« メンテナンス講習 | トップページ | 回生充電付き RX-10Sデビュー »

2008年7月 5日 (土)

エスケープR3 SE

2か月待ちでやっと入荷したジャイアントのエスケープR3 SEをご紹介します。

Dsc06205

エスケープシリーズのエンブレムですがアルミプレートにエンボス加工を施してあり質感の高いデザインです。

Dsc06206_2

ヘッドマークも凝りに凝っています。パッと見はどこが?と思いますが、このフェニックスマークはアルミ板の打ち抜きで表面がマテリアルフィニッシュされており無機質な感じがカッコイイです。

このマークをフレームにただ貼り付けるのではなく、ツライチ(平たく)になるようヘッドチューブ側も同じ形にエンボス加工するというとっても面倒くさいことをやっています。

関心させられます、高級自転車なら驚きませんが普及クラスでこんな手の込んだことまでしてしまうんですから。

それでは本体についてご紹介します。

Dsc06208

横から見たとこです。カタログどうりなのでスルーします。

Dsc06213

前からですが標準のエスケープR3にフロントキャリヤとフェンダーが付くだけなのに雰囲気がガラっと変わります。

Dsc06211

個人的にはこの角度がいちばんスタイリッシュに見えます。

ある日突然、職場にこんなかっこいい自転車乗っていったらビックリされるでしょうね。

スーツにネクタイ姿が似合う自転車もそんなにないのでは?

Dsc06209

サドルはお尻が痛くなりにくいタイプでシート下にはサスペンションも装備しています。

Dsc06214

グリップは手のひらを乗っけられるタイプでラクチンです。

ギヤはスラム社の24段で変速方式はハンドルを握ったまま回して変速するグリップシフトです。

快適仕様が標準装備なので通勤で使うにはうってつけの自転車ですよ。

ただいま465mm(身長160から175cmに対応)のブラックを展示中です。おかげさまでご成約となりました。

|

« メンテナンス講習 | トップページ | 回生充電付き RX-10Sデビュー »

スポーツ自転車」カテゴリの記事