ。

Dsc06338

おしゃれなスケルトンのチェーンカバーは2色成型されていて、チェーンが動く様子を観察できます。

Dsc06340

グリップエンドは宝石みたいなキャップがついてます。

カラーバリエーションやサイズ展開などの詳細についてはメーカーホームページでご確認いただけます。

http://www.bscycle.co.jp/root/catalog/ecopal08/index.html

|

2008年8月18日 (月)

お見事!&無惨

Dsc06328

修理で入庫した折りたたみ自転車です。

なんてスマートにたためる自転車なんだ!と思いきやシートパイプ部分が見事にポッキリ折れています。

あまりにもキレイに折れているので本当にたたんだ状態かと錯覚してしまいそうです。

残念ながらこの場合、修理ではなく廃車処分になります。

Dsc06329

近づいてよく観察すると折れたというより、ちぎれています。

Dsc06330

破断部分から推測すると溶接不良ではなく設計段階での強度不足と考えられます。

シートパイプがこの土台部分につながっていましたが、前輪を通して加わる路面からの衝撃、または車体後方かかる荷重を支えきれず変形、その後破断に至ったと思われます。

1万円もしないような自転車の形してるだけの自転車モドキ、一体いつになったら無くなるんでしょうか。

こんな自転車のせいでケガをされている方が居る一方で、こんな自転車でひと儲けしている業者達がいると思うと腹立たしくてなりません。

|

2008年8月12日 (火)

GIANT 2009年モデル

Rk3

いよいよGIANT2009年モデルの一部先行販売が始まります。

各モデル8月下旬に国内に入荷するそうです。

上の写真は今年のROCK4500の後継モデルROCK3です。

4サイズ3カラーの展開です。

残念なことに価格は¥7000も上がってしまっています。

Esr3

こちらは毎年人気の定番モデルESCAPE R3です。

5サイズ5カラーと豊富なバリエーション。女性向けカラーもあります。

こちらも価格は¥3000アップです。

Cs3

最後にCS3000の後継モデルCROSS3です。

3サイズ3カラーの展開となっています。

やっぱりこちらも値上げで¥7000アップ。

各モデルとも値上げ分の進化をしていればいいのですが・・・

詳細はhttp://www.giant.co.jp/からご覧いただけます。

|

2008年8月10日 (日)

ラビーナ スポーク飾り

Dsc06325

好評で品切れだったラビーナ用のスポーク飾りがいっぱい入ってきました。

Dsc06327

キラキラ樹脂が埋め込んであって宝石みたいです。

実際の装着例は6月のアーカイブをご覧ください。

CtrlキーFキーで「花と星」と入力して検索すれば該当記事に行けます。

けっこうすぐ売り切れてしまいますよ。

|

2008年8月 9日 (土)

リアルストリーム入荷

Dsc06305 

いよいよ入荷しました、ブリヂストンのリアルストリーム。

Dsc06303

カラーはPブラックアメジストという深い紫色です。

Dsc06313

パッと見はパナソニックのハリヤと良く似ています。

Dsc06319

これが噂のシフトポジションセンサーとやらです。

従来の電動アシスト自転車は軽いギヤだとアシスト力を発揮しにくいという欠点がありました。

それは、1番重たいギヤ(3番)に合わせてアシスト比(モーター出力:人の踏力)を規格いっぱいの1:1に設定されていたからです。

しかしこのシフトポジションセンサーを搭載することで選択ギヤを瞬時にモーターに認識させ、1速~8速のどのギヤを選択しても規格いっぱいのアシストが可能となりました。

センサーを付けるということ自体はたいしたこと無さそうですが、アイデアが素晴らしいです。

あと各ギヤに合わせてアシストプログラムをマッピングさせているところも開発陣の苦労が感じられます。

Dsc06324

チェーンカバーを取り外すとモーター(ドライブユニットとも言います)が現れます。

ハウジングと呼ばれる外側のカバーが軽量化のためアルミに変更されています。

チェーンのたるみを自動調整するチェーンテンショナーも構造の見直しが行われています。

Dsc06321

変速機はチェーン外れの心配が少ないシマノ製の内装8段で走行時はもちろん停車時にも変速操作が可能です。

(スプロケット交換をお考えの方へ)
電動アシスト自転車は国家公安委員会より形式認定を受けて販売されていますので、メーカー指定外部品に交換して公道を走ることは違法行為になります。スプロケット交換等はアシスト比が変化してしまいますのでこれに該当します。(グリップ、ブレーキ関連、サドル等アシスト比に影響の出ないパーツに関しては指定部品以外でも違法とはなりません)当然メーカー保証も受けられませんし、万が一事故で加害者になったとき不正改造の責任を問われることもあります。

個人的には改造は嫌いではありませんし、むしろ楽しみのひとつだと思います。ですがそれが違法行為となると話は別です。電動アシスト自転車を改造して使うのはやめましょう。

Dsc06308

手元スイッチも専用タイプです。

Dsc06312

変速はハンドルから手を離すことなく、このグリップをまわすだけでOK。

Dsc06322

ハンドルの角度も可変式でお好みの角度に調整可能です。

LEDライトとワイヤー錠、専用充電器が付属します。

Dsc06323

段差の乗り越え時に衝撃を緩和するフロントサスペンションやスポーツ走行には欠かせないシマノ製Vブレーキ。

タイヤは軽い走りをサポートするセミスリックタイプを標準装備。

入荷前からお問い合わせの多い商品です、欲しい方はお早めに~。

リアルストリームはただいま品切れ中です。

|

2008年8月 2日 (土)

アンジェリーノミニ 入荷

Dsc06302

低重心設計のアンジェリーノミニ。

安全性を最優先にしたデザインになっています。

Dsc06299

チャイルドシートはアンジェリーノ系共通のものでリクライニング機能も付いて、広々快適です。

シート内部にはネジなど金属の出っ張りや突起物がありませんので小さなお子様でも安心。

Dsc06300

ご覧くださいこの極太キャリヤ、横方向へ押してみましたがビクともしません。

将来的に後ろにチャイルドシートを取り付けることも可能です。

タイヤが22インチと小さめなので後ろにチャイルドシートを取り付けた場合、取り付け位置が低く、万が一転倒してもダメージを最小限に抑えられます。

写真の茶色いカバーは足の巻き込み防止用で、金属製ステーを用いて補強が施してあります。

自転車に不慣れな方や、これから自転車デビューするママ達に人気です。

|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »